Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

飲食店予約管理システムでインバウンド客が予約しやすい店舗に。おすすめサービス3つを徹底比較

「飲食店予約管理システムって、どれを使えばいいんだろう。できればインバウンド客に対応できるものが欲しい。」

と感じている飲食店の方。

飲食店予約管理システムとは、店舗における予約の効率化をはかるシステムです。多言語や売上データの分析に対応しているものもあり、新たなインバウンド対策として注目されています。

とはいえ、具体的にどのようなサービスを使えばいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 飲食店予約管理システムとは
  • 飲食店予約管理システムの選び方
  • おすすめの飲食店予約管理システム

を紹介します。

「いきなり導入するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは飲食店予約管理システムについて、ざっくりと理解しましょう!

飲食店予約管理システムとは、予約の効率化をはかるシステム

飲食店予約管理システムとは、店舗における予約の効率化をはかるシステムです。

主な機能は、以下の通りです。

  • 予約管理:予約の確認や変更、キャンセルの管理
  • テーブル管理:テーブルレイアウトと空席数などの確認
  • 顧客情報管理:お客さまの個人情報や来店履歴の確認
  • 外部グルメサイトとの連携:グルメサイトからの予約を自動で読み込み
  • POS連携:POSシステムと連携して、売上や予約情報を分析

今までお客さまからの予約は、ノートとペン、ホワイトボードなどで管理していた店舗が多いかと思います。しかしシステムを使うことで、これらをクラウド上で管理することが可能になり、ダブルブッキングなどの予約ミスがほとんど起きません。

続いては、飲食店予約管理システムのメリットとデメリットを解説します。

飲食店予約管理システムを導入するメリット

飲食店予約管理システムを導入するメリットとして、

  1. ダブルブッキングの防止
  2. 空いている日時や空席のスムーズな確認
  3. 多言語での予約受付
  4. 売上管理やデータ分析に対応
  5. 外部の予約サイトと連携

の5つを紹介します。

1.ダブルブッキングを防止できる

まずメリットとして、ダブルブッキングの防止があります。

今までの管理方法では、電話やネットからの予約を専用シートに記入する必要がありました。しかしこれでは、記入ミスや漏れなどでダブルブッキングが発生しやすく、お客さまが来店をやめてしまうことが少なくありません。

しかし飲食店予約管理システムは、予約をすべてクラウド上で管理できます。お客さまからの予約の後に自動で予約内容が反映されるため、日時のミスや記入漏れがほとんど起こりません。

リアルタイムで予約を共有できるため、ミスによる機会損失を防ぐことができます。

2.お客さまは空いている日時がすぐにわかる

飲食店予約管理システムは、Web上での予約を受け付けているサービスも多いです。

今までの電話予約では、お客さまが「1月30日の19時は空いていますか?」と、店舗に空席の確認をする必要がありました。しかし予約管理システムでは、希望の日時の予約状況や空席の数をお客さまに表示できます。

お客さまはそのまま予約できるため、席の確保や電話で日時の確認をする手間がかかりません。予約のハードルが下がり、来店につながっています。

3.インバウンド客の予約を多言語で受付できる

予約管理システムには、英語や中国語など多言語に対応しているものも多いです。

インバウンド客の中には「飲食店を事前に予約できないこと」や「日本語でしか予約を受け付けていないこと」に不満を感じる人が少なくありません。飲食店予約管理システムは複数の言語に対応しているため、インバウンド客の不満を解消できます。

英語や自国の言語で予約できることで、他店との差別化にもつながります。

4.売上分析や顧客管理などにも対応している

飲食店予約管理システムの中には、会計を行うPOSレジと連携できるものもあります。

レジと連携することで、顧客情報と注文内容を照らし合わせることができます。これにより、会計をスムーズにする、会計情報からお客さまのニーズを分析することが可能に。

結果として、データを店舗の経営や材料の仕入れなどに活用できます。

5.外部の予約サイトと連携できる

飲食店予約管理システムは外部の予約サイトと連携できます。

例えば、

などです。

お客さまがよく使うサイトと連携することで、日本人のお客さまからの予約増加にもつながります。

飲食店予約管理システムのデメリット

一方で予約管理システムには、以下のようなデメリットもあります。

  1. 予約キャンセルの可能性
  2. スタッフがシステムに不慣れ

1つずつ解説します。

1.予約キャンセルが発生する可能性がある

Web上で予約できることにより簡単に予約できる一方で、キャンセルへのハードルは低くなります。

Webでの予約受付ではひとまず席を確保し、他のお店が見つかったら無断でキャンセルされるケースが少なくありません。予約キャンセルが多発することで、売上が下がる可能性もあります。

これらのキャンセルには、デポジット(保証金)を取ることなどで対策できます。

詳しい方法は「インバウンドの現場で起こっている飲食店予約の無断キャンセル。店舗が行うべき5つの対策とは」をご一読ください。

2.スタッフがシステムに慣れるまで時間がかかる

飲食店予約管理システムは便利ですが、まだまだ多くの飲食店に広まっているわけではありません。そのため現場スタッフの中には、システムに慣れていない人も多いのが現状です。

これらはマニュアルの作成や研修をすることで、少しずつ慣れることができます。十分な練習時間を確保してから、導入することをおすすめします。

ここまで飲食店予約管理システムについて、ざっくりとお伝えしました。

とはいえ、お店にあった飲食店予約管理システムを探すことは、なかなか大変ですよね。

そこで続いては、システムを選ぶポイントを解説します。

飲食店予約管理システムを選ぶポイント

ここからはシステム選びのポイントとして、

  1. 多言語への対応
  2. システムの対応端末
  3. POSレジとの連携

の3つを紹介します。

1.多言語への対応

Webから予約を受け付けている飲食店予約管理システムの場合、多言語で予約できるものがおすすめです。

というのも、インバウンド客は訪日旅行において「コミュニケーションが取れないこと」を不満に感じる人が少なくありません。

この不満は飲食店の予約でも同じです。日本食に興味を持つインバウンド客が増えているため、飲食店が多言語に対応することは欠かせません。

英語だけでなく、中国語や韓国語、フランス語やスペイン語などさまざまな言語に対応することはさらなる集客につながります。

2.予約管理システムを閲覧できる端末の種類

飲食店予約管理システムによって、管理画面を閲覧できる端末が異なります。

対応端末は

  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

などです。

店舗の端末から利用できるシステムかどうか、導入の前に確認してみてください。

3.予約管理システムとPOSの連携

飲食店予約管理システムの中には、POSレジと連携できるものもあります。またそのほかにも予約と来店管理、支払い管理、売上の分析まで対応しているものなど、利用できる機能がシステムによって異なります。

まずは予約管理システムによって店舗の業務をどこまでカバーしたいのか、明らかにしてみてください。そして希望の業務をカバーできるシステムを導入することをおすすめします。

ここまで飲食店予約管理システムの選び方を解説しました。

最後に、おすすめの飲食店予約管理システムをいくつか紹介します。

飲食店予約管理システムを徹底比較!おすすめのサービス3つ

おすすめの飲食店予約管理システムとして、

  1. TORETA
  2. Table Solution
  3. ebica

の3つを紹介します。

1.TORETA

TORETA(トレタ)は予約の作成から、予約情報の集計や分析までできるサービスです。

  • 英語での予約が可能
  • インバウンド向けサービスを提供する3社と連携
  • 24時間365日対応のサポートダイヤルを利用可能

費用はベーシックプランで月額1万2,000円〜です。

2.Table Solution

Table Solution(テーブルソリューション)は、利用満足度ナンバーワンを誇るシステムです。

  • 15ヶ国語に対応
  • 事前決済で当日キャンセル対策を実現
  • 「Table Check」に店舗情報を掲載可能

費用は月額1万2,000円〜で、店舗の席数によって料金が異なります。

3.ebica

ebica(エビカ)は、セキュリティやトラブル時への対応が充実しているシステムです。

  • ebica予約台帳へのアクセスを特定の端末に制限
  • 店長とアルバイトスタッフなど利用権限を設定可能
  • オフラインモードで通信障害にも対応

費用については問い合わせが必要です。ホームページから相談してみてください。

飲食店予約管理システムを導入して、インバウンドの来店を促す

今回は飲食店予約管理システムについて解説しました。

おさらいすると、飲食店予約管理システムを導入することには、以下のメリットがあります。

  1. ダブルブッキングの防止
  2. 空いている日時や空席のスムーズな確認
  3. 多言語での予約受付
  4. 売上管理やデータ分析に対応
  5. 外部の予約サイトと連携

システムを選ぶポイントは、以下の3つです。

  1. 多言語への対応
  2. システムの対応端末
  3. POSレジとの連携

そしておすすめのサービスとして、以下の3つを紹介しました。

  1. TORETA
  2. Table Solution
  3. ebica

店舗に必要な機能を明確にした上で、使用するシステムを選んでみてください。

そして飲食店の集客には、インバウンド客が来店したくなるお店づくりも欠かせません。

集客に必要なポイントについて、詳しくは「飲食店のインバウンド集客に必要な対策とは?お店づくりからネット集客までを解説」をご一読ください。

 

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. ピクトグラムとは?インバウンド対策への導入メリットとおすすめ無料サイトを紹介

  2. 台風21号で関西国際空港が閉鎖に。インバウンド産業への影響と災害時に必要な対策とは

  3. 訪日外国人はSNSをどのように利用している?最新のSNS事情をインバウンド対策に活かそう!

  4. インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよ…

  5. ナイトライフとは?インバウンド市場発展のカギを握る「夜の観光」について解説

  6. 地方都市のインバウンド需要が増加。新たな国からの訪日客も

  7. 沖縄美ら海水族館がインバウンドに、人気の観光地ランキングで第18位にランクイン。その理由とは?

  8. 健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP