店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

SYNC NETWORK JAPANの協力を得てミュージックツーリズムを。地域へのインバウンド効果とは?

「SYNC NETWORK JAPANって何だろう…」

と思っている方。

SYNC NETWORK JAPANとは、日本の音楽コンテンツのグローバル展開を目指すエージェント組織です。

さらには音楽業界と他の業界と結びつけることで、ミュージックツーリズムによる地域経済の活性化などが期待できます。

とはいえ、具体的な概要や効果などは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • SYNC NETWORK JAPANとは
  • ミュージックツーリズムの概要と事例
  • ミュージックツーリズムのインバウンド効果

を紹介します。

「いきなりSYNC NETWORK JAPANを活用するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはSYNC NETWORK JAPANについて、ざっくりと理解しましょう!

SYNC NETWORK JAPANとは、音楽コンテンツのグローバル展開をねらう組織

SYNC NETWORK JAPANとは、音楽コンテンツのグローバル展開をねらうエージェント組織です。

SYNC NETWORK JAPANはもともと、2010年から音楽コンテンツのグローバル化を促進するプロジェクトとして活動していました。その中で海外イベンターやメディア、プロモーターとのネットワークを築いています。

現在このプロジェクトは一般社団法人CiP協議会が運営しています。

そして新たなSYNC NETWORK JAPANは、エージェント機能を特化させた組織です。

目的は世界に日本の音楽コンテンツを伝えること。それだけでなく、海外展開を希望する音楽業界と他業界を結びつけて、日本の音楽を海外に届ける手助けをしてくれます。

Twitterアカウントでは英語と中国語で発信し、日本語はほとんど使用していません。またサイトは英語と中国語に対応しています。

SYNC NETWORK JAPANの実績

現在SYNC NETWORK JAPANには、2,500組の国内アーティストが登録しています。

過去の7年間では、10ヶ国で18のイベントに参加。26組のアーティストをブッキングした実績があります。

また国立競技場でJAPAN NIGHTも開催しています。

このイベントではインドネシアや台湾、イギリスなど世界を巡り、日本の音楽を届けました。そして、合計59社の海外パートナーを招聘することにも成功しています。

その他の実績

SYNC NETWORK JAPANには、他にも以下のような実績があります。

  • X JAPANの海外展開
  • モーニング娘。の米国コンベンションへのブッキング
  • フランス大使館やケベック州政府との連携による交流ライブ

主に日本国内のアーティストが海外に進出する手助けをします。

このようなSYNC NETWORK JAPANなどの組織は、ミュージックツーリズムによるインバウンド効果に大きな貢献をもたらすと考えられます。

ミュージックツーリズムについては、次で詳しく解説しますね。

SYNC NETWORK JAPANに関係するミュージックツーリズムとは

ミュージックツーリズムとは、音楽に関係する旅行や観光をすることです。

主に以下の2種類にわけることができます。

【聖地巡礼型】
好きなアーティストの生誕地やゆかりの土地を訪れること。アニメやマンガの聖地巡礼と似ている。

【体験型】
コンサートやフェスティバル、レッスンなどに参加することを目的として、旅行中に音楽体験をすること。

このように音楽がきっかけで海外旅行をすることで、アーティストや地域への経済効果が期待できます。

地域への経済効果は例えば、

  • ホテルへの宿泊
  • レストランでの飲食
  • お土産の購入

などです。

日本のアーティストを好きなインバウンド客が、ライブやイベント、アーティストの出身地をめぐるために日本旅行を計画したとします。そうすることで、まずイベントやアーティストの収益がアップします。

そして地域に訪日外国人が増加することで、ホテルへの宿泊やレストランの食事などの売上がアップ。結果として、地域経済の活性化につながります。

ミュージックツーリズムの事例;イギリスのロンドン

ミュージックツーリズムは、イギリスに大きな経済効果をもたらしています。

イギリスはビートルズの出身地です。そのため現在も、聖地としてロンドンを訪れるファンが少なくありません。

UK MUSICの報告によると、イギリスにおけるミュージックツーリズムの効果は以下の通りです。

【観光客のタイプ】

  • 聖地巡礼型:55%
  • 体験型:45%

【経済効果】

  • 全体の経済効果:約5,200億円
  • チケットや宿泊費、食事などの直接効果:3,200億円

中でも海外からの観光客の消費額は、平均12万円と決して低い金額ではありません。さらにはミュージックツーリズムによって、新たな3,900個の仕事が誕生し、雇用も創出しています。

出典:第34 回産官学公開セミナー「ミュージック・ツーリズムの日本への導入とその振興を考える」

このように、日本もSYNC NETWORK JAPANと協力してイベントを開催することで、ミュージックツーリズムが広まる可能性があります。

ミュージックツーリズムのインバウンド効果を期待できる場所

ミュージックツーリズムは、以下のような場所で効果が期待できます。

  • イベント会場
  • 地方自治体
  • 観光施設

特に地方自治体が活用することで、地域全体の経済効果が期待できます。

次でその理由や効果を詳しく解説しますね。

SYNC NETWORK JAPANによるミュージックツーリズムのインバウンド効果

ここではミュージックツーリズムのインバウンド効果として、

  1. 観光客の増加
  2. 地域経済の活性化
  3. 人口減少の抑制

の3つを紹介します。

1.イベントの影響で観光地のお客さまが増える

日本では数多くの音楽フェスが開催されています。

例えば、

などです。

中でもフジロックは周囲を山に囲まれており、会場でキャンプすることも可能。この環境は、自然好きのインバウンド客のニーズを満たすことが期待できます。

というのもインバウンド客の中には、自然の観賞を日本で楽しみたいと考えている人が少なくありません。音楽イベントとあわせて、自然の観光を楽しむ人が増える可能性があります。

イベントへの参加とともに、観光地のインバウンド客増加が期待できます。

2.ホテルや飲食店、小売店など地域経済の活性化につながる

音楽イベントなどへの参加によって、インバウンド客は地域の店舗を利用します。

これにより地域のホテルや飲食店、小売店などはお客さまが増え、売上アップが期待できます。

特に欧米豪のインバウンド客は長期滞在の傾向が強いため、長期的な売上アップにつながることも少なくありません。

またアジアの観光客は、リピーターになる確率が高いです。満足度を高めることで、継続的なインバウンド効果が期待できます。

3.地域の交流人口が増加し、人口減少をくい止める

多くの地域では、人口減少が問題となっています。

音楽イベントを開催することで地域を訪問する人が増えるだけでなく、イベント関連の仕事も増えます。雇用が増えることで、仕事のために移住する人も少なくありません。

また観光客の中には、その土地を気に入って移住する人も。交流人口や定住人口が増えて、人口の減少をくい止めることにつながります。

人口減少の問題に取り組む自治体に、岡山県の粟倉村があります。

詳しい事例は「地方自治体が考える「Nishi Awakura Coin (NAC)」とは?事業の資金調達に“ICO”を使うことで、観光客や移住者の増加につなげる」をご一読ください。

このようにSYNC NETWORK JAPANを通してミュージックツーリズムを実現することで、新たなインバウンド効果をもたらすことができます。

SYNC NETWORK JAPANの協力を得て、地域経済の活性化につなげる

今回はSYNC NETWORK JAPANについて解説しました。

おさらいすると、SYNC NETWORK JAPANは日本の音楽コンテンツのグローバル展開を目指す組織です。

SYNC NETWORK JAPANの協力を得ることで、以下のようなミュージックツーリズムによるインバウンド効果が期待できます。

  1. 観光客の増加
  2. 地域経済の活性化
  3. 人口減少の抑制

まずはどのようなアーティストが登録されているのか、SYNC NETWORK JAPANのホームページをチェックしてみてください。

また初めてインバウンド対策に取り組む地域の場合、まずは地域創生の事例を知ることでイメージがつかみやすくなります。

詳しい事例を「地域(地方)創生の事例3つ。インバウンド対策と絡めることで、人口減少のストップにつながる」で紹介していますので、チェックしてみてください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 中国の新興ECサイト「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」とは。メリットから実際の販売ポイントまで解説

  2. 民泊データ分析サービスでインバウンド客のニーズを調査。人気の民泊を作るポイントとは

  3. インバウンドの集客を旅行会社に依頼して、地域を活性化。11のおすすめ企業を紹介します

  4. 外国人観光客の人気スポットはどこ?定番から意外な観光地まで、最新のインバウンドトレンドついて解説!

  5. オランダ最大の国際旅行フェア「Vakantie Beurs」から見る、訪日オランダ人の特徴と今後の対…

  6. 松本城がインバウンドから人気の観光地ランキングで第19位にランクイン。その理由とは?

  7. インバウンド成功の秘訣は『納得度』。便利な翻訳アプリの活用方法

  8. インバウンド集客に必要なベジタリアンやビーガンへの対応とは?知っておきたいポイントや事例を解説

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP