店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

外国人観光客の人気スポットはどこ?定番から意外な観光地まで、最新のインバウンドトレンドついて解説!

「外国人観光客に人気のスポットって、どんなところなんだろう…」

と思っている方。

外国人観光客には、日本の伝統や文化を感じることができる観光地が人気です。一方で、日本人はあまり訪れないような、意外なスポットが人気を集めていることもあります。インバウンド客の人気スポットを知ることで、最新のトレンドを押さえることが可能です。

とはいえ、具体的にどのようなスポットが人気なのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 2018年に日本を訪れたインバウンド客数は史上最高を記録
  • 外国人観光客に人気の観光スポットベスト30
  • こんなところが!?外国人観光客から意外に人気な観光スポット

の順にお伝えします。

インバウンドのトレンドは日本人の感覚とは異なることも多く、ハードルが高そうに感じますが、人気の観光スポットを押さえるだけであれば難しくありません。

まずはこの記事で、外国人観光客に人気のスポットについてざっくりと知りましょう!

2018年に日本を訪れたインバウンド客数は史上最高を記録

2019年1月16日にJNTOから発表されたデータによると、2018年に日本を訪れたインバウンド客数は3,119万2,000人(推計)で、史上最高を記録しました。

ただ今回の発表は一部未集計の国もあるため、最終的な結果では今回発表された数値よりも高くなる見込みです。

【訪日外国人観光客数の推移】

  • 2018年:3,119万2,000人(推計)
  • 2017年:2,869万1,073人
  • 2016年:2,403万9,700人
  • 2015年:1,973万7,409人
  • 2014年:1,341万3,467人

国は2020年の東京オリンピックまでに、外国人観光客数4,000万人を掲げています。日本への観光客数はここ数年、毎年約500万人ずつ増加するペースで上昇。

外国人観光客数4,000万人の達成も間近に迫っています。そして、そのカギとなるのがアジアからの観光客です。

日本の観光を押し上げているのはアジアからの観光客

日本の観光を押し上げているのはアジアからの観光客です。

2018年訪日観光客数の上位5ヶ国を見てみると、

  1. 中国:838万100人
  2. 韓国:753万9,000人
  3. 台湾:475万7,300人
  4. 香港:220万7,900人
  5. タイ:113万2,100人

と、アジア諸国だけで8割近くに達します。

日本から距離的に近いアジアは、海外旅行先の選択肢として日本を選んでもらいやすいです。近年は国をあげてのプロモーションも奏功し、日本の認知度が高まっています。

出典:観光庁「2018年 訪日外客数」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf

次は、外国人観光客に人気の観光スポットについてお伝えしますね。

外国人観光客に人気の観光スポットベスト30

世界最大級の旅行コミュニティサイト「トリップアドバイザー」が発表した「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」によると、ベスト30は以下の通りでした。

【外国人に人気の日本の観光スポットランキング ベスト30】

  1. 伏見稲荷大社/京都府京都市
  2. 広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)/広島県広島市
  3. 宮島 (厳島神社)/広島県廿日市市
  4. 東大寺/奈良県奈良市
  5. 新宿御苑/東京都新宿区
  6. 兼六園/石川県金沢市
  7. 高野山(奥之院)/和歌山県高野町
  8. 金閣寺/京都府京都市
  9. 箱根彫刻の森美術館/神奈川県箱根町
  10. 姫路城/兵庫県姫路市
  11. 三十三間堂/京都府京都市
  12. 奈良公園/奈良県奈良市
  13. 成田山 新勝寺/千葉県成田市
  14. サムライ ミュージアム/東京都新宿区
  15. 白谷雲水峡/鹿児島県屋久島町
  16. 浅草寺/東京都台東区
  17. 日光東照宮/栃木県日光市
  18. 栗林公園/香川県高松市
  19. 両国国技館/東京都墨田区
  20. 永観堂禅林寺/京都府京都市
  21. 長谷寺/神奈川県鎌倉市
  22. 東京都庁舎/東京都新宿区
  23. トヨタ産業技術記念館/愛知県名古屋市
  24. 白川郷合掌造り集落/岐阜県白川村
  25. 京都駅ビル/京都府京都市
  26. 立山黒部アルペンルート/富山県立山町
  27. 平等院/京都府宇治市
  28. 根津美術館/東京都港区
  29. 地獄谷野猿公苑/長野県山ノ内町
  30. 三千院/京都府京都市

今回で10回目となる当ランキングですが、1位は5年連続で京都の「伏見稲荷大社」が獲得。2019年1月現在、見稲荷大社に寄せられた口コミ数は延べ2万2,000件を超え、このうち8割近くが外国語の口コミです。

さらにベスト30位内に初めてランクインしたのは、

  • 27位:平等院/京都府宇治市
  • 28位:根津美術館/東京都港区
  • 30位:三千院/京都府京都市

の3スポットでした。

昨年の初登場はエンターテイメント施設が中心でしたが、2018年は一転して、緑豊かで癒されるスポットが外国人観光客から人気を得ているようです。

【都道府県別のランクインスポット数】

  • 京都府:7ヶ所
  • 東京都:6ヶ所
  • 広島県・奈良県・神奈川県:2ヶ所
  • 石川県・和歌山県・兵庫県・千葉県・鹿児島県・栃木県・香川県・愛知県・岐阜県・富山県・長野県:1ヶ所

人気の京都、東京以外にも、地方都市へ外国人観光客の訪問地が広がっていることがわかります。

次は、外国人観光客から意外に人気な観光スポットについてお伝えしますね。

こんなところが!?外国人観光客から意外に人気な観光スポット

外国人観光客に人気の観光スポットの中には、意外にも日本人にはあまり知られていないスポットもあります。

ここでは、意外に人気な観光スポットとして

  1. サムライミュージアム
  2. アキバフクロウ
  3. ギア-GEAR

の3つをご紹介します。

1. 日本ならではの文化を気軽に体験できる「サムライミュージアム」

2018年のランキングでも「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」で第14位にランクインしているのが「サムライミュージアム」です。

サムライミュージアムでは日本刀や鎧兜が展示され、鎧兜を身につけて撮影できるスタジオがあります。日本ならではの文化を気軽に体験できる点が口コミで人気を集めているようです。

2. フクロウと触れ合えるカフェ「アキバフクロウ」

2017年のランキングで第2位にランクインしたことで注目を集めたのが「アキバフクロウ」です。

「フクロウと触れ合えるカフェ」とのコンセプトが目を引くとともに、「秋葉原」というアクセスしやすい場所であることから、多くの訪日外国人が詰めかけています。

動物愛護の面から規制が厳しい欧米では珍しいことも、人気の要因となっているようです。

3. ノンバーバルな演出が幅広い支持を獲得「ギア-GEAR」

過去のランキングで何度もランクインを果たし、2018年に近畿経済産業局から「関西インバウンド大賞」を授与されるなどしているのが「ギア-GEAR」です。

ギア-GEARは、光や映像と連動したマイムやブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスで感動のストーリーを描き出します。

セリフを使わない 「ノンバーバル」という演出により、国籍や年代を超えた幅広い人気を獲得。2018年4月に京都ロングラン7年目に突入し、100席限定の劇場で観客動員数20万人を突破しました。

インバウンドに人気の観光スポットを押さえて、新たなインバウンド集客の参考にしよう!

ここまで、インバウンドに人気の観光スポットについてお伝えしました。

おさらいしますと、2018年に日本を訪れたインバウンド客数は史上最高を記録しています。推計で3,119万2,000人が日本を訪れており、国が目標に掲げる「2020年までに訪日観光客数4,000万人」の達成まであとわずかです。

日本を訪れる観光客の内訳は、

  1. 中国:838万100人
  2. 韓国:753万9,000人
  3. 台湾:475万7,300人
  4. 香港:220万7,900人
  5. タイ:113万2,100人

とアジアが独占。インバウンド集客を図るうえでは、いかにアジアから日本を訪れてもらうかがカギと言えます。

世界最大級の旅行コミュニティサイト「トリップアドバイザー」が発表した「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」によると、1位は5年連続で「伏見稲荷大社」が獲得しました。

ランクインするのは毎年固定のスポットが多いものの、今回初めてランクインしたのが

  • 27位:平等院/京都府宇治市
  • 28位:根津美術館/東京都港区
  • 30位:三千院/京都府京都市

の3スポットです。昨年と比べると、緑豊かで癒されるスポットが外国人観光客から人気となりました。

また、意外に人気な観光スポットとしてご紹介したのが以下の3つです。

  1. サムライミュージアム
  2. アキバフクロウ
  3. ギア-GEAR

いずれも「日本でしか体験できない」というポイントを押さえたスポットと言えます。

インバウンド客が興味や関心を持つものを知ることで、さまざまなインバウンド集客の参考にすることが可能です。インバウンド客に人気の観光スポットから、自社への集客に役立つヒントを探してみましょう!

インバウンド客に人気の周遊ルートについて詳しくは、「インバウンド客が周遊する”ゴールデンルート”とは。地方への呼び込みは交通の整備と都道府県の連携がカギをにぎる」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. DMO(Destination Management Organization)とは?地域においてイ…

  2. インバウンド客のハロウィンへの反応。集客のカギはコト消費のアピールやイベント開催

  3. 松本城がインバウンドから人気の観光地ランキングで第19位にランクイン。その理由とは?

  4. 地方都市のインバウンド需要が増加。新たな国からの訪日客も

  5. インバウンド対策に必要なスマホ決済導入のメリットとデメリット。おすすめのスマホ決済サービスまで徹底解…

  6. 兼六園がインバウンドから人気の観光地ランキングで第14位に。その理由とは?

  7. 外国人接客への対策とは?外国人アルバイトを雇う際の注意点や具体的な対策について徹底解説!

  8. バイリンガル採用におすすめのサービス8選。インバウンド対応の充実が、売上アップにつながる

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP