無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

インバウンド対策に役立つメディア5選。ターゲットのニーズを満たす情報を知り、さらなる集客を

「インバウンド対策を知ることができるメディアって何があるのかな…」

と感じているインバウンド担当の方。

インバウンド対策に関する主要メディアは、弊メディアも含め以下の5つです。

  1. 訪日ラボ
  2. arange
  3. 中国トレンドEXPRESS
  4. インバウンド雑学
  5. インバウンドNOW

これらのサイトではインバウンド客のニーズやトレンド、SNS事情などを発信しており、新たなインバウンド対策を考えるきっかけにつながります。

集客に役立つインバウンド対策が生まれることで、売上アップやリピーターの増加につながります。

とはいえ、具体的にどのような内容を発信しているのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、先ほど紹介した5つのメディアの

  • 紹介している内容
  • 活用できる企業

を紹介します。

「いきなりインバウンド対策するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」から紹介します。

1.訪日ラボ:インバウンドニュースを発信する日本最大級のメディア

訪日ラボは、2015年にスタートした日本最大級のインバウンドニュースのメディアです。

  • 紹介ジャンルはインバウンドニュースやインバウンド対策事例など
  • 日本政府観光局(JNTO)や国土交通省など公的機関のデータまとめ多数
  • exciteニュースと連携して情報発信

公的なデータや事例を中心に記事を発信しているため、情報の質が高いです。

また訪日コムとして、インバウンド対策に役立つ800以上のサービスを紹介しています。

これらの情報は国や目的別にわけられているため、自社にあったサービスを見つけるまで時間がかかりません。また資料請求は、すべて無料でできます。

これからインバウンド対策をスタートする、まんべんなく情報収集したい企業様におすすめです。

またインバウンド客に直接アプローチしたい場合は、多言語で日本の情報発信をするメディアの活用がおすすめです。

詳しくは「目的別に選ぶインバウンド向けメディア5選!情報を的確に読者へ届けるために」をご一読ください。

2.arange:飲食店やホテル、民泊に関するインバウンド対策を紹介

arangeは飲食店やホテルなど、訪日外国人がよく利用する場所でのインバウンド対策が充実しているメディアです。

  • 紹介ジャンルはインバウンド客の特徴や業界の現状、対策事例など
  • 特に飲食店やホテル、民泊のインバウンド対策を中心に紹介
  • メルマガでもインバウンドに関するニュースを発信

この他にも中国の連絡アプリ「WeChat」について、動画でまとめています。

そしてWeChatに関するプロモーションも受け付けています。そのため中華圏のお客さまへの対策が初めての企業でも、戸惑うことがありません。

これから中国のインバウンド客を呼び込みたい飲食店やホテル、民泊などサービス業の方におすすめです。

3.中国トレンドEXPRESS:中国のトレンドやSNS事情をデータから読み解く

中国トレンドEXPRESSは、中国のマーケティングに特化したメディアです。

  • 紹介ジャンルは中国のトレンド情報やSNSの利用状況、プロモーション方法など
  • 人気商品やエリアのランキングは中国人の口コミをもとに作成
  • 春節や国慶節など、中国の大型連休の傾向も紹介

特にSNS事情やインフルエンサーの「KOL」、化粧品、ファッションなど、中国人女性向けの対策に役立つ情報が豊富です。

これから中国人女性への対策に力を入れていきたい、メーカーや小売店などの企業様におすすめです。

また一部の記事は有料ですが、3日間の無料登録が利用できます。気になる方は、まず無料登録から試してみてください。

そして中国人向けのインバウンド対策を考えるときには、中国人の旅行動向を知ることも欠かせません。

中国人の旅行動向に関しては、「2017年中国人海外旅行ビックデータ報告」から知ることができます。

詳しくは「中国人の海外旅行の動向をデータから分析。中国からのインバウンドを獲得するコツとは?」で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

また中国人に効果的なプロモーション方法について、詳しくは「中国人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説」をご一読ください。

4.インバウンド雑学:中国やタイに関する多言語対応などを紹介

インバウンド雑学は、中国やタイのインバウンド対策をメインに紹介するメディアです。

  • 紹介ジャンルは多言語対応や決済方法など
  • 中国とタイに関するイベント情報を紹介し、出展もサポート
  • WebサイトやSNSからの集客にも対応

訪日客が最も多い中国と、近年増加しているタイにしぼってインバウンド対策を紹介しています。

また「公共交通機関」「宿泊施設」「観光施設」と業界ごとに記事を掲載しているため、効率よく情報収集が可能に。自社に必要な情報を、迷うことなく見つけることができます。

これから中国やタイなど、アジア圏のインバウンド対策に力を入れたい企業様におすすめです。

またタイ人に対するインバウンド対策は、タイで人気の訪日メディアで商品やサービスを紹介することも効果的です。

訪日メディアは例えば、

  • trippino HOKKAIDO:北海道好きのタイ人に観光スポットや飲食店を紹介
  • Chill Chill Japan:人気の商品やレストラン、アトラクションなどを紹介

などです。

中でも「Chill Chill Japan」は多くのタイ人が、訪日旅行の情報収集に活用しています。

「Chill Chill Japan」について、詳しくは「「Chill Chill Japan」はタイのインバウンド獲得に。概要とメリットを解説します」をご一読ください。

5.インバウンドNOW:地方創生につながるインバウンド対策を発信

インバウンドNOWは、地方創生につながるインバウンド対策や事例を紹介しているメディアです。

  • 紹介ジャンルはインバウンド客の特徴や旅行スタイル、ニーズ、事例など
  • 特に地方創生や人口増加につながっている事例を多く紹介
  • 中国人や台湾人、タイ人など国ごとのプロモーション方法も解説

自社のジャンルとターゲットを組み合わせて、必要な情報をチェックできます。

またインバウンド集客に役立つ資料は無料でダウンロードできるため、情報収集に費用がかかりません。

初めてインバウンド対策をする企業様や自治体様でもわかりやすく、インバウンド対策のノウハウを知ることができます。

また地方自治体がインバウンド対策をすることが、人口減少のくい止めにつながることも少なくありません。

事例について、詳しくは「地域(地方)創生の事例3つ。インバウンド対策と絡めることで、人口減少のストップにつながる」で紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

これらのメディアからインバウンド対策のノウハウを学ぶことで、さらなる集客や売上アップが期待できます。

まずは気になるメディアの記事を、いくつかチェックしてみてはいかがでしょうか。

インバウンド対策に役立つメディアを活用して、集客につなげる

今回はインバウンド対策に役立つメディアを紹介しました。

おすすめのメディアとして、

  1. 訪日ラボ
  2. arange
  3. 中国トレンドEXPRESS
  4. インバウンド雑学
  5. インバウンドNOW

の5つを解説しました。

これらのメディアからインバウンド客のニーズや旅行スタイル、対策事例などを知ることで、新たなインバウンド対策が生まれるきっかけになります。

まずは気になるメディアで、インバウンド対策に関する記事をいくつかチェックしてみてください。

そしてインバウンド対策に初めて取り組む場合、インバウンドコンサルティングの活用もおすすめです。

インバウンドコンサルティングについて、詳しくは「インバウンドコンサルティングとは?コンサルの流れや活用のメリット、会社を選ぶポイントを解説します」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. Wwoof(ウーフ)とは?登録から訪日外国人の受け入れ方法まで解説します

  2. インバウンド客のクリスマス。ニーズや事例など、地方の集客につなげるコツを解説

  3. 中国のセール日「W11シングルデイ」とは?日本へのインバウンド効果からプロモーション手法まで徹底解説…

  4. 中国版YouTube“优酷(Youku)”をインバウンド対策に。オリジナル動画で地方都市の集客へつな…

  5. 免税店申請代行サービス6選。メリットや費用、免税店になるまでの流れも解説します

  6. Tik Tok(抖音)とは?中国発の動画投稿アプリとその使い方について徹底解説

  7. 中国の新興ECサイト「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」とは。メリットから実際の販売ポイントまで解説

  8. バイリンガル採用におすすめのサービス8選。インバウンド対応の充実が、売上アップにつながる

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP