Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約4分で読めます

外国人観光客が増加している理由とは?インバウンドの最新トレンドについて徹底解説!

「日本を訪れる外国人が増えているのは、なぜなんだろう?」

と思っている方。

近年、日本を訪れる外国人観光客は右肩上がりで増えています。インバウンドが増加している理由を押さえておくことは、海外からの集客施策を検討するうえで重要です。

とはいえ、具体的な理由はわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 2018年に日本を訪れた外国人観光客は3,000万人を突破!
  • 日本への外国人観光客が増加している5つの理由

の順にお伝えします。

インバウンドのトレンドを知ることは難しそうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、外国人観光客が増加している理由についてざっくりと知りましょう!

2018年に日本を訪れた外国人観光客は3,000万人を突破!

日本政府観光局(JNTO)が2019年1月16日に発表したデータによると、2018年の1年間に日本を訪れた外国人観光客は約3,119万人でした。

地震や台風などの影響で9月は前年を下回ったものの、観光需要の復興に向けた取り組みが奏功。年間では前年と比べてプラス8.7%増となり、過去最高の訪日客数を達成しています。

【日本を訪れた外国人観光客の推移】

  • 2018年:3,119万人
  • 2017年:2,869万人
  • 2016年:2,404万人
  • 2015年:1,974万人
  • 2014年:1,341万人
  • 2013年:1,036万人

2018年に日本を訪れた外国人観光客数を2013年と比較すると、実に約3倍に増えていることがわかります。

また、国別の訪日外国人観光客数は以下の通りです。

【2018年 国別の訪日外国人観光客数】

  1. 中国:838.0万人
  2. 韓国:753.9万人
  3. 台湾:475.7万人
  4. 香港:220.8万人
  5. 米国:152.7万人
  6. タイ:113.2万人
  7. その他:564.9万人

国別の訪日外国人観光客数の割合は前年とほぼ変わらず、1位は中国が獲得しています。また全体の約80%をアジアの国が占めている点も、昨年と同様です。

訪日外国人観光客数は順調に増加しており、国が掲げる「2020年までに訪日外国人観光客4,000万人」の達成が見込まれています。

出典:JNTO「訪日外客数(2018年12月および年間推計値)」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/190116_monthly.pdf

日本だけではなく、世界全体で海外旅行をする人が増えている

そもそも海外旅行客は、日本だけでなく世界全体で増えていることをご存知でしょうか。

国連世界観光機関(UNWTO)の発表によると、世界で海外旅行に出かける人数は年々増えており、その推移は以下の通りです。

【世界における海外旅行者数】

  • 1980年:約2億7,800万人
  • 2000年:約6億7,400万人
  • 2016年:約12億3,500万人

海外旅行者数は経済成長と連動しており、経済的に豊かになると海外旅行に対する欲求が高まる傾向です。

その中でも日本は近年、海外旅行者数において高い伸び率を見せており、それにはいくつかの理由があります。次は、その理由についてお伝えしますね。

出典:UNWTO「e-library」
https://www.e-unwto.org/toc/unwtotfb//1

日本への外国人観光客が増加している5つの理由

外国人観光客が増加している5つの理由は、

  1. 日本への関心の高まり
  2. アジア諸国の経済的成長
  3. 円安の進行
  4. LCCによる運賃下落
  5. 官民が連携したインバウンド呼び込み施策

の5つです。1つずつ解説しますね。

理由1. 日本への関心の高まり

1つ目の理由が、日本への関心の高まりです。

日本は歴史ある伝統や観光スポットがあるだけではなく、外国人観光客を惹きつけるさまざまな魅力を持っています。

例えば、2013年には「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、和食が注目を集めました。その他にも、

  • アニメ、ゲーム
  • 化粧品
  • 電化製品

など、日本ならではのエンターテインメントや品質の高い商品がたくさんあります。

SNSの普及で日本の魅力がさらに海外に届きやすくなったことも、日本への関心が高まっている要因です。

理由2. アジア諸国の経済的成長

2つ目の理由が、アジア諸国の経済的成長です。

先ほどお伝えした通り、経済的に豊かになると海外旅行に対する欲求が高まる傾向があります。

中国を中心としたアジア諸国は、ここ数年で急速な経済成長を遂げており、海外旅行者数も大幅に増加。日本はアジア諸国から距離的に近いため、急増したアジアの海外旅行客の渡航先として選ばれやすいのです。

理由3. 円安の進行

3つ目の理由が、円安の進行です。

2011年に「75円32銭」の最高値を記録した円は、2014年以降120円ほどの円安となり、近年は100円~115円あたりを維持しています。

例えば2014年に中国人が日本を訪れた場合、2011年と比べてレート換算すると、約30%オフで日本観光ができてしまう計算です。

円安の進行は日本を訪れるための大きな動機付けとなり、中国人による「爆買い」が話題にのぼったのも円安が進んだ2014年~2015年でした。

理由4. LCCによる運賃下落

4つ目の理由が、LCCによる運賃下落です。

LCC(ローコストキャリア)は格安な運賃で人気を集め、ここ数年で路線数を大幅に拡大しています。

LCCが利用者から支持を集めたことで、大手航空会社も運賃引き下げに取り組み始めました。旅費の大部分を占める飛行機代が安くなることで海外旅行のハードルが下がり、外国人観光客が増加しています。

理由5. 官民が連携したインバウンド呼び込み施策

5つ目の理由が、官民が連携したインバウンド呼び込み施策です。

日本では2003年より、官民が連携して日本を訪れる外国人旅行者を増やす「ビジット・ジャパン」キャンペーンを実施しています。

キャンペーン内容は、

  • 旅行会社、メディア、教育関係者へのアピール
  • 海外旅行博への出展
  • 外国人向けパンフレットの作成

など海外に対するプロモーションが中心です。

また国は、2012年から戦略的なビザ要件の免除と緩和を実施しています。

ビザ要件を簡単にすることで、マレーシアやタイ、ベトナム、インドネシア、フィリピンなどのアジア諸国を中心に日本を訪れやすい環境を整備。2015年以降は、中国からの渡航者に対してビザを緩和し、訪日中国人が急増するきっかけにもなりました。

出典:観光庁「訪日旅行促進事業」
http://www.mlit.go.jp/kankocho/shisaku/kokusai/vjc.html

さまざまな要因が後押しとなり、これからもインバウンドの増加は加速する

ここまで、日本において外国人観光客が増加している理由についてお伝えしました。

おさらいしますと、2018年の1年間に日本を訪れた外国人観光客の人数は約3,119万人でした。前年と比べてプラス8.7%増となり、過去最高の訪日外国人観光客数を達成しています。

世界で海外旅行に出かける人数は年々増えていますが、ここ数年特に日本において増加している理由は、

  1. 日本への関心の高まり
  2. アジア諸国の経済的成長
  3. 円安の進行
  4. LCCによる運賃下落
  5. 官民が連携したインバウンド呼び込み施策

の5つです。

今後ラグビーワールドカップや東京オリンピック、大阪万博など、世界の注目を集めるイベントが盛り沢山の日本。これからも、ますますインバウンドの増加が加速することは間違いないでしょう。

中国からのインバウンド集客について詳しくは、「訪日中国人FITとは?インバウンド集客における注目のトレンドと事例を解説」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. コールセンター業務を委託するメリットや費用、おすすめの8社を紹介します

  2. 株式会社ZOZOの前澤氏がWeiboやWeChatなど、中国のSNS運用をスタート。その理由とアカウ…

  3. 東京は世界一安全な都市、大阪は3位!2019年版ランキングを紹介します

  4. 外国人が見たいスポーツ1位!武道ツーリズムの概要や効果、事例を解説します

  5. 「JapanTaxi」と「カカオT」が連携。目的は訪日韓国人のタクシー利用アップ

  6. クルーズ船寄港、LCC就航が地域活性化のカギを握る?増加する訪日観光客

  7. 外国人の接客マニュアルを世田谷区が作成。地域の活性化につながる理由とは?

  8. 訪日客のレンタカー利用が急増。地方におけるインバウンド集客のカギに!

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP