Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約6分で読めます

株式会社インバウンドテックの通訳サービスでお客さまの満足度をアップ。概要からメリット、事例まで紹介します。

「インバウンドテックってどんなサービスを提供しているんだろう…」

と感じている方。

インバウンドテックとは、訪日外国人の接客が多い企業様に通訳サービスを提供する会社です。

電話やタブレットを通して、映像や音声でお客さまとのやり取りをサポートしてくれます。

小売店や飲食店、交通機関などが導入することで、集客や売上アップにつながることも。

とはいえ、具体的にどのようなサービスなのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • インバウンドテックの提供する通訳サービス
  • 通訳サービス導入のメリットとデメリット
  • 飲食店の導入事例

を紹介します。

「いきなりサービスを活用するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはインバウンドテックについて、ざっくりと理解しましょう!

インバウンドテックとは、多言語対応のコンタクトセンターを運営する企業

株式会社インバウンドテックとは、多言語に対応できるコンタクトセンターを運営する企業です。

インバウンドのお客さまとの通訳を希望する企業様に対して、24時間365日で対応します。そのため夜間や週末でも、お客さまをお待たせすることがありません。

対応言語は、

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • スペイン語
  • タイ語
  • ベトナム語
  • ポルトガル語

などです。

現場のニーズにあわせて、必要な言語にしぼることも可能です。

インバウンドテックの通訳サービスは、6つにわけることができます。次で解説しますね。

6つのサービス

ここからはインバウンドテックのサービスである

  1. 電話通訳
  2. AI通訳、映像通訳
  3. 多言語カスタマーサポート
  4. 三者間通訳
  5. 医療通訳
  6. 民泊サポート

を順に紹介します。

1.電話通訳

電話通訳は店舗など、訪日外国人と対面でコミュニケーションする場所で利用できます。固定電話やスマホを利用して、オペレーターと店舗スタッフ、もしくはオペレーターとお客さまで会話します。

2.AI通訳、映像通訳

タブレットを利用して、まずAI通訳と映像通訳のどちらかで通訳します。

AI通訳の場合、まずスタッフがタブレットに向かって話しかけます。すると自動で希望の言語に翻訳され、お客さまに聞いてもらうことができます。

映像通訳は、タブレットからコンタクトセンターのオペレーターに接続。そして映像と音声を通して、お客さまとの会話を通訳してもらいます。

小売店の店舗やホテル、交通機関など、対面でコミュニケーションをとる場所で役立ちます。

3.多言語カスタマーサポート

カスタマーサポートでは、お客さまから直接電話をもらい、困りごとを解決します。

そのため企業は、はじめからお客さまと直接やり取りするわけではありません。オペレーターだけで対応が完結することもあります。

そしてお客さまからの問い合わせ内容は、電話やメールで企業様へ共有します。

メーカーのサポートセンターなど、定型的な対応が多い場面で役立ちます。

4.三者間通訳

お客さまと企業、オペレーターの3人で同時にやり取りします。

お客さまから問い合わせがあった場合、企業様がコールセンターに通訳を依頼。そしてオペレーターが外国語で対応し、お客さまのニーズを聞き取ります。

店舗だけでなく、コールセンターなどにも導入できます。

5.医療通訳

病院など医療機関向けの通訳サービスです。

タブレットの映像通訳を利用して、外国人の患者さまに診察結果や治療内容、診察代などを伝えることができます。

6.民泊サポート

Airbnbなど、民泊の運営を総合的にサポートします。

タブレットによる映像通訳で、お客さまからの質問やカギの受け渡し、本人確認などの接客業務をサポートします。

インバウンドテックへのサービス導入をおすすめする業界

インバウンドテックは、以下の業界におすすめです。

  • 小売店やメーカー、商業施設
  • 飲食店
  • ホテルなどの宿泊施設
  • 公共交通機関
  • タクシー
  • 医療機関
  • テーマパーク
  • 観光施設

インバウンドテックの通訳サービスを導入することで、訪日外国人の満足度がアップ。さらなる集客や、売上の向上が期待できます。

ここまでインバウンドテックのサービスについて、ざっくりと解説しました。

とはいえ、導入にはどのようなメリットがあるのか、なかなかわかりにくいですよね。

そこで続いては、サービスを利用するメリットとデメリットを紹介します。

インバウンドテックの通訳サービスを導入する3つのメリット

導入のメリットとして、

  1. 導入のハードルが低い
  2. 人材育成の時間とコストが削減できる
  3. 集客や売上アップにつながる

の3つを紹介します。

1.電話やタブレットなどを使うため、導入のハードルが低い

インバウンドテックの通訳サービスは、電話とタブレットでほとんど対応できます。

小売店や飲食店などの店舗で、すでに電話を用意しているところは多いですよね。また最近は会計システムにタブレットを導入する企業も増えているため、日頃から使用している店舗もあるかと思います。

そのため通訳サービス導入のために、新たなツールを用意する必要がありません。今ある設備で、サービスを利用できます。

2.多言語対応のできる人材育成の時間とコストが削減できる

多言語で対応できる人材を育成するには、時間がかかります。なぜなら言語の習得には、数ヶ月の時間が必要だからです。

またバイリンガル採用など、すでに外国語を話すことのできる人材の採用には、多くのコストがかかります。

しかし通訳サービスを導入することで、人材育成の必要がありません。教育や採用の時間とコストが削減でき、スタッフは店舗での対応に集中できます。

3.インバウンド対策が充実し、集客や売上アップにつながる

インバウンドテックの通訳サービスは、24時間365日いつでも対応可能です。そのため年中無休のサービス業でも、常に同じインバウンド対応を提供できます。

インバウンド対応のクオリティが上がることで、外国人のお客さまの満足度も高まります。

なぜなら訪日外国人が抱えているストレスの多くは「コミュニケーションできないこと」であり、通訳サービスはこの不満を解消するからです。

多言語対応が他店との差別化になり、さらなる呼び込みや売上アップが期待できます。

外国人観光客の不満については、観光庁がアンケートを実施しています。

回答について、詳しくは「外国人観光客の不満ランキング。コミュニケーションや多言語の対応、Wi-Fiなど5つの内容と対策を紹介します」をご一読ください。

インバウンドテックの通訳サービスを活用する2つのデメリット

続いてはデメリットとして、

  1. 映像通訳にはタブレットの購入が必要になる
  2. Wi-Fiなど安定したインターネット環境が欠かせない

の2つを紹介します。

1.映像通訳にはタブレットの購入が必要になる

電話のみ使用している店舗が映像通訳を利用するためには、新たにiPadなどのタブレット端末を購入する必要があります。

タブレットは小さいサイズでも4万円からと、決して安い金額ではありません。またチェーン店などが一度に導入すると、合計で何十万円もの出費に。

予算に限りがある店舗には、「軽減税率対策補助金」の活用がおすすめです。

2019年10月に予定されている消費税の増税にあわせて、複数になる消費税に対応しなければいけない事業者様をサポートする制度です。

補助金を使って、会計に使うiPadなどのタブレット端末の費用を一部負担してもらうことができます。

気になる方は、チェックしてみてください。

2.Wi-Fiなど安定したインターネット環境が欠かせない

映像通訳やAI通訳を利用するときには、Wi-Fiなどインターネット環境が必要です。

しかしタクシーなどWi-Fiをあまり利用しない事業者様は、なかなか用意が難しいかと思います。

インターネット環境の用意は、モバイルWi-Fiがおすすめです。

小型の端末のため持ち運びしやすく、工事も必要ありません。

モバイルWi-Fiについて、詳しくは「インバウンドの満足度アップに。モバイルWi-Fiを導入するメリットとデメリット、導入事例について解説」をご一読ください。

ここまで通訳サービスのメリットとデメリットをお伝えしました。

とはいえ、実際の効果はなかなかわかりにくいですよね。

そこで最後に、インバウンドテックのサービスを導入している事例を紹介します。

インバウンドテックの通訳サービスを導入した飲食店の事例

チェーンの居酒屋店「塚田農場」を運営している株式会社エー・ピーカンパニーは、インバウンドテックの以下のサービスを利用しています。

  • 電話通訳
  • 三者間通訳

このサービスの導入には、飲食店でよくあるトラブルが関係しています。次で解説しますね。

飲食店でよくあるトラブルを通訳サービスで防止

飲食店と訪日外国人のあいだには、以下のようなトラブルがよく発生しています。

  • メニューや注文時のコミュニケーション
  • ハラルフードなど食文化の違いへの対応
  • お会計の金額確認

例えば訪日外国人の中には、豚肉やアルコールを摂取できないイスラム教徒「ムスリム」の方がいます。

ムスリムは旅行中も宗教上のルールを守る必要があります。そのため事前に、料理に豚肉やアルコールが使われていないか、食材のチェックが欠かせません。

しかしメニューやスタッフの対応が日本語だけの場合、ムスリムが安心して食事することは難しいです。

このような確認を電話通訳や三者間通訳で実施することにより、トラブルを防止しています。

気になる方は、インバウンドテックのホームページから問い合わせてみてください。

インバウンドテックの通訳サービス導入で、訪日外国人の満足度を高める

今回はインバウンドテックのサービスについて解説しました。

おさらいすると、通訳サービスは以下の6つです。

  1. 電話通訳
  2. AI通訳、映像通訳
  3. 多言語カスタマーサポート
  4. 三者間通訳
  5. 医療通訳
  6. 民泊サポート

導入のメリットとして、以下の3つをお伝えしました。

  1. 導入のハードルが低い
  2. 人材育成の時間とコストが削減できる
  3. 集客や売上アップにつながる

多言語での接客クオリティをあげたい企業様は、導入を検討してみてください。

そして多言語でのインバウンド対策を考えている場合、接客マニュアルの作成もおすすめです。

概要やメリットなど、詳しくは「外国人の接客マニュアルを世田谷区が作成。地域の活性化につながる理由とは?」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 質問サイト“悟空問答”から分析する、中国人が子連れ旅行の行き先に日本を選ぶ3つの理由

  2. Alipay(アリペイ)とは?中国からのインバウンド集客に必要なモバイル決済について解説

  3. インバウンド客への多言語対応でスムーズな接客を! 手軽にできる対策からおすすめアプリまでご紹介

  4. VFR(友人、親族訪問)のインバウンド対策について解説します。

  5. インバウンド対策で重要なメニュー多言語化。翻訳サービスを紹介します【無料あり】

  6. 中国の新興ECサイト「拼多多(ピンドゥオドゥオ)」とは。メリットから実際の販売ポイントまで解説

  7. チャットコンシェルジュとは?AIや多言語対応、低価格などおすすめのサービス7つを比較します

  8. 【2019年版】訪日外国人のランキングまとめ。インバウンドの最新予想も紹介します

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP