Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

外国人観光客が増加するメリット。集客に必要なインバウンド対策とは?

「外国人観光客が増えているけれど、どんなメリットがあるんだろう…」

と感じている方。

外国人観光客が増えることで、地域経済の活性化が期待できます。

というのも地方の観光地には、外国人観光客がよく利用する小売店や飲食店、宿泊施設が集まっています。観光客の数が増えると消費額も上がり、各店舗の売上アップにつながります。

そのためにも、外国人観光客のニーズを満たすインバウンド対策を用意することが欠かせません。

とはいえ、具体的なメリットやインバウンド対策は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 外国人観光客の増加による日本経済への影響
  • 地方自治体へのメリットとデメリット
  • 各業界に必要なインバウンド対策

を紹介します。

「いきなりインバウンド対策に取り組むのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは訪日客アップが与える日本経済への影響からざっくりと理解しましょう!

外国人観光客の増加がもたらす日本経済へのメリット

インバウンド客の増加は、日本に大きな経済効果をもたらしています。

2018年1〜12月、インバウンドによる消費額は過去最高の4兆5,000億円を記録しました。この記録は、2012年から7年連続の更新です。

消費の内訳は、以下の通りです。

  • 買い物:16,398億円(34.7%)
  • 宿泊:12,451億円(29.3%)
  • 飲食:8,856億円(21.7%)
  • 交通:4,870億円(10.4%)
  • 娯楽やサービス:1,439億円(3.8%)

2017年から買い物代が3%ほど減少していますが、宿泊費と飲食費は1%増加しています。

また消費額が特に多い外国人観光客の国籍は、以下の通りです。

  • 中国:15,370億円
  • 韓国:5,842億円
  • 台湾:5,839億円
  • 香港:3,355億円
  • アメリカ:2,890億円

出典:観光庁「【訪日外国人消費動向調査】2018年全国調査結果(速報)」
http://www.mlit.go.jp/common/001268656.pdf

アジアからの観光客が中心で、中国人の消費額は特に高いことがわかりますよね。

外国人観光客が増加する理由は、日本への関心の高まりや、LCCの増加などが関係しています。

理由について、詳しくは「外国人観光客が増加している理由とは?インバウンドの最新トレンドについて徹底解説!」をご一読ください。

インバウンドによる経済効果が、地域の活性化につながる

インバウンドによる消費額の増加は、日本の国内消費額を増やすことにつながります。

日本では現在、所得の減少や価値観の変化から、1人あたりの大きな消費額が見込めない状態です。

また少子高齢化の影響もあり、労働人口の増加による消費促進もなかなか期待できません。

しかし下がりつつある日本の消費額は、外国人観光客による消費額で補うことができます。

外国人観光客が消費するのは主に、

  • ホテル
  • 小売店
  • 飲食店

です。

特にこれらの施設がそろっている地方自治体では、地域経済の活性化につながることも予想されます。

そのため外国人観光客が増加するメリットを理解し、インバウンド対策を用意することで、さらなる売上アップが期待できます。

とはいえ、具体的にどのようなことが起こるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで続いては、地方に外国人が増えるメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

地方に外国人観光客が増加するメリットとデメリット

外国人観光客の増加について、地方自治体へのメリットとデメリットを紹介します。

地方自治体へのメリット3つ

地方自治体へのメリットは、以下の3つです。

  1. 地域経済の活性化につながる
  2. 人口減少をくい止める可能性がある
  3. 伝統文化や自然環境の保護につながる

地方自治体の中には、人口が減少しているところも少なくありません。

しかし人口の減少は、観光客など交流人口の増加によってくい止めることができます。なぜなら、以下の人たちが移住する可能性があるからです。

  • 観光客として訪れた人
  • 新しくできた観光施設や店舗で働く人

また観光資源であるお寺などの建築物、自然などの価値が再発見されて、保護活動につながることも少なくありません。

一方で観光客の増加には、デメリットもあります。次で紹介しますね。

地方自治体へのデメリット2つ

デメリットは以下の通りです。

  1. 急速なインバウンド対応の整備が必要になる
  2. 施設や店舗のルールが守られない可能性がある

地方自治体では、まだまだインバウンド対応が追いついていないところも少なくありません。

特に多言語で対応できる人材が少なく、訪日外国人もコミュニケーションが取りにくいことにストレスを抱えています。

また文化の違いから、日本人は一部の観光客に対してマナーを悪く感じることも少なくありません。

しかし対策を知っておくことで、お互いのストレスを解消することができます。

そこで続いては、業界別に必要なインバウンド対策を解説します。

増加する外国人観光客へのインバウンド対策【業界別】

ここからはおすすめのインバウンド対策を

  1. 地方自治体
  2. 宿泊施設
  3. 飲食店
  4. 小売店

の4つにわけて紹介します。

1.地方自治体のインバウンド対策

地方自治体には、以下の対策がおすすめです。

  • 多言語による観光情報サイトでの情報発信
  • Wi-Fi環境の整備
  • 多言語やピクトグラムを使った交通案内や地図の用意
  • 地方の観光資源を活かしたツアーの企画

多言語で情報発信をすることで、より多くの外国人に自分たちの自治体を知ってもらうことができます。

また訪れたときにスムーズに旅行できるように、Wi-Fiや多言語の看板などの用意も欠かせません。

外国語での案内が難しい場合は、絵文字のピクトグラムの活用も1つの手段です。

ピクトグラムについて、詳しくは「ピクトグラムとは?インバウンド対策への導入メリットとおすすめ無料サイトを紹介」をご一読ください。

2.宿泊施設のインバウンド対策

ホテルや民泊、旅館には以下の対策がおすすめです。

  • Wi-Fi環境の整備
  • チャットコンシェルジュの活用
  • 多言語による施設利用の注意書き
  • マナーを書いたパンフレットの配布

チャットコンシェルジュとは、お客さまからの質問に答えるWeb接客のツールです。

ホテルや民泊が導入することで、業務の効率化やお客さまの満足度アップにつながることも少なくありません。

詳しくは「チャットコンシェルジュとは?AIや多言語対応、低価格などおすすめのサービス7つを比較します」をご一読ください。

3.飲食店のインバウンド対策

飲食店には、以下の対策がおすすめです。

  • 多言語メニューの用意
  • ベジタリアンやイスラム教徒などへ食材の対応
  • QRコード決済などの受付
  • 翻訳デバイスや通訳サービスの導入
  • Wi-Fi環境の整備

特にメニューの多言語化は欠かせません。料理の内容が使用している食材がわからないと、外国人観光客は入店や注文をためらうこともあるからです。

メニューの多言語化は翻訳サービスを使うことで、手間をかけずに実現できます。

おすすめの翻訳サービスについて、詳しくは「インバウンド対策で重要なメニュー多言語化。翻訳サービスを紹介します【無料あり】」をご一読ください。

4.小売店のインバウンド対策

小売店では、以下のインバウンド対策が必要です。

  • バイリンガル採用の活用
  • Wi-Fi環境の整備
  • QRコード決済などの受付
  • 免税の導入

免税の導入と同時に、免税POSレジの活用もおすすめです。

免税POSレジとは免税手続きに対応しているレジシステムのこと。忙しい店舗スタッフでも、少ない研修の時間で免税手続きに慣れることができます。

サービスについて、詳しくは「免税POSレジとは?導入メリットから免税手続きの詳しい流れ、おすすめシステムまで紹介します」をご一読ください。

外国人観光客が増加するメリットを理解して、地域経済の活性化を

今回は外国人観光客が増加するメリットと、必要なインバウンド対策を紹介しました。

外国人観光客が増えることで、地方自治体には以下のメリットがあります。

  1. 地域経済の活性化につながる
  2. 人口減少をくい止める可能性がある
  3. 伝統文化や自然環境の保護につながる

そして業界ごとのインバウンド対策として、以下のことを紹介しました。

【地方自治体】

  • 多言語による観光情報サイトでの情報発信
  • Wi-Fi環境の整備
  • 多言語やピクトグラムを使った交通案内や地図の用意
  • 地方の観光資源を活かしたツアーの企画

【宿泊施設】

  • Wi-Fi環境の整備
  • チャットコンシェルジュの活用
  • 多言語による施設利用の注意書き
  • マナーを書いたパンフレットの配布

【飲食店】

  • 多言語メニューの用意
  • ベジタリアンやイスラム教徒などへ食材の対応
  • QRコード決済などの受付
  • 翻訳デバイスや通訳サービスの導入
  • Wi-Fi環境の整備

【小売店】

  • バイリンガル採用の活用
  • Wi-Fi環境の整備
  • QRコード決済などの受付
  • 免税の導入

自社の業界に必要なインバウンド対策を見て、できることからはじめてみてください。

また今回紹介したインバウンド対策を活用して、実際に地方創生に成功している自治体も少なくありません。

事例について、詳しくは「地域(地方)創生の事例3つ。インバウンド対策と絡めることで、人口減少のストップにつながる」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 訪日外国人はSNSをどのように利用している?最新のSNS事情をインバウンド対策に活かそう!

  2. ランドオペレーターはインバウンドの満足度を決める。役割や登録手続きなどを解説

  3. グリーンツーリズムとは?農村や漁村が地元独自の体験を提供することで、活性化につながる

  4. 空港受取型免税ECサービスが仙台空港でスタート。インバウンド対策として重要な免税店の状況とは?

  5. 訪日外国人向けアレルギーカードとは?飲食店が活用するメリットからおすすめカードまで解説

  6. 無料オンライン翻訳サービス8つ。英語や中国語を自動的に翻訳すれば、お客さまとスムーズにやり取りできる…

  7. スマートロックとは?アプリで鍵の開閉をすることで、ホテルや民泊の入退室がスムーズに

  8. CIQとは?意味や空港における重要性、体制強化の取り組みを徹底解説

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP