健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

近年、ジムの増加やオーガニック食材の流行など、世界的に健康に関する関心が高まっています。その流れは観光や旅行にも影響を与えており、「ウェルネスツーリズム」という言葉が広まるほど、大きなブームとなっています。

健康というと、病気の治療や改善が思い浮かびます。しかし、ウェルネスツーリズムでは治療を行いません。健康促進や維持を目的としており、実際のツアーでも、予防を中心に内容が企画されます。

しかし、旅行中に健康に気をつけるなんて、普通は難しいと考えるのではないでしょうか?食事や飲酒の機会も増え、生活リズムが乱れるイメージもありますよね。

実は、旅行中の生活はウェルネスツーリズムに最適。そして、日本は温泉や和食といった資源を多く持つ国でもあり、インバウンド需要に応えられる新たな観光方法として、注目されているのです。

今回は、ウェルネスツーリズムの概要や海外での成功事例、さらには日本のウェルネスツーリズムの取り入れ方を、NPO法人が提唱する認定基準に沿ってご紹介します。これを読めば、健康的な旅行のイメージが湧いてくるでしょう。

ウェルネスツーリズムは健康維持が目的の旅行

ウェルネスツーリズムという、健康を作り、維持するための観光や旅行。この新しいスタイルが今、世界的に注目されています。実際に、健康的なツアーの提唱によって、観光客が増加した国も報告されています。

ウェルネスツーリズムとは?

ウェルネスツーリズムとは、健康維持や精神的幸福を高めるために行われる、観光やアクティビティのことです。別名を「ヘルスツーリズム」や「スパツーリズム」とも言います。

健康と聞くと、治療や改善を思い浮かべますよね。しかし、ウェルネスツーリズムでは、病気治療は目的とされていません。健康維持や病気の予防を目的に行われており、温泉や森林療法、スパやヨガが当てはまります。

さらには、「旅行中の生活習慣がウェルネスツーリズムに最適だ」という声もあります。というのも、旅行中はついつい早寝早起きをしてしまった経験がありませんか?旅行では、規則正しい生活リズムに加えて、栄養バランスの取れた朝食、観光でのウォーキングなど、健康的な生活が整いやすい状態。

そのため、旅行中にウェルネスツーリズムを実施することが、最も取り入れやすいと言われているのです。

ウェルネスツーリズムの市場規模

ウェルネスツーリズムは、もともと海外で注目が高まっていました。健康維持が目的のツアー参加者も年々増えており、2020年には市場規模が8,000億ドルになると予測されています。

日本でも、観光庁が〝ニューツーリズム〟という「これまで気づかれていなかった観光資源の活用」を目標として掲げました。その中にウェルネスツーリズムも含まれており、新たな観光方法として、インバウンドへの対応も充実させる予定です。

海外でのウェルネスツーリズム活用事例

実際に、ウェルネスツーリズムでさらなる観光客を呼び込んだ国として、インドが例にあげられます。インドはグローバル・ウェルネス・ツーリズム会議にて、最もウェルネスツーリズムの成長が高くなると見込まれた国でもあるのです。

インドでは、ウェルネスツーリズムにアーユルヴェーダを起用しました。アーユルヴェーダとは、インド・スリランカ発祥の伝統医学。WHO(世界保健機構)にも予防医学として認定されているものです。

アーユルヴェーダと聞くと、オイルマッサージを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?しかし実際は、「体・心・生き方」の3つをケアすることがアーユルヴェーダだと言われています。マッサージはもちろん、食事などの生活習慣も、アーユルヴェーダに取り組む中で改善していきます。

実際に、「アナンダ・イン・ザ・ヒマラヤ」というスパリゾートが、アーユルヴェーダを利用したツアー企画を行いました。アーユルヴェーダだけでなく、ヨガやエクササイズ、バランスの取れた健康的な食事を提供する、7日間のプログラムを実施。徐々に注目が集まり、海外からの観光客を多く取り込むことに成功しました。

他にも中欧や東欧で、ホテルが提供するウェルネスツーリズムのツアーが人気を集めています。

日本でウェルネスツーリズを取り入れるために

海外で注目されている新たな旅行スタイル。実は、日本も実施に適している国だと言われています。

ウェルネスツーリズムの資源が豊富な日本

日本は、世界的に見ても平均寿命が長い国です。長生きの秘訣である日本の食事や生活習慣は、ウェルネスツーリズムとして訴求できるものばかりなのです。

主に、以下が日本のウェルネスツーリズムの資源と言われています。

  • 温泉
  • 和食
  • 森林

海外ではシャワーのみで済ませることが多く、温泉のような入浴習慣はありません。そのため、体が冷えやすくなる、新陳代謝が悪くなることもあります。また、和食はカロリーが低い食材や調理方法が多く使用され、通常の食事よりも、自然と摂取カロリーが下がります。

実際に、沖縄県南城市でメンタルヘルスツーリズムが展開されています。朝ヨガの実施や、アレルギーに対応した食事を提供しており、徐々に観光客を集めています。

認証基準に沿ったツアーを企画しよう

また、日本にはウェルネスツーリズムの認証基準が設けられています。この認証基準をクリアすることで、ウェルネスツーリズムとして観光客の呼び込みを行うことが出来ます。

認定基準を作ったのは、NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構。観光客にとって、以下の3つの基準が満たされているかをチェックしています。

  1. 安全性(設備の点検や注意事項の説明、個人情報の管理)
  2. 有効性(プログラム構成や参加者とのコミュニケーションの有無)
  3. 価値創造性(地域資源の活用や重要性を理解していること)

【参考】日本ヘルスツーリズム振興機構「ヘルスツーリズムの現状と認証基準について」

上記に加えて、近年はインバウンド対応もチェックされています。また、実際の効果に関して裏付けがなければ、観光客も効果を実感することが出来ません。本当に効果があるかどうかをデータで立証することで、より信頼感が増しますよね。

認定されるには、書面、訪問、参加者満足度測定といった3つの審査にクリアする必要があります。

ウェルネスツーリズムでインバウンド需要にも対応

訪日外国人からも、日本の資源である温泉やヘルシーな和食に注目が集まっています。しかし、実際により多くの訪日外国人を呼び込むとなると、以下の課題が見られます。

  • 温泉で裸になることへの抵抗
  • 宗教による食事制限

海外では、温泉とはいえ公共の場のため、水着を着ることが一般的。日本のような入浴スタイルも徐々に広まっていますが、抵抗が全くない訳ではありません。

また、イスラム教徒の食事制限や、世界全体ではベジタリアンも多く見られます。観光客が増えるにつれ、さまざまな宗教や食事スタイルに対応できるメニュー開発も、必要となってくるでしょう。

日本独自のウェルネスツーリズムの展開が、インバウンド対策にもなる

ウェルネスツーリズムという、病気の予防を目的とした旅行スタイル。世界的に注目が集まっており、実際にインドでは、アーユルヴェーダで健康維持を呼びかけるツアーを実施しました。この企画で、より多くの観光客を呼び込むことに成功しています。

海外だけでなく、日本でもウェルネスツーリズムを取り入れる動きは強まっています。というのも、日本は温泉や和食、森林といった資源を多く持つ国なのです。

ウェルネスツーリズムを実施するには、NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構の認証基準を満たすことが条件。安全性、有効性、価値創造性といった3つの基準をクリアすれば、国内だけでなくインバウンド需要にも対応できると期待されています。

訪日外国人には、宗教や嗜好による食事制限がある方もいます。また、そもそも裸で温泉に入る習慣がありません。今後増加するインバウンド対応の課題を解決しつつ、新たな観光方法として、ウェルネスツーリズムが人気を集めるはずです。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。


お問い合わせはこちら:

インバウンドNOW運営事務局

担当:陳、田中

proj_ana_media@g.s-cubism.jp

関連記事

  1. インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例

  2. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

  3. インバウンド対策とは?事例21選を交え徹底解説

  4. 「高野山 奥の院」がインバウンド観光地ランキング10位にランクイン。人気の理由とは?

  5. 訪日外国人向けプリペイドSIMで「繋がらない国ニッポン」返上なるか

  6. DMO(Destination Management Organization)とは?地域においてイ…

  7. ソーシャルバイヤーを活用して、中国人インバウンド客の対策をするには?

  8. 日本ユニシスと山陰インバウンド機構が連携、地域電子マネーなどで訪日外国人向けサービス開始

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP