USDと旅行アクティビティ予約サイト「Klook」が業務提携、インバウンド向けコワーキングスペースでチケットサービスを開始

 USD株式会社は、アジア最大級の旅行アクティビティ予約サイト「Klook」と業務提携し、インバウンド向けサービスを2018年5月1日より開始します。USDが運営する新宿のインバウンド向けコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」で、「Klook」のチケット受け取りサービスを開始する予定です。

旅行アクティビティ予約プラットフォーム「Klook」とは

 香港を拠点におくKlookは、アジアを中心とした旅行アクティビティ予約サイトです。人気のアトラクションや体験アクティビティなどのサービスが会員価格で予約できます。
 
 50ヶ国以上で展開しており、その約4割が中国圏(中国・香港・台湾)で、3割が東南アジアです。またKlookは世界的に有名なディズニーランドやユニバーサルスタジオを始め、5000社以上と直接契約を結んでいることから、信頼性抜群なプラットフォームといえるでしょう。

 Klookのモバイルアプリにおいては、App StoreとGoogle Playのベスト・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、素晴らしい実績も残しています。

 そのKlookが、2017年11月に日本市場での事業拡大を発表したことから、今回の事業提携の布石になっていたのかもしれません。

業務提携の内容について

 コワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」1階に、Klookチケットカウンターを併設することで、Klookで予約したチケットや入場券の受け渡しが行えるようになります。

 そしてUSDが手掛けている、京都・滋賀・沖縄と地域と連動した商品や、USDグループ企業の「ELLISTA」のオリジナルツアー「SHIMOKIATAZAWA Local Walking Tour」の販売もKlookのプラットフォームから予約できるなど、インバウンド集客を視野に入れた業務提携も開始される予定です。

 インバウンド向けのコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」が、世界的なコネクトのある「Klook」との提携により、さらなるインバウンド集客を見込めるものとなるでしょう。

参考:http://www.uds-net.co.jp/wordpress2/wp-content/uploads/2018/04/20180425_klook_inboundleague_final.pdf

関連記事

  1. 海外向け越境ECサイト制作での5つの課題と解決策。インバウンド消費の促進効果あり

  2. 中国四国農政局が観光マップを拡充、訪日観光客への対応強化

  3. インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよ…

  4. 健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

  5. インバウンド需要の変化に観光バスはどう立ち向かうのか

  6. 2018年1月より通訳案内士法が改正。訪日客と通訳ガイドはどうなる?

  7. インバウンドの施策:インスタグラムで訪日観光客を呼ぶ方法とは

  8. 訪日外国人向けプリペイドSIMで「繋がらない国ニッポン」返上なるか

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP