• 最終更新日
  • ノウハウ
  • この記事は約2分で読めます

USDと旅行アクティビティ予約サイト「Klook」が業務提携、インバウンド向けコワーキングスペースでチケットサービスを開始

 USD株式会社は、アジア最大級の旅行アクティビティ予約サイト「Klook」と業務提携し、インバウンド向けサービスを2018年5月1日より開始します。USDが運営する新宿のインバウンド向けコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」で、「Klook」のチケット受け取りサービスを開始する予定です。

旅行アクティビティ予約プラットフォーム「Klook」とは

 香港を拠点におくKlookは、アジアを中心とした旅行アクティビティ予約サイトです。人気のアトラクションや体験アクティビティなどのサービスが会員価格で予約できます。
 
 50ヶ国以上で展開しており、その約4割が中国圏(中国・香港・台湾)で、3割が東南アジアです。またKlookは世界的に有名なディズニーランドやユニバーサルスタジオを始め、5000社以上と直接契約を結んでいることから、信頼性抜群なプラットフォームといえるでしょう。

 Klookのモバイルアプリにおいては、App StoreとGoogle Playのベスト・オブ・ザ・イヤーに輝くなど、素晴らしい実績も残しています。

 そのKlookが、2017年11月に日本市場での事業拡大を発表したことから、今回の事業提携の布石になっていたのかもしれません。

業務提携の内容について

 コワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」1階に、Klookチケットカウンターを併設することで、Klookで予約したチケットや入場券の受け渡しが行えるようになります。

 そしてUSDが手掛けている、京都・滋賀・沖縄と地域と連動した商品や、USDグループ企業の「ELLISTA」のオリジナルツアー「SHIMOKIATAZAWA Local Walking Tour」の販売もKlookのプラットフォームから予約できるなど、インバウンド集客を視野に入れた業務提携も開始される予定です。

 インバウンド向けのコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」が、世界的なコネクトのある「Klook」との提携により、さらなるインバウンド集客を見込めるものとなるでしょう。

参考:http://www.uds-net.co.jp/wordpress2/wp-content/uploads/2018/04/20180425_klook_inboundleague_final.pdf

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. 【入門】はじめてインバウンド担当者になったら読みたい参考資料まとめ

  2. 中国の人気動画メディアbilibili(ビリビリ動画)とは?訪日中国人向けプロモーションへの活用法を…

  3. 兼六園がインバウンドから人気の観光地ランキングで第14位に。その理由とは?

  4. タイのサッカー選手・ティーラシンがサンフレッチェ広島へ加入。訪日タイ人への影響と地方へ呼び込む方法と…

  5. グレート・ファイアウォールの中国マーケティングへの影響とは。効果的なインバウンド対策を解説

  6. 「大本山 大聖院」がインバウンドに人気の観光地ランキング17位にランクイン!その人気に理由とは?

  7. 外国人採用でインバウンド対策を解決!経営者が考える不採用の理由とは

  8. 民泊データ分析サービスでインバウンド客のニーズを調査。人気の民泊を作るポイントとは

健康維持が目的のウェルネスツーリズム。資源豊富な日本で、新たなインバウンド対策になるか?

インバウンドが期待する日本のスポーツツーリズム。成功・失敗の事例をもとに訪日客対策を解説

PAGE TOP