Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?

大阪が外国人観光客から人気を集める3つの理由。集客につながったインバウンド対策とは?

「大阪で外国人観光客をよく見かけるけれど、どうしてそんなに人気なんだろう…」

と感じている方。

大阪は2018年、外国人から人気の都道府県ランキングにおいて、第2位を獲得しています。

大阪は外国人観光客からの人気を獲得するために、さまざまなインバウンド対策に取り組んできました。

地方自治体の担当者の方は、大阪が人気を集める理由や具体的なインバウンド対策を知ることで、集客のヒントを得ることができます。

そこで今回は、

  • 外国人観光客が増えている大阪について
  • 外国人観光客から人気を集める3つの理由
  • 大阪が取り組んだインバウンド対策

を紹介します。

「いきなりインバウンド対策に取り組むのはは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは都道府県ランキングの概要について、ざっくりと理解しましょう!

2018年、大阪を訪れる外国人観光客が増えている

観光庁のデータをもとに作成した「外国人観光客の数が多い都道府県ランキング」において、大阪は第2位に選ばれています。また2017年や2016年のランキングでも、大阪は第2位でした。

さらには訪日外国人の消費動向における2018年の「地域調査」で、大阪は

  • 1月〜3月:39.1%
  • 4月〜6月:41.8%
  • 7月〜9月:38.0%

と、高い訪問率を記録しています。

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査」
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

特に1月〜3月期、4月〜6月期の訪問率は全国で1位に輝いています。

次は大阪を訪れる外国人観光客について、詳しく見ていきましょう。

大阪を訪れた外国人観光客の数

ここからは大阪府が公表しているデータをもとに解説します。

出典:大阪府「大阪の観光動向について」
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/33874/00294944/02shiryou1.pdf

2017年に大阪を訪れた外国人観光客の数は、約1,111万人でした。

観光客数の推移は、以下の通りです。

  • 2015年:716万人
  • 2016年:960万人
  • 2017年:1,111万人

2015年からの3年間で、約400万人も増えていることがわかります。

また大阪は、目標として「2020年までに訪日外国人の数を1,300万人に増やす」と宣言しています。

大阪を訪れる外国人観光客の特徴

大阪府のデータから、大阪を訪れる外国人の特徴として、

  • 国籍
  • 訪日回数
  • 消費額と内訳

を紹介します。

国籍

大阪へ訪れる訪日客の国籍は、以下の国が多いです。

  • 中国:36.2%
  • 韓国:21.7%
  • 台湾:12.6%
  • 香港:6.7%

東アジアからの観光客が、半数を占めています。一方で欧米豪からの観光客は、ほとんどの国で5%未満とまだまだ多くはありません。

訪日回数

観光客の訪日回数は、以下の通りです。

  • 初めて:73%
  • 2回目:10%
  • 3回目:6%
  • 4回目:3%
  • 5回目:2%

大阪を訪れる外国人は、リピーターが少なくありません。特に東アジアからの観光客は、20%以上が複数回の来日です。

消費額と内訳

全国における訪日外国人の消費額と、大阪における消費額の平均値を比べてみましょう。

  • 全国:15万3,921円
  • 大阪:10万6,645円

内訳は以下の通りです。

【全国】

  • 買い物:5万7,154円
  • 宿泊費:4万3,397円
  • 飲食費:3万869円
  • 娯楽やサービス:5,014円
  • 交通費:1万6,974円

【大阪】

  • 買い物:5万3,286円
  • 宿泊費:2万2,847円
  • 飲食費:1万5,294円
  • 娯楽やサービス:7,835円
  • 交通費:6,522円

大阪を訪れる観光客は「宿泊」や「飲食」よりも、「買い物」にお金をかける傾向が強いことがわかります。

買い物の消費額が大きいこともあり、大阪では免税制度を活用する小売店も少なくありません。実際に大阪にある免税店の数は、2018年時点で4,769店まで増加しています。

出典:観光庁「都道府県別消費税免税店数(2018年4月1日現在)について」

ここまで大阪を訪れる外国人観光客について、ざっくりと解説しました。

とはいえ、なぜ大阪が人気を集めるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、大阪が外国人から人気を集める理由をお伝えします。

外国人観光客から大阪が人気を集める3つの理由

ここからは大阪が人気を集める理由として、

  1. 観光資源が多い
  2. 関西観光の拠点である
  3. 交通アクセスが整備されている

の3つを紹介します。

理由1:観光資源が多い

大阪は国内でも観光資源の多いエリアです。

例えば、

  • 観光スポット
  • 買い物
  • 食文化
  • テーマパーク
  • スポーツ

などです。

特に人気は「買い物」と「食事」。

例えば難波にある「大阪高島屋」では、2017年の売上が1,414億円を記録し、グループ内の17店舗の中で1位になりました。そのうち240億円は、免税による売上です。

出典:Re-urbanization再都市化「高島屋大阪店(本店)の2017年度の売上高が全店1位となる1414億円を記録!」

高島屋大阪店(本店)の2017年度の売上高が全店1位となる1414億円を記録!

外国人観光客のさまざまなニーズに応えることができる場所のため、支持されています。

理由2:関西観光の拠点になる

大阪は関西観光の拠点になることが多いです。

理由は例えば、

  • 関西国際空港がある
  • 京都や奈良に日帰りでアクセスできる
  • ホテルなどインバウンド向け施設も充実している

などです。

大阪を拠点にして、京都や奈良など世界遺産の多いエリアを観光する人も少なくありません。また大阪には滞在施設や飲食店も多いため、外国人観光客が過ごしやすい環境が整っています。

理由3:交通アクセスが整備されている

関西国際空港に就航するLCCの数は日本で最も多く、主に韓国や中国、台湾など東アジアからの便を受け付けています。

アジアからのLCCが就航したことで、外国人観光客の利用が増加。大阪での滞在につながっています。

また関西国際空港が、2018年9月の台風21号で被害を受けたことは、記憶に新しいかと思います。しかし災害後の対策によって、観光客を呼び戻しています。

対策について、詳しくは「関西地区で動画発信やクーポン配布などによるインバウンド誘致。台風被害からの回復をアピール」をご一読ください。

ここまで大阪が人気を集める理由について、解説しました。

人気の理由は、立地やアクセスのしやすさだけではありません。大阪府が取り組んでいるインバウンド対策も関係しています。

次で詳しく解説しますね。

大阪が外国人観光客の集客のために取り組んだ3つのインバウンド対策

インバウンド対策として、

  1. 多言語対応の強化
  2. 無料Wi-Fiの設置
  3. クーポンの配布

の3つを紹介します。

対策1:多言語対応の強化

大阪府では、多くのエリアで多言語の対応に力を注いでいます。

例えば、食品関係の店舗が並ぶ「黒門市場」では、商店街振興組合の主催で英会話教室を開催しています。この教室で、外国人への接客に必要なコミュニケーションを学ぶ店舗も少なくありません。

実際に店頭で英語や中国を交えながらコミュニケーションを取ると、外国人観光客からは「安心して食べ歩きができる」などの声もあります。多言語対応の強化は、集客や売上アップにつながる重要なインバウンド対策です。

対策2:無料Wi-Fiの設置

訪日外国人の多くは、観光地の情報収集などにSNSやWebサイトを活用しています。これらの利用にはインターネット環境が必要なため、無料で利用できるWi-Fiの設置は欠かせません。

大阪府では観光庁が提供する「Japan.Free Wi-Fi」の登録店舗が、2019年3月時点で1万1,826件を突破しています。

Wi-Fiの必要性については、「訪日外国人のために無料Wi-Fiが必要な理由とは?行政の業務と結びつけたバルセロナの事例も紹介」をご一読ください。

対策3:クーポンの配布

大阪府では、クーポンの配布によって消費を促進させる取り組みにも挑戦しています。

例えば2018年には、道頓堀エリアにある飲食店やクラブなどで、21〜24時にかけて利用できるクーポンを配布しました。

というのも外国人観光客は、夜まで観光を楽しみたいと考える人が少なくありません。

しかし日本では、まだまだ夜の時間帯の消費である「ナイトタイムエコノミー」に遅れがあり、外国人が夜まで遊べる施設は少ないのが現状です。そのために娯楽やサービスの消費額が少ないと大阪府は考え、クーポンの配布が実行されました。

クーポンを配布することで、外国人観光客は夜の時間帯に出かけるハードルが下がります。これにより、大阪はナイトタイムエコノミーに強い街として認識されています。

大阪のインバウンド対策を参考に、1つでもよいのでできることからはじめてみるのがおすすめです。

大阪が外国人観光客を集めたように、インバウンド対策で集客を

今回は、大阪府が外国人観光客から人気を集める理由について解説しました。

おさらいすると、人気の理由は以下の3つです。

  1. 観光資源が多い
  2. 関西観光の拠点になる
  3. 交通アクセスが整備されている

そして大阪府が取り組んだインバウンド対策として、以下の3つを紹介しました。

  1. 多言語対応の強化
  2. 無料Wi-Fiの設置
  3. クーポンの配布

また大阪は韓国人観光客向けに、国や民間企業が一体となる「大阪一丸キャンペーン」も取り組んでいます。

詳しくは「「大阪一丸キャンペーン」とは?インバウンド客を呼び込むために官民一体となって取り組みを実施」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  2. 【2018年最新版】外国人観光客から人気の都道府県ランキング。地方が上位に入るためのインバウンド対策…

  3. JAPAN Trip Navigatorとは?AIを使ったアプリで訪日観光客の観光サポートを実現

  4. 増加する外国人観光客のマナー問題。トラブル事例と対策を解説します

  5. 飲食店のガラス面を利用したインバウンド対策実験。NTT東日本など4社合同で開始

  6. 沖縄美ら海水族館がインバウンドに、人気の観光地ランキングで第18位にランクイン。その理由とは?

  7. 中国四国農政局が観光マップを拡充、訪日観光客への対応強化

  8. 東京海上、ツイッターやSNSなどからインバウンド客投稿データを無償提供

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP