Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約2分で読めます

中国四国農政局が観光マップを拡充、訪日観光客への対応強化

 岡山県にある中国四国農政局は、訪日観光客らを対象に、管内9県(鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知)の観光農園や農家レストランを紹介する「中国四国『食と農』のポータルマップ」を作りました。

 ポータルマップで紹介されているのは、観光農園(42ヶ所)、農産物直売所(28ヶ所)、農家レストラン(21ヶ所)、農林漁家民宿(27ヶ所)、酒蔵(6ヶ所)、景観スポット(棚田、ため池、疏水)、郷土料理(各県2品)です。

 ポータルマップは、英語版(5,000部)と施設のスタッフに向けて作られた日本語版(500部)の2種類を用意、各県の外国人観光案内所などで無料配布するとともに、同農政局のホームページに掲載しています。

訪日観光客のニーズ変化と地方の活性化

 今回のポータルマップは、2017年に中国四国農政局が作成したポータルマップの改訂版です。改訂された大きなポイントは、

  1. 英語版の作成
  2. 紹介内容の拡充

の2点。2017年版では各スポットの名称を英語表記するだけであったものが、改訂版では観光スポットや宿泊先などの住所をはじめ、スタッフが対応できる言語まで、すべて英語で記載されています。

 また、前回のポータルマップと比較して紹介件数も2倍近くにボリュームアップされており、郷土料理は岡山県の「ままかり寿司」、広島県の「あなご飯」など、各県2品ずつ写真付きで説明を読むことが可能です。同農政局は「外国とは違った魅力のある農村の風景や食を知ってもらい、訪れてほしい」としています。

 訪日観光客は近年、よりディープな日本文化の体験を求めており、リピーターを中心に地方への訪問が人気です。ポータルマップの拡充は、そのような訪日観光客のニーズに応え、地方の活性化へつなげる動きと言えます。

参考:http://www.sanyonews.jp/article/707274/1/

関連記事

  1. オリンピックでのインバウンド効果持続のために、日本が解決すべき課題5つ

  2. 東京都江戸東京博物館がインバウンドから、人気の観光地ランキングで第20位にランクイン。その理由とは?…

  3. 東武鉄道のインバウンド対策10個。訪日外国人を日光に約10万人も呼び込んだコツとは?

  4. 「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」とは?メディアと店舗から台湾と香港のインバウンド客にアプローチ

  5. USDと旅行アクティビティ予約サイト「Klook」が業務提携、インバウンド向けコワーキングスペースで…

  6. ビジット・ジャパン・キャンペーンとは?訪日外国人を増やすコツは、海外メディアや企業と協力すること

  7. インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します

  8. 中国で人気の快手(Kuaishou)とは?アプリの使い方から活用するメリットまで解説します

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP