中国四国農政局が観光マップを拡充、訪日観光客への対応強化

 岡山県にある中国四国農政局は、訪日観光客らを対象に、管内9県(鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知)の観光農園や農家レストランを紹介する「中国四国『食と農』のポータルマップ」を作りました。

 ポータルマップで紹介されているのは、観光農園(42ヶ所)、農産物直売所(28ヶ所)、農家レストラン(21ヶ所)、農林漁家民宿(27ヶ所)、酒蔵(6ヶ所)、景観スポット(棚田、ため池、疏水)、郷土料理(各県2品)です。

 ポータルマップは、英語版(5,000部)と施設のスタッフに向けて作られた日本語版(500部)の2種類を用意、各県の外国人観光案内所などで無料配布するとともに、同農政局のホームページに掲載しています。

訪日観光客のニーズ変化と地方の活性化

 今回のポータルマップは、2017年に中国四国農政局が作成したポータルマップの改訂版です。改訂された大きなポイントは、

  1. 英語版の作成
  2. 紹介内容の拡充

の2点。2017年版では各スポットの名称を英語表記するだけであったものが、改訂版では観光スポットや宿泊先などの住所をはじめ、スタッフが対応できる言語まで、すべて英語で記載されています。

 また、前回のポータルマップと比較して紹介件数も2倍近くにボリュームアップされており、郷土料理は岡山県の「ままかり寿司」、広島県の「あなご飯」など、各県2品ずつ写真付きで説明を読むことが可能です。同農政局は「外国とは違った魅力のある農村の風景や食を知ってもらい、訪れてほしい」としています。

 訪日観光客は近年、よりディープな日本文化の体験を求めており、リピーターを中心に地方への訪問が人気です。ポータルマップの拡充は、そのような訪日観光客のニーズに応え、地方の活性化へつなげる動きと言えます。

参考:http://www.sanyonews.jp/article/707274/1/

関連記事

  1. SNSアプリ“派派(paipai)”とは?中国人が化粧品や医薬品の口コミをチェックする理由を解説しま…

  2. 「東大寺」がインバウンド観光地ランキング5位にランクイン!その人気の理由とは?

  3. Tik Tok(抖音)とは?中国発の動画投稿アプリとその使い方について徹底解説

  4. ソーシャルバイヤーを活用して、中国人インバウンド客の対策をするには?

  5. インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例

  6. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

  7. 2018年1月より通訳案内士法が改正。訪日客と通訳ガイドはどうなる?

  8. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP