Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

2019年にラグビーワールドカップが日本で開催!期待できる経済効果や訪日外国人のニーズとは?

「ラグビーワールドカップの時期にも、インバウンド効果ってあるのかな」

と感じている方。

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップでは、以下の経済効果が期待されています。

  • 約40万人の訪日外国人
  • 1,057億円の消費支出

また試合の開催地が日本全国であることから、訪日外国人の地方訪問につながる可能性も少なくありません。そのため、ラグビーワールドカップは地域の交流人口の増加や経済の活性化につながります。

しかし、具体的に何を対策すればよいのかはわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • ラグビーワールドカップの概要と開催都市
  • ラグビーワールドカップによる経済効果
  • 大会時期に訪日する外国人の特徴とニーズ

を紹介します。

「いきなりニーズを理解するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは2019年のラグビーワールドカップについて、ざっくりと理解しましょう!

2019年、ラグビーワールドカップが日本で開催!日程や会場、チケットの値段は?

ラグビーワールドカップについて、

  • 概要
  • 開催地

を紹介します。

ラグビーワールドカップとは、世界で3番目に大きなスポートイベント

ラグビーワールドカップは、2019年9月20日(金)〜11月2日(土)まで44日間にわたって開催されるスポーツイベントです。

ラグビーワールドカップは今まで、イギリスなど欧米圏で開催されることの多いイベントでした。そして入場者数の多さなどから「世界で3番目に大きなスポートイベント」といわれています。

例えば2019年のチケットは、5,000〜7万円のものが30万枚ほど用意されていました。しかしその応募数は約86万4,000枚と、予想を上回る結果が出ています。

さらに日本での開催はアジア初でもあるため、盛り上がりや経済効果を期待する人も少なくありません。

多くの人々から注目を集めるイベントです。

ラグビーワールドカップの開催地と会場一覧

ラグビーワールドカップは、日本全国にある12の都市と会場で開催されます。

【東日本】

  • 北海道・札幌市:札幌ドーム
  • 岩手県・釜石市:釜石鵜住居復興スタジアム
  • 埼玉県・熊谷市:熊谷ラグビー場
  • 東京都・調布市:東京スタジアム
  • 神奈川県・横浜市:横浜国際総合競技場
  • 静岡県・袋井市:小笠山総合運動公園エコパスタジアム
  • 愛知県・豊田市:豊田スタジアム

【西日本】

  • 大阪府・東大阪市:東大阪市花園ラグビー場
  • 兵庫県・神戸市:神戸市御崎公園球技場
  • 福岡県・福岡市:東平尾公園博多の森球技場
  • 熊本県・熊本市:熊本県民総合運動公園陸上競技場
  • 大分県・大分市:大分スポーツ公園総合競技場

ラグビーの試合は、毎日開催されるわけではありません。次の試合までの期間、訪日外国人は地域や周辺都市を観光する可能性があります。

イベントにあわせて集客に取り組み、インバウンド対策を用意することで、地域の経済活性化が期待できます。

とはいえ、イベントでどのような経済効果がもたらされるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、ラグビーワールドカップの経済効果について予想を紹介します。

ラグビーワールドカップの訪日外国人による経済効果は?前大会と今回の予想を紹介

ラグビーワールドカップの経済効果を、

  • 2015年のイングランド大会
  • 2019年の日本大会

にわけて紹介します。

2015年のイングランド大会に発生した経済効果

2015年に開催された前回のラグビーワールドカップでは、約247万人が開催地であるイギリスのスタジアムを訪れています。そのうち約40万6,000人が14日間イギリスに滞在し、試合観戦と一緒に観光を楽しみました。

そしてイベントによる経済効果は、23億ポンド(約4,000億円)と報告されています。そして全世界で約40億人が試合を観戦するなど、大きな影響をもたらしています。

出典:スポーツ庁Web広報マガジンDEPORTARE「「40万」人もの外国人が日本へ!ラグビーワールドカップ2019™ でホスト国に期待される効果とは?」
https://sports.go.jp/special/value-sports/402019-1.html

2019年の日本大会で予想される経済効果

ラグビーワールドカップ2019組織委員会がまとめたレポートでは、2019年の大会によって4,372億円の経済効果を期待しています。またイベントにあわせて約40万人の訪日外国人が訪れ、1,057億円の消費支出につながるとも予測しました。

イベントによる経済効果は消費だけではありません。約2万5,000人の新たな雇用が生まれ、その雇用は大会後も継続するといわれています。

出典:ラグビーワールドカップ2019組織委員会「ラグビーワールドカップ2019 大会前経済効果分析レポート」
https://www.rugbyworldcup.com/news/321850?lang=ja

ここまでラグビーワールドカップによる経済効果を紹介しました。

このようにイベントをきっかけとして、多くの外国人が訪日旅行を計画する可能性があります。

そこで次は、ラグビーワールドカップに合わせて訪日する外国人の特徴やニーズを紹介します。

ラグビーワールドカップに訪日する外国人の特徴とニーズ

ここからはラグビーワールドカップに増える訪日外国人の特徴として、

  1. 欧米豪からの日本初心者
  2. 長期的な滞在
  3. 富裕層や準富裕層
  4. アルコール好き

の4つを紹介します。

特徴1:欧米豪からの日本初心者

ラグビーはイギリスで発祥したスポーツです。その後は世界各国で広まり、現在はオーストラリアやニュージーランドなど、オセアニアやヨーロッパを中心に広まっています。

実際にラグビーワールドカップの参加国を見ても、欧米豪からのチームが少なくありません。そのため観戦客も、各国のファンが多いと予測されています。

しかし現在までの訪日客は中国や韓国、台湾、香港など東アジアが多く、欧米豪はまだまだそれほど多くはありません。そのため大会にあわせて訪日する欧米豪の観光客は、日本初心者の可能性が高いです。

初めて訪日する観光客は、日本語を話せないことが多いです。そのため英語や自国の言語など、多言語での対応が欠かせません。

多言語対応は、翻訳ツールの導入が時間やコストを削減できておすすめです。

詳しくは「多言語音声翻訳でインバウンド対策できるアプリや端末まとめ」をご一読ください。

特徴2:長期滞在のできる観光客

ラグビーワールドカップは合計44日間と、開催期間が長いです。そのため訪日外国人の滞在も、長期になる可能性が少なくありません。

長期的な訪日旅行では、「日本らしい体験」を求める傾向があります。そのため着物の体験や日本食の提供など「コト消費」を用意することで、訪日外国人の満足度を高めることが可能です。

コト消費と地方の関係性について、詳しくは「コト消費がインバウンド産業に与える影響とは?地方はモノ消費と絡めて集客につなげよう」をご一読ください。

特徴3:富裕層や準富裕層

ラグビーのファンは富裕層が多いです。また観戦チケットの金額や日本までの旅費の高さからも、富裕層や準富裕層の訪日が期待できます。

富裕層は旅行中、消費にお金を惜しむことがあまりありません。地域の高級食材や美術品、工芸品などをアピールすると、購入につながる可能性があります。

特徴4:アルコール好き

ラグビーの試合では、ビールを飲みながら観戦する人が少なくありません。さらに欧米人は、もともとアルコールの消費量が多いです。

WHOが発表したアルコール摂取ランキングでも、以下の結果が明らかになっています。

【世界のアルコール消費量国別ランキング・推移】

  • 第25位イギリス:9.81リットル
  • 第26位オーストラリア:9.71リットル
  • 第34位ニュージーランド:9.24リットル
  • 第64位日本:6.86リットル

出典:GLOBAL NOTE「世界のアルコール消費量 国別ランキング・推移(WHO)」
https://www.globalnote.jp/post-3958.html

結果を見ると、欧米豪のアルコール消費量は、日本の約1.5倍にものぼりますよね。

日本での試合でも、アルコールの消費が活発になることが期待できます。試合までに地ビールやアルコールに合う食材を紹介することで、売上アップにつながることも少なくありません。

ビールや食材、先ほどの工芸品などは、事前にプロモーションを通して知ってもらうと売上につながりやすいです。

インバウンドプロモーションについて、詳しくは「インバウンドプロモーションとは?インバウンド獲得に必要なポイントやおすすめプロモーション会社まで解説」をご一読ください。

ラグビーワールドカップのインバウンド需要を理解して、地域の活性化につなげる

今回はラグビーワールドカップの概要と経済効果について解説しました。

おさらいすると、2019年のラグビーワールドカップでは約40万人の訪日外国人が訪れ、1,057億円の消費支出につながると予想されています。

そしてイベントにあわせて訪日する外国人の特徴として、以下の4つをお伝えしました。

  1. 欧米豪からの日本初心者
  2. 長期的な滞在
  3. 富裕層や準富裕層
  4. アルコール好き

それぞれのニーズにあわせたおもてなしを用意することで、地域経済の活性化が期待できます。

また地方に訪日外国人を呼び込むためには、行政と民間がDMOとして連携することもおすすめです。

DMOについて、詳しくは「DMO(Destination Management Organization)とは?地域においてインバウンドを獲得する仕組みを解説」をご一読ください。

PR:旅マエの旅程検討者にリーチ

ANAの媒体を使って航空券購入者へ街やお店の魅力を直接訴求します。

関連記事

  1. 興行チケットの予約サイトがインバウンドから人気の理由とは?おすすめサイトも紹介します

  2. 外国人観光客が増加するメリット。集客に必要なインバウンド対策とは?

  3. 株式会社ZOZOの前澤氏がWeiboやWeChatなど、中国のSNS運用をスタート。その理由とアカウ…

  4. 【2018年最新版】外国人観光客から人気の都道府県ランキング。地方が上位に入るためのインバウンド対策…

  5. 海外向けプレスリリース配信で商品の認知度アップと集客を。6つのおすすめ企業を紹介します

  6. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

  7. 【2019年最新】ゴールデンウィークのインバウンド需要は?注目すべきポイントや旅行動向の見通しを紹介…

  8. インバウンド集客に必要なベジタリアンやビーガンへの対応とは?知っておきたいポイントや事例を解説

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP