Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

新元号が「令和」に決定!出典や意味、読み方、海外の反応などをまとめて解説します

「新元号が令和に決まったけれど、海外からも興味を持たれているのかな」

と感じている方。

2019年4月1日、新しい元号が「令和(レイワ)」に決まったと発表されました。令和の出典は万葉集であり、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められています。

また海外からもさまざまな反応があり、新元号をきっかけに日本に興味を持つ人も少なくありません。

とはいえ、令和の出典や意味、海外からの反応などは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 令和の出典や意味、読み方
  • 令和に対する海外からの反応

を紹介します。

「令和の意味を理解するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは令和について、ざっくりと理解しましょう!

新元号「令和」の意味は何?読み方や英語表記、出典を紹介

2019年4月1日、菅内閣官房長官によって新元号が「令和」に決まったことが発表されました。5月1日に皇太子さまが天皇陛下に即位されるのと同時に、現在の元号である「平成」が新元号の「令和」に変わる予定です。

今まで天皇陛下が生前に退位し、皇位を継承したことはありません。令和は日本の憲政で初めて、生前退位にともなって変更された改元となります。

令和の読み方やアルファベット表記、漢字の正しい書き方

新元号の令和は、248番目の元号です。読み方は“レイワ”であり、アルファベットでは“Reiwa”と表記します。アクセントについても議論されていますが、まだ正式には決まっていません。

英語では「beautiful harmony(美しい調和)」と表記することを、外務省は発表しています。

また日本人が令和の文字を書くときは、5画目をななめに置く楷書体の「令」を用います。もしくは発表時に使用されていた明朝体の「令」、すなわち5画目を縦長に書く方法も使用可能です。基本的にはどちらでも問題ありません。

続いては、令和の意味や由来を見ていきましょう。

令和の出典は万葉集にある「梅花の歌32首」の序文

令和の由来は万葉集の巻五にある「梅花(うめのはな)の歌32首 序文」からです。出典が明らかになっている元号の中で、日本古典を由来とするものは令和が初めてです。

原文や意味は以下の通りです。

【白文】
天平二年正月十三日萃于帥老之宅申宴會也 于時初春令月氣淑風和梅披鏡前之粉蘭薫珮後之香

【書き下し文】
天平二年正月十三日 帥の老の宅に萃まりて宴会を申く。時に初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き蘭は珮後の香を薫ず。

【現代語訳】
天平2年1月13日、大宰の帥の邸宅(太宰府)で観梅の宴会を開いた。時はあたかも新春のよい月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のように白く咲き、蘭は身を飾った人から香るような高貴なかおりをただよわせている。

この序文は天平2年1月13日に、太宰府の長官である大伴旅人の邸宅で開かれた宴の様子を表しています。

令和の意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」

令和は先ほど紹介した「于時初春月氣淑風(時に初春の令月にして気淑く風和ぎ)」の部分から取られました。

令は「命令」などに使用していることから、マイナスイメージを抱く人が少なくありません。しかしこの序文で、令の文字は「物事のツヤがあるように美しい」という意味で使われています。

実際に安部首相も、令和の意味について「令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められている」と述べています。

令和は9人の有識者によって決定

新元号は「元号に関する懇談会」に集まった9人の有識者によって決定されました。

参加者は以下の通りです。

  1. 上田良一さん:日本放送協会会長
  2. 大久保好男さん:日本テレビ放送網代表取締役社長
  3. 鎌田薫さん:早稲田大学第16代総長
  4. 榊原定征さん:東レ株式会社相談役
  5. 白石興二郎さん:読売新聞グループ本社代表取締役会長
  6. 寺田逸郎さん:第18代最高裁判所長官(2018年に定年退官)
  7. 林真理子さん:小説家
  8. 宮崎緑さん:千葉商科大学国際教養学部教授兼学部長
  9. 山中伸弥さん:京都大学iPS細胞研究所所長

「令和」以外の新元号の候補

改元にあたって、令和以外にもいくつかの元号が考えられていました。

新元号の候補だったのは、以下5つです。

  1. 英弘(エイコウ)
  2. 久化(キュウカ)
  3. 広至(コウシ)
  4. 万和(バンナ)
  5. 万保(バンポウ)

ここまで令和の出典や意味について解説しました。

新元号については、日本だけでなく海外からも注目が集まっています。次で詳しくお伝えしますね。

新元号「令和」に対する海外の反応

ここからは令和に対する海外の反応を、

  • 欧米
  • 東アジア

にわけて紹介します。

欧米の令和に対する反応

新元号の発表後、世界でも日本の元号が「令和」に決まったことが報道されています。

しかし令和の英語表記や意味について、さまざまな形で伝えられています。

例えば以下の通りです。

【イギリスのBBC放送】

  • 英訳:Order and Harmony(秩序と調和)
  • 意味:「令」は指令や命令の文字として使われているが、一方で「auspicious(縁起が良い)」「good(良い)」としても使用できる。和には「harmony(調和)」「peace(平和)」などの意味がある。

【イギリスのロイター通信】

  • 英訳:Order and Harmony(秩序と調和)
  • 意味:令は「command(指令)」の意味でよく使われているが、「good(良い)」など肯定的な意味もある。和は「peace(平和)」や「harmony(調和)」の意味がある。

【アメリカのAP通信】

  • 英訳:Pursuing Harmony(調和を希少する)
  • 意味:令は「good(良い)」や「beautiful(美しい)」、和は「peace(平和)」や「harmony(調和)」、「mild(優しい)」などの意味がある。

【アメリカのニューヨークタイムズ】

  • 英訳:Order and Peace(秩序と平和)、Auspicious Harmony(縁起が良い調和)
  • 意味:令は「order(秩序)」や「law(法)」などの意味がある。

「令」の意味に注目が集まっていますが、基本的には「good」など良い意味として受け止められています。

東アジアの令和に対する反応

アジアからは反応の大きかった

  • 韓国
  • 台湾
  • 中国

を紹介します。

韓国は元号の制度を知らない人が多数

韓国では、令和に対する反応が以下の3つにわかれています。

  1. 元号の制度を初めて知った
  2. 「令」という字が「零」と同じ発音のため、零戦をイメージしてしまう
  3. 新しい時代が始まることで、日韓関係が良くなることを願う

韓国には元号の制度がありません。そのため今回の報道で初めて知ったという人が、全体の3分の2を占めていました。

また「太平洋戦争で使用していた戦闘機『零戦』をイメージさせる」などマイナスな印象も。

しかし多くの人は日韓関係が良くなることを願うなど、基本的には良いイメージを抱いています。

台湾はニュース番組で日本の新元号について紹介

台湾では日本の新元号に対して、多くの注目が集まっていました。なぜなら台湾のニュース番組で日本の新元号に関する特番が組まれ、皇位継承などについて解説していたからです。

また台湾では、日本の新元号の予想ランキングも作成されていました。

ランクインした予想には、

  • 新平成
  • 平成第二章
  • 大福

など、冗談を含んだものも発表されています。

台湾では日本の新元号について、肯定的に捉えられていることがわかります。

中国では日本の新元号の出典について注目

中国では「令和」に対して、多くの注目が集まっています。

理由は主に、以下の2つです。

  • 今までは中国の古典から引用されていた元号が、今回から日本の古典を参考にしているから
  • 令和の出典である万葉集の序文が、中国の古典『帰田賦』に似ているから

中国の古典『帰田賦(キデンノフ)』には、以下のような一説があります。

【原文】
仲春令月、時和気清。原湿郁茂、百草滋栄。

帰田賦を万葉集と比べてみましょう。

  • 帰田賦:仲春月、時気清
  • 万葉集:初春月、気淑風

文字の位置が類似している、と感じている人も少なくありません。そのため中国では「令和の由来は中国の古典なのではないか」と注目を集めています。

このように新元号をきっかけに日本に興味を持つ外国人は、今後も増える可能性があります。

訪日外国人が増えるきっかけになる可能性もあるため、今後もインバウンドの動向に注目してみてください。

新元号「令和」の決定を、日本に興味を持つ外国人を増やすきっかけに

今回は新元号「令和」について解説しました。

おさらいすると令和の出典は万葉集であり、意味は「令和には人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」というものです。

また海外からの反応として、以下を紹介しました。

【欧米】
「令」の意味について注目するメディアが多い。

【韓国】
韓国には元号の制度がないため、今回の改元で初めて元号の制度について知った人が多い。

【台湾】
ニュース番組で特番を組んで、新元号や皇位継承について解説。

【中国】
令和の出典である万葉集の序文が中国の古典『帰田賦』に似ていることから、多くの人が出典に注目。

今回の改元をきっかけに、日本に興味を持つ人も少なくありません。

そして今後も、ラグビーワールドカップやオリンピックなど日本に注目の集まるイベントが開催予定です。訪日外国人が増える可能性もあるため、今後もインバウンドの動向に注目してみてください。

また日本の文化だけでなく、海外の文化や歴史などを知ることもインバウンド対策としておすすめです。

例えば中国の「清明節」。これは春分の日から15日後にあたる祝日であり、中華圏の文化として親しまれています。

清明節について、詳しくは「中国圏の祝日「清明節」とは。わかりやすく紹介します」をご一読ください。

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 万国博覧会(万博)の開催でインバウンド市場はどうなる?2025年大阪万博の概要や経済効果を徹底解説!…

  2. クルーズ観光のインバウンド課題「消費額アップ」のコツとは。那覇港の事例から学ぶ

  3. 台湾最大級オンライン旅行サイト「KKday」で飲食店の情報掲載がスタート。サイトの特徴とともに解説し…

  4. 【2019年版】訪日外国人のランキングまとめ。インバウンドの最新予想も紹介します

  5. 免税POSレジとは?導入メリットから免税手続きの詳しい流れ、おすすめシステムまで紹介します

  6. 民泊データ分析サービスでインバウンド客のニーズを調査。人気の民泊を作るポイントとは

  7. 「リアルアフィリエイト」が小売店の新たな集客ツールに。QRコード決済などキャッシュレス化も用意し、イ…

  8. 【アジア圏向け】旅マエメディア12個のまとめ。ターゲットごとに使い分けてさらなる集客を

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP