Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

アリババ傘下のFliggy(フリギー)と日本の企業が続々提携。2019年から始まった新サービス「フリギーゴー」についても解説!

「Fliggy(フリギー)って、いったいどんなサービスなんだろう…」

と思っている方。

Fliggy(フリギー)はアリババグループ傘下のサービスで、中国人向け旅行サービスプラットフォームを提供しています。

中国では約2.7億人がFliggy(フリギー)に登録しており、中国からのインバウンドを獲得する上で注目すべきサービスです。

とはいえ、具体的にどのようなものなのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • Fliggy(フリギー)は中国人2.7億人が登録する、中国人向け旅行サービスプラットフォーム
  • 2019年3月開始の新サービス「Fliggy Buy(フリギーゴー)」で、日本での買い物がもっと便利に
  • Fliggy(フリギー)と日本企業の提携事例

の順にお伝えします。

中国の旅行サービス活用はハードルが高く感じるかもしれませんが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、Fliggy(フリギー)について知りましょう!

Fliggy(フリギー)は中国人2.7億人が登録する、中国人向け旅行サービスプラットフォーム

Fliggy(フリギー)は中国人2.7億人が登録する、中国人向け旅行サービスプラットフォームです。

そもそもは2014年に旅行専用プラットフォーム「Alitrip(アリトリップ)」としてオープンしましたが、2016年10月に名称を「Fliggy(フリギー)」に変更。Fliggy(フリギー)を運営するのは、世界最大の流通総額を持つ中国のオンラインモバイルコマース会社「アリババグループ」です。

Fliggy(フリギー)ではプラットフォーム内で

  • 25万軒以上のホテル・宿泊施設
  • 200万点以上の旅行サービス商品
  • 500カ所以上の世界の観光スポット

など、旅行に関するあらゆる情報を扱っています。

Fliggy(フリギー)を活用することで、海外の魅力的な旅行商品を中国人に広く紹介してもらうことが可能です。

プラットフォーム内の支払いはすべて「Alipay(アリペイ)」で決済。ちなみに「Alipay(アリペイ)」もアリババグループの電子決済サービスです。

2019年1月にはAlipay(アリペイ)のユーザー数が10億人を超えたことが発表され、今いかに勢いがあるかがわかります。

Fliggy(フリギー)の強みは豊富な旅マエコンテンツと、観光地の創出プロジェクト

Fliggy(フリギー)では、「旅行の達人」と呼ばれるインフルエンサーや一般のユーザーが投稿する旅マエコンテンツが人気です。

  • 世界各国の観光スポットの楽しみ方や現地情報に関する投稿
  • スマートフォンを通じた現地からのライブ配信

など、旅行に行く前の情報収集に役立つコンテンツを数多く掲載。旅行に関心のあるユーザー取り込むことで、旅行商品の販売力を高めています。

またFliggy(フリギー)では、中国ではまだ知られていない魅力的な観光スポットを紹介するプロジェクトも展開。

  • オリジナルツアーの企画・販売
  • オンライン、オフラインでの観光プロモーション

などを通じて、新たなマーケットの創出と地方経済の活性化に貢献する取り組みも実施しています。

2016年の冬シーズンにはフィンランドの魅力あふれるコンテンツを、

  • SNS
  • 動画プラットフォーム
  • ニュースPR
  • リアルイベント

など、様々な方法を通じて中国の若い消費者へ発信。

このキャンペーンは大きな反響を呼び、6,000人以上の中国人旅行客がFliggy(フリギー)を通じてフィンランドへ旅行しました。

出典:Alibaba JAPAN「Fliggy」
https://www.alibaba.co.jp/service/fliggy/

次は、2019年3月から開始された新サービス「Fliggy Buy(フリギーゴー)」についてお伝えしますね。

2019年3月開始の新サービス「Fliggy Buy(フリギーゴー)」で、日本での買い物がもっと便利に

Fliggy(フリギー)は2019年3月、新サービス「Fliggy Buy(フリギーゴー)」を開始しました。

Fliggy Buy(フリギーゴー)は中国人観光客が旅行前に、日本にある実店舗の商品をあらかじめ閲覧や購入できるサービスです。

加盟店はより多くの中国人観光客を集客できるだけでなく、店頭でのやり取りをスムーズに改善できます。

中国人観光客はFliggy Buy(フリギーゴー)を利用することで、幅広い商品において

  • 購入者レビューの閲覧
  • 商品の情報や特徴の把握
  • 商品価格の比較

が可能です。

免税店の商品を免税価格で予約・購入できるため、すでに中国本土の免税店「フルラ香港」や日本の「ラオックス」などが加盟。今後さらに加盟店は拡大していく見込みです。

次は、Fliggy (フリギー)と日本企業の提携事例についてお伝えしますね。

Fliggy (フリギー)と日本企業の提携事例

ここでは、Fliggy (フリギー)と日本企業の提携事例として

  1. 総合免税店 兼 家電量販店の「ラオックス」
  2. 九州地方を中心に鉄道路線を展開する「JR九州」
  3. 国内最大規模の航空会社「ANA」

の3つをご紹介します。

事例1. Fliggy Buy(フリギーゴー)へ日本初の免税品予約販売店を開設「ラオックス」

1つ目の事例が、Fliggy Buy(フリギーゴー)へ日本初の免税品予約販売店を開設した「ラオックス」です。

2019年3月20日、ラオックスはFliggy Buy(フリギーゴー)上で免税品予約販売店を開設したことを発表しました。

今回の開設により、訪日客は旅行前に専用のアプリを通じて、ラオックス店舗で販売されている商品を免税価格で予約・購入できるようになります。

購入する際は決済サービス「Alipay(アリペイ)」で商品代金を事前に支払い、観光中に商品を店舗で受け取ることが可能です。

受け取り期間は予約日の3日後から30日以内で、商品受け取り時にスマートフォンの予約画面とパスポートを提示。買い物に費やす時間を大幅に短縮できるため、その分観光に時間を使えます。

事例2. Fliggy(フリギー)と戦略的な提携を結んだ「JR九州」

2つ目の事例が、Fliggy(フリギー)と戦略的な提携を結んだ「JR九州」です。

2018年7月23日、JR九州はアリババグループとの提携を発表しました。主な提携内容は以下の通りです。

  • Fliggy(フリギー):九州の魅力的な観光地や温泉、食、文化を紹介する
  • JR九州:アリペイの利用環境を整備する

この提携により、中国から日本への観光客の誘致と消費拡大を図るのが狙いです。

最初の取り組みとして、今回の提携を記念した特別旅行パッケージを販売。豪華なスイーツ列車をはじめ、観光列車で九州北部のエリアをまわり、温泉ホテルや特別ディナーを楽しめる旅を提供します。

両者は今後の目標として、

  • 2018年10月から2019年3月までにアリババグループから5万人を送客
  • 2023年度には中国から九州へ100万人を送客、うちアリババグループから50万人の送客

を目標に掲げています。

事例3. 日本の航空会社として初めて公式店舗をFliggy (フリギー)へ開設「ANA」

3つ目の事例が、日本の航空会社として初めて公式店舗をFliggy (フリギー)へ開設した「ANA」です。

ANAは2016年11月7日、中国人利用客の更なる利便性向上に向けて、公式店舗をFliggy(フリギー)へ開設することを発表しました。

これまで中国におけるANAの航空券は、

  • 自社のWEBサイト
  • 旅行代理店

が主な販売経路でしたが、Fliggy(フリギー)へ店舗を開設することで更なる販路拡大を狙います。

現在、ANAは日本から中国の10都市11空港に1日25便(20路線)を運航しており、今後も中国からのインバウンド集客を強化していく予定です。

中国人向け旅行サービスプラットフォームを活用して、効果的なインバウンド集客を図ろう

ここまで、Fliggy(フリギー)についてお伝えしました。

おさらいしますと、Fliggy(フリギー)は中国人2.7億人が登録する、中国人向け旅行サービスプラットフォームです。

Fliggy(フリギー)のプラットフォーム内では様々な旅行商品を扱っているため、中国人へのプロモーションを効果的に実現できます。

2019年3月には新サービス「Fliggy Buy(フリギーゴー)」が始まり、中国人観光客が旅行前に、日本の実店舗の商品をあらかじめ閲覧・購入できるようになりました。

今後もFliggy(フリギー)のような旅行サービスプラットフォームを利用し、日本へやって来る中国人観光客は増えていくでしょう。

中国人に対するプロモーションについて詳しくは、「中国人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説」をご一読ください。

関連記事

  1. 動画を使ったインバウンド対策の事例3つ。日本旅行に興味を持つきっかけを作るコツとは?

  2. 外国人観光客に人気のホテルとは?インバウンドが喜ぶポイントやホテルの取り組み事例について徹底解説!

  3. 免税POSレジとは?導入メリットから免税手続きの詳しい流れ、おすすめシステムまで紹介します

  4. 観光バスの路上駐車が問題に!都市交通を円滑にする方法とは?

  5. 外国人観光客が増加している理由とは?インバウンドの最新トレンドについて徹底解説!

  6. クロアチアの民泊SOBEとは?SOBEの予約方法や注意点、人気の物件まで解説

  7. 外国人観光客から温泉が人気を集める5つの理由。城崎の事例やインバウンド対策などを解説します

  8. JAPAN Trip Navigatorとは?AIを使ったアプリで訪日観光客の観光サポートを実現

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP