Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約6分で読めます

訪日中国人向け、旅マエメディア12個まとめ。広告やプロモーション記事を作成して、集客につなげる

「訪日中国人の旅マエにあわせて、自社商品をプロモーションしたいな」

と感じている方。

2018年における訪日中国人の数は約838万人を突破、消費額は約1億5,450万円を記録しました。中国人インバウンド客の数は毎年トップで、インバウンド産業を盛り上げるためには欠かせない存在となっています。

中国人は訪日旅行を計画している「旅マエ」に、訪日メディアやSNS、動画などを通して情報収集をする人が少なくありません。

自社商品やサービスを旅マエメディアで掲載することで、訪日中国人からの大きな集客や売上アップが期待できます。

とはいえ、具体的にどのようなメディアでアピールすればいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 中国人向け旅マエメデイアの選び方
  • おすすめの中国人向けメディア12選

を紹介します。

「いきなりメディアに掲載するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはメディアの選び方について、ざっくりと理解しましょう!

中国人向け旅マエメディアを選ぶ3つのポイント

メディアを選ぶポイントとして、

  1. 知名度
  2. 紹介ジャンル
  3. PVやユーザー数

を紹介します。

ポイント1:メディアの知名度

メディアの知名度が高いほど、多くの中国人に自社の商品やサービスが広まりやすくなります。

また知名度の高いメディアに掲載された記事は、WeiboなどSNSでのシェア数も大きくなることが少なくありません。

メディア以外にもSNSや口コミなど、認知度を拡大させる方法が幅広いものになり、旅マエのプロモーションに成功する確率も高まります。

ポイント2:メディアで紹介しているジャンル

メディアがどのようなジャンルを紹介しているのかも、確認しておきたいポイントです。

例えば化粧品を販売するメーカーが飲食店を紹介するメディアに広告記事を出稿しても、中国人ユーザーから興味を持たれる可能性はあまり高くありません。

メディアの中でも、日本の化粧品を購入したいと考えているユーザーから人気のサイトに掲載する方が、商品に興味を持ってもらいやすいです。

ポイント3:メディアのPVやユーザー数

先ほどメディアの認知度が高いほど、中国人ユーザーからの認知度が高まりやすいとお伝えしました。

その他にも実際にサイトを訪れた人数が多いほど、商品が中国人の目に入る機会はさらに多くなります。

メディアのPVなどが気になる方は、ホームページからチェックしてみてください。

ここまで中国人向けメディアを選ぶポイントをお伝えしました。とはいえ、実際にどのようなメディアがあるのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、中国人が旅マエにチェックしているメディアをジャンル別に紹介します。

中国人向け旅マエメディア【総合編】

まずは観光情報や飲食店など、情報を総合的に発信するメディアとして、

  • 潮日本
  • 日本漫遊
  • 去日本

の3つを紹介します。

メディア1:潮日本

「潮日本(チャオリーベン)」は、朝日新聞社が運営している中国人向けメディアです。特徴は以下の通り。

  • 中国人のネイティブスタッフが記事を作成
  • 現地の旅行会社や人気ブロガーとの連携も可能
  • 旅マエから旅アトまで一貫したアプローチにも対応

観光情報や飲食店、小売店など、総合的なインバウンド対策に取り組みたい地方自治体様におすすめです。

メディア2:日本漫遊

「日本漫遊(イージャパンナビ)」は初めて訪日する中国人を対象としているメディアです。特徴は以下の通り。

  • 地域別に日本の魅力を紹介
  • さらに「交通手段」「温泉之旅」など、ジャンルごとにも情報を掲載

地方の観光資源をアピールしたい地方自治体様におすすめです。

メディア3:去日本(GoJapan)

「去日本(ゴージャパン)」は、120万の中国人にダウンロードされている観光情報アプリです。特徴は以下の通り。

  • 中国のアップルストアにおける「日本関連アプリ」で第1位に
  • KOLなどインフルエンサーによるプロモーションにも対応
  • 商品やサービスの購入ページへそのまま誘導することも可能

より多くの中国人に商品を紹介したい事業者様におすすめです。

中国人向け旅マエメディア【小売・美容編】

ここからは小売店や美容関係の事業者様向けのメディアとして、

  • kimiss
  • 玩美花园

の2つを紹介します。

メディア1:kimiss

「kimiss」は、中国の化粧品に関する口コミサイトで最も人気が高いです。特徴は以下の通り。

  • 会員数は約1,100万人、これまでの口コミ投稿件数は約2,600万件
  • 現品サンプリングのモニターを募集し、そのまま口コミを投稿してもらうことも可能

中国人は口コミを重視するため、口コミが増えると信頼度アップにつながることも少なくありません。

中国での認知度を高めたい、口コミ数を増加させたいメーカー様におすすめです。

メディア2:玩美花园(Beauty Park CHINA)

「玩美花园(ビューティーパークチャイナ)」は、日本の美容院やネイルサロン、エステサロンなど美容関係の情報を発信しているメディアです。特徴は以下の通り。

  • サロン情報だけでなく、新作コスメやヘアカタログなども発信
  • 日本の美容に興味のある中国人ユーザーにしぼってアピールが可能

これから「美ンバウンド」によって、各サロンにもインバウンド客が増加する可能性も少なくありません。

美ンバウンドについて、詳しくは「美ンバウンドとは?インバウンドで注目を集める「日本の美容」その強みと課題を解説」をご一読ください。

中国人向け旅マエメディア【飲食店編】

次は飲食店におすすめのメディアとして、

  • Trip.com
  • 大衆点評

の2つを紹介します。

メディア1:Trip.com

「Trip.com(トリップドットコム)」は、オンライン旅行会社「Ctrip」が運営する旅行予約サイトです。特徴は以下の通り。

  • 予約にあわせて、観光スポットの情報も発信
  • 飲食店の予約キャンセル防止のために、事前決済を導入

予約キャンセルの心配なく、確実に集客につなげたい飲食店様におすすめです。

メディア2:大衆点評

「大衆点評(タイシュウテンピョウ)」は、飲食に特化した中国最大の口コミサイトです。特徴は以下の通り。

  • 中国国内で85%以上のシェアを獲得
  • ターゲットにあわせた広告を配信
  • 最低限のコストでアプローチが実現

なるべくコストを削減しつつ、高い効果を得たい飲食店様におすすめです。

中国人向け旅マエメディア【SNS編】

続いては中国でよく利用されているSNSとして、

  • WeChat
  • Weibo

の2つを紹介します。

メディア1:WeChat(微信)

「WeChat(ウィーチャット)」は、中国で最もよく使われている連絡ツールです。特徴は以下の通り。

  • ユーザー数は約10億人を突破
  • 企業の公式アカウントを作成可能
  • クーポンや商品情報を発信する集客ツールにおすすめ

情報発信を通して、ブランドや商品のファンを増やしたい事業者様におすすめです。

メディア2:Weibo(微博)

「Weibo(ウェイボー)」は、中国版のTwitterです。特徴は以下の通り。

  • ユーザー数は約7億人を突破
  • Weiboでフォロワー数の多いインフルエンサーの協力を得ることも可能

中国のインフルエンサーは、Weiboで多くのフォロワーを抱えています。Weiboの使い方を理解しておくことで、成功しやすいプロモーションを考えることにつながります。

中国人向け旅マエメディア【動画編】

ここからは動画メディアとして、

  • Tencent Video
  • 优酷
  • 爱奇艺

の3つを紹介します。

メディア1:Tencent Video

「Tencent Video(テンセントビデオ)」は、中国で最も人気が高いといわれている動画配信サービスです。特徴は以下の通り。

  • 月間アクティブユーザー数は約4億9,000万人
  • 動画の合間に広告の出稿が可能

Tencent Videoについて、詳しくは「Tencent Video(テンセントビデオ)とは?登録方法からプロモーションの活用事例まで解説」をご一読ください。

メディア2:优酷(Youku)

「优酷(ヨウク)」は、中国版YouTubeといわれる動画サイトです。特徴は以下の通り。

  • 月間アクティブユーザーの数は約5億人
  • 観光情報の動画を配信することで、集客も可能

Youkuを使って地方の集客に成功した事例については、「中国版YouTube“优酷(Youku)”をインバウンド対策に。オリジナル動画で地方都市の集客へつなげるには」をご一読ください。

メディア3:爱奇艺(iQiyi)

「爱奇艺(アイチーイー)」は、映画やドラマ、情報番組など幅広いジャンルを配信する動画サイトです。特徴は以下の通り。

  • 月間アクティブユーザーの数は約3億5,000万人
  • 動画広告がスキップされにくいシステムのため、認知度アップに

爱奇艺について、詳しくは「中国の動画サイト“爱奇艺(iQiyi)”とは?メーカーや小売店が動画広告を活用すれば、売上アップにつながる」をご一読ください。

中国人向け旅マエメディアに広告や情報を掲載し、集客につなげる

今回は、中国人が旅マエに利用しているメディアについてお伝えしました。

紹介したのは、以下12のメディアです。

【総合】

  • 潮日本
  • 日本漫遊
  • 去日本

【小売店・美容関係】

  • kimiss
  • 玩美花园

【飲食店】

  • Trip.com
  • 大衆点評

【SNS】

  • WeChat
  • Weibo

【動画サイト】

  • Tencent Video
  • 优酷
  • 爱奇艺

また「自社だけで中国人向けに旅マエのプロモーションを実施するのは難しい」という場合には、「ANA SELECT」などプロモーションパッケージの活用もおすすめです。

詳しくは「ANA SELECTとは?自社商品を中国人へプロモーションする方法を紹介します」をご一読ください。

PR:Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人客にPRしませんか?

Weibo インフルエンサー

中国で信用度の高いインフルエンサーを活用することで口コミを拡散し、店舗の認知向上・送客を実現する新サービスです。
詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

  1. 【2019年最新】ゴールデンウィークのインバウンド需要は?注目すべきポイントや旅行動向の見通しを紹介…

  2. インバウンドに特化したクラウドファンディングサイト、「J・FUNDING」とは?成功事例も含めて紹介…

  3. 展示会出展サポートをインバウンド対策に活用。依頼先を選ぶポイントとおすすめ企業7選

  4. インバウンドコンサルティングとは?コンサルの流れや活用のメリット、会社を選ぶポイントを解説します

  5. 阪急阪神百貨店のインバウンド対策を徹底解説。事例を押さえて売上アップを実現!

  6. eスポーツをインバウンド集客に活かすことで地方創生に。知っておきたい3つのポイントとは

  7. 「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」とは?メディアと店舗から台湾と香港のインバウンド客にアプローチ

  8. 外国人雇用実態調査から外国人採用を考える。90%の企業が採用を前向きに考えている理由とは?

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP