Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約6分で読めます

【アジア圏向け】旅マエメディア12個のまとめ。ターゲットごとに使い分けてさらなる集客を

「アジア圏の観光客に、自社商品やサービスをプロモーションしたいな」

と感じている方。

観光客が旅行を計画している段階は「旅マエ」といい、多くの人が日本に特化した情報や現地での観光情報を集めています。

そしてアジア圏では情報収集として、訪日メディアやSNS、動画サイトなどを活用する人が少なくありません。

そのためメディアでプロモーションなどを行うことで、訪日旅行中の集客や売上につながります。

とはいえ、具体的にどのようなメディアが人気を集めているのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 旅マエとは
  • アジア圏の観光客が旅マエにチェックしているメディア12選

を紹介します。

「いきなりプロモーションは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは旅マエについて、ざっくりと理解しましょう!

旅マエとは、インバウンド客が日本旅行の計画を立てている段階

旅マエとは、訪日旅行のシーンを「旅マエ・旅ナカ・旅アト」の3つにわけた内のひとつです。

それぞれの意味は、以下の通りです。

  1. 旅マエ:日本で何をしようか、計画を立てている期間(訪日1〜3ヶ月前)
  2. 旅ナカ:訪日旅行を楽しんでいる最中(訪日旅行中の5〜10日間)
  3. 旅アト:旅行を終えて帰国した後(帰国後の1ヶ月間)

そして旅マエには、日本に特化したメディアや口コミサイト、動画サイト、SNSなどを通して情報収集する人が少なくありません。

この段階に自社商品やサービス、地方エリアをアピールすることで、旅ナカでの集客や売上が期待できます。

「旅マエ・旅ナカ・旅アト」について、詳しくは「旅マエ・旅ナカ・旅アトとは?旅をまるごとプロモーションして訪日観光客のハートをつかむ!」をご一読ください。

ここまで旅マエについて紹介しましたが、具体的にどのようなメディアを活用すればいいのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで次は、アジア圏で人気のある旅マエメディアを国別に紹介します。

アジア圏向け旅マエメディア【総合編】

アジア全域で人気を集めているメディアとして、

  • Cue日本
  • FUN!JAPAN
  • tsunagu Japan

の3つを紹介します。

メディア1:Cue日本

「Cue日本(キュージャパン)」は、中国や台湾、香港など中華圏を対象としているメディアです。

Cue日本はもともと「暢遊日本(チンユウニホン)」というメディアでしたが、2018年12月に名前を変更しました。特徴は以下の通りです。

  • 対応言語は中国語
  • 観光スポット、美容、暮らし、文化、ニュースにわけて日本を紹介
  • 日本の情報を掲載しているフリーマガジンとアプリも用意

さまざまな媒体を活用しているため、中華圏のインバウンド客に幅広くアプローチしたい事業者様におすすめです。

メディア2:FUN!JAPAN

「FUN!JAPAN(ファンジャパン)」は、台湾や香港、東南アジアのインバウンド客を対象としているメディアです。特徴は以下の通り。

  • 対応言語は英語、中国語、タイ語、インドネシア語、ベトナム語の5つ
  • Facebookページに約1万8,900のいいね
  • 国別に専用ページを作成し、各国で人気のあるジャンルの記事を作成

特定の国にアプローチしたい事業者様におすすめです。

メディア3:tsunagu Japan

「tsunagu Japan(ツナグジャパン)」は、「日本の良さを海外に伝えること」を目的としているメディアです。特徴は以下の通り。

  • 対応言語は英語、中国語(簡体字・繁体字)、タイ語
  • 観光情報だけでなく、日本文化や流行についても紹介

tsunagu Japanについて、詳しくは「tsunagu Japanとは?人気メディアへの掲載が、インバウンド客からの認知度アップにつながる」をご一読ください。

アジア圏向け旅マエメディア【韓国編】

続いては韓国向けのメディアとして、

  • JAPANKURU
  • TAX-FREE SHOPPING GUIDE

の2つを紹介します。

メディア1:JAPANKURU

「JAPANKURU(ジャパンクル)」は、日本全国の観光スポットや買い物、グルメなどの情報を発信するメディアです。特徴は以下の通り。

  • 韓国人が好むエンターテイメント情報などにも対応
  • 360°で閲覧できるVR動画も用意

幅広く情報発信をしたい地方自治体などにおすすめです。

メディア2:TAX-FREE SHOPPING GUIDE

TAX-FREE SHOPPING GUIDE(タックスジャパンショッピングガイド)」は、免税に対応した店舗をまとめたメディアです。特徴は以下の通り。

  • 日本のエリアごとに免税店舗をリスト化
  • アプリは無料で、iOSとAndroidに対応

訪日韓国人の中でも、10〜20代は買い物を目的として訪日する人が少なくありません。

これから韓国人インバウンド客を呼び込みたいメーカーや小売店におすすめです。

アジア圏向け旅マエメディア【中国編】

ここからは中国向けのメディアやSNSとして、

  • 逸行
  • QQ

の2つを紹介します。

メディア1:逸行

「逸行(イーシン)」は、中国の旅行代理店「北京逸行国際旅行者」が運営しているメディアです。特徴は以下の通り。

  • 月に1,000万PV、1日に4万人がサイトを訪問
  • 旅行商品だけでなく、交通機関の周遊パスなども販売
  • サイトからホテルの予約などにも対応

中国で人気の旅行代理店が運営しているため、はじめから多くの中国人にアプローチできる可能性が高いです。

メディア2:QQ

「QQ(キューキュー)」は、中国で連絡ツールやSNSとして使われているサービスです。特徴は以下の通り。

  • ユーザー数は約6億4,000人
  • ビジネスとプライベートで使う人が多い
  • 「QQお出かけ日本」などで旅行情報も発信

QQについて、詳しくは「QQとは?訪日中国人の利用アプリに幅広く対応することが、集客や消費アップにつながる」をご一読ください。

アジア圏向け旅マエメディア【台湾・香港編】

続いては台湾や香港向けメディアとして、

  • 歩歩日本
  • ラーチーゴー
  • 喜愛日本LIKE!JAPAN

の3つを紹介します。

メディア1:樂吃購!日本

「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」は、台湾や香港の女性から人気の高いメディアです。特徴は以下の通り。

  • 月間ユーザー数は約187万人、そのうち約7割が女性
  • Facebookページでも記事をシェア
  • 記事は台湾人と香港人のネイティブスタッフが作成

またラーチーゴーは台湾に実店舗も持っており、そこでサンプリング調査なども受け付けています。

詳しくは「「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」とは?メディアと店舗から台湾と香港のインバウンド客にアプローチ」をご一読ください。

メディア2:歩歩日本

「歩歩日本(ブーブーニホン)」は、観光情報や買い物スポットを発信しているメディアです。特徴は以下の通り。

  • Facebookページで約7万8,000のいいねを記録
  • 日本での買い物に使用できるクーポンも配布

「歩歩日本」と台湾人へのプロモーションについて、詳しくは「台湾人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは、訪日メディアやブロガーの協力」をご一読ください。

メディア3:喜愛日本LIKE!JAPAN

「喜愛日本LIKE!JAPAN(ライクジャパン)」は、香港人向けに日本の観光情報などを発信しているメディアです。特徴は以下の通り。

  • 月間PV数は約350万
  • 香港人ライターが日本の菓子や化粧品など人気商品を紹介

「ライクジャパン」や香港人へのプロモーション方法について、詳しくは「香港人へのプロモーション方法。インバウンド獲得のカギは訪日メディアやFacebookの活用」をご一読ください。

アジア圏向け旅マエメディア【タイ編】

続いてはタイ向けメディアとして、

  • Chill Chill Japan
  • Trippino HOKKAIDO

の2つを紹介します。

メディア1:Chill Chill Japan

「Chill Chill Japan(チルチルジャパン)」は、タイで最も人気の高い訪日メディアです。特徴は以下の通り。

  • 月間のPV数は約110万、ユーザー数は約40万人
  • ユーザーの約97%が訪日旅行に興味や関心あり
  • 訪問者は「エリア」と「アクティビティ」にわけて記事の検索が可能

Chill Chill Japanについて、詳しくは「「Chill Chill Japan」はタイのインバウンド獲得に。概要とメリットを解説します」をご一読ください。

メディア2:Trippino HOKKAIDO

「Trippino HOKKAIDO(トリッピーノホッカイドウ)」はガイドブックに掲載の少ない、ニッチな北海道の情報を届けるメディアです。特徴は以下の通り。

  • 月間PV数は約4,000、アプリは約2万3,000人が利用
  • メディアだけでなく、FacebookやInstagramなどタイで人気のSNSにも対応

これからタイ人を集客したい、北海道のホテルや飲食店などの事業者様におすすめです。

タイで人気の他メディアとプロモーション方法について、詳しくは「タイ人へのプロモーションを効果的に行うには?プロモーションのポイントを解説」をご一読ください。

アジア圏向け旅マエメディアで集客につながるプロモーションを

今回はアジア圏で人気の旅マエメディアについて解説しました。

おさらいすると、紹介したのは以下12のメディアです。

【総合】

  • Cue日本
  • FUN!JAPAN
  • tsunagu Japan

【韓国】

  • JAPANKURU
  • TAX-FREE SHOPPING GUIDE

【中国】

  • 逸行
  • QQ

【台湾・香港】

  • 歩歩日本
  • 樂吃購!日本
  • 喜愛日本LIKE!JAPAN

【タイ】

  • Chill Chill Japan
  • Trippino HOKKAIDO

旅マエに適切な広告記事やプロモーションを実施することで、大きな集客が期待できます。

また多くのメディアで、インフルエンサーによる協力を得ることができるとお伝えしました。

インフルエンサーの協力は「ファムトリップ」などといわれており、効果的なインバウンド対策のひとつです。

ファムトリップについて、詳しくは「ファムトリップとは?海外のメディアやインフルエンサーと協力して、インバウンド客の増加につなげる」をご一読ください。

PR:店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?

訪日外国人 PR

ANAグループ媒体とWeiboから訪日客にリーチさせ、旅マエ、旅ナカのインバウンドプロモーションをサポート!

関連記事

  1. ワーキングホリデーを活用して言語問題や人材不足を解消!外国人を雇用する際のポイントについて徹底解説

  2. 中国版YouTube“优酷(Youku)”をインバウンド対策に。オリジナル動画で地方都市の集客へつな…

  3. ARでインバウンド対策。訪日外国人のストレスを解消し、観光客やリピーターを増やす方法とは

  4. インバウンド消費を加速させる免税店!タックスフリーとデューティーフリーを正しく理解し、上手に活用しよ…

  5. 増加する外国人観光客のマナー問題。トラブル事例と対策を解説します

  6. 訪日外国人急増で旅行消費額も大幅アップ!西観光、東消費のトレンドと対策を解説

  7. tsunagu Japanとは?人気メディアへの掲載が、インバウンド客からの認知度アップにつながる

  8. 株式会社インバウンドテックの通訳サービスでお客さまの満足度をアップ。概要からメリット、事例まで紹介し…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP