Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

「618(京東の日)」とは。中国のECサイトが盛り上がるセールイベントを京東(JD.com)の特徴とともに解説

「618(京東の日)って何だろう」

と感じている方。

618(京東の日)とは、中国で毎年6月に開催されるセールのことです。人気ECサイト「京東(JD.com)」がきっかけでスタートし、現在はほとんどのECサイトが参加するイベントと言っても過言ではありません。

日本のメーカーや小売店がセールにあわせて出店することで、大きな売上が期待できます。

とはいえ、具体的にどのようなイベントなのかは、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • 618(京東の日)とは
  • 618(京東の日)を始めた京東商城の特徴
  • W11シングルデイとの違い

を紹介します。

「いきなり出店するのは難しい」と感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずは618(京東の日)について、ざっくりと理解しましょう!

618(京東の日)とは、人気ECサイト「京東(JD.com)」が開催するセールイベント

618(京東の日)とは、中国の人気ECサイト「京東(JD.com)」が始めたセールイベントです。2010年から、運営会社である「京東商城」の設立日(6月18日)に合わせてスタートしました。

期間は毎年6月1〜18日です。スタート時は設立日のみのイベントでしたが、近年は2週間以上にわたって開催されています。

また京東だけでなく天猫Tmall小紅書など、他のECサイトもセールを開催し、業界全体が盛り上がる日ともなっています。

2017年や2018年における618(京東の日)の売上と人気商品

ここからは、2017年や2018年における618(京東の日)の売上を見ていきます。

【累計注文額】

  • 2017年:1,199億元(約1兆9,184億円)
  • 2018年:1,592億元(約2兆7,000億円)

出典:日本経済新聞「中国の京東、創業記念日セール 2.7兆円の取引額」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31958570Z10C18A6FFE000/

また人気商品は、以下の通りです。

【売上高をもとにした人気商品】

  • 紙おむつ
  • 粉ミルク
  • お菓子
  • 洗剤
  • シャンプー

主に日用品やベビー用品など、購入頻度の高いものが売れています。

また618(京東の日)で売れているのは、中国企業の製品だけではありません。欧米や日本の企業も出店しているため、近年は海外製品も人気です。

例えば日本製品は、以下の企業のものがよく売れています。

  • ユニ・チャーム
  • 花王

特にユニ・チャームは、紙おむつや生理用品などあらゆる商品で人気を獲得しています。

ここまで618(京東の日)について解説しました。

このイベントをスタートさせた「京東(JD.com)」は、日頃から中国人ユーザーによく使われているECサイトです。

そこで次は、「京東(JD.com)」について紹介しますね。

618(京東の日)をスタートした「京東(JD.com)」とは?

「京東(JD.com)」とは京東商城が運営するECサイトで、約3億人のユーザーを抱えています。

販売商品のジャンルは、

  • スマホなどデジタル家電
  • アパレル
  • 化粧品
  • 食品・飲料
  • 日用品

などです。

「天猫Tmall」との違い

中国で人気のECサイトというと、「天猫Tmall」を思い浮かべる方も多いかと思います。

「天猫Tmall」はアリババが運営するECサイトであり、企業がアリババに手数料を支払って出店しています。正規の海外製品のみを取り扱っているため、安心感を感じて利用しているユーザーが少なくありません。

「天猫Tmall」と「京東」の違いは、主に以下の2つです。

【商品ジャンル】

  • 天猫Tmall:化粧品や衣服、携帯電話など幅広く取り扱っている
  • 京東:スマホやノートパソコンなど、デジタル家電の割合が高い

【販売方式】

  • 天猫Tmall:各企業から出店料を集めて、企業ごとに商品を販売している
  • 京東:自社で商品を仕入れて販売している

日系企業にとって中国のECサイトといえば、まだまだ「天猫」を思い浮かべる人が少なくありません。そのため天猫の方が、出店している日本企業の数は多いです。

一方でライバルが少ないために、京東は“日本製品”というジャンルで人気を集めやすいといえます。

またサイトを運営する京東は、他社との差別化のためにさまざまなことに取り組んでいます。次で紹介しますね。

京東の取り組み:女性ユーザーの獲得と物流の自動化

京東の取り組みとして、

  1. 女性ユーザーの獲得
  2. 物流の自動化

の2つを紹介します。

特徴1:女性ユーザーの増加

京東はもともと家電を中心に販売するECサイトだったため、ユーザーは男性が中心でした。しかし近年、女性ユーザーが増えつつあります。

理由は主に、以下の2つです。

  • 京東が騰訊と提携を結んだから
  • 化粧品や日用品、食品など女性が好むものを多く仕入れたから

京東は、WeChatなどを運営している騰訊(テンセント)と資本提携したことをきっかけに、女性ユーザーの獲得に力を注いでいます。

その対策のひとつとして、販売商品に日用品や化粧品、紙おむつや粉ミルクなどのベビー用品を取り入れました。

実際に先ほど紹介した売れ筋商品は、ベビー用品など子供を持つ女性から購入されるものが大半を占めています。

商品の幅を広げたことで、女性ユーザーの獲得に成功しています。

特徴2:物流の自動化

京東は将来、テクノロジーを生み出す企業になることを目指しています。そのためECサイトの配達に、最新技術を導入しています。

例えば、

  • 上海で無人倉庫を公開
  • AIサポートによるカスタマーサービスを用意
  • ドローン配送や無人運転トラックなど無人宅配技術の応用

などです。

実際に無人配達では、「最大30個の荷物を搭載しながら最速15km/hで荷物を運ぶことができた」と報告されています。結果として多くのお客さまに、商品を当日もしくは翌日までに配達しています。

ここまで京東について、解説しました。

中国におけるセールイベントというと、「W11シングルデイ」を思い浮かべる方も多いかと思います。

そこで次は、「618(京東の日)」と「W11シングルデイ」の違いを解説します。

中国の2大セールイベント「618(京東の日)」と「W11シングルデイ」

ここからは、

  • 「W11シングルデイ」とは
  • 2つのイベントの違い

を紹介します。

「W11シングルデイ(独身の日)」とは、11月にある中国最大のセールイベント

中国には最も大きなセールとして、「W11シングルデイ(独身の日)」があります。これはアリババがきっかけでスタートしたイベントで、毎年11月1日に開催されています。

もともと11月1日は、パートナーがいない人同士で集まってお祝いや買い物をする日でした。そのため「独身の日」とも呼ばれています。

当日は11月1日の0時から24時まで、24時間限定でセールを開催します。1年で最も大きいイベントのため、この日にあわせて欲しいものをリストアップしているユーザーも少なくありません。

また現在はアリババの運営するECサイトだけでなく、京東など他のECサイトもセールを開催しています。

W11シングルデイ(独身の日)について、詳しくは「中国のセール日「W11シングルデイ」とは?日本へのインバウンド効果からプロモーション手法まで徹底解説」をご一読ください。

「618(京東の日)」と「W11シングルデイ」の違いは、セール時期と期間

「618(京東の日)」と「W11シングルデイ」の違いは、主に以下の2つです。

【時期】

  • 618(京東の日):毎年6月
  • W11シングルデイ:毎年11月

【セール期間】

  • 618(京東の日):6月1〜18日まで合計18日間
  • W11シングルデイ:11月1日の1日限り

期間を見ると、618(京東の日)の方が長いです。

しかし売上高を見ると、W11シングルデイの方が短い期間で大きな売上を記録しています。

【2018年度の売上】

  • 618(京東の日):約2兆7,000億円
  • W11シングルデイ:約3兆5,000億円

そのためイベントの規模は、まだまだW11シングルデイの方が大きいです。

これから、中国市場への進出を考えている企業も多いかと思います。

どちらも大規模なセールイベントですが、まずは618(京東の日)とW11シングルデイ(独身の日)の両方へ参加し、中国市場での知名度を獲得するのがおすすめです。

618(京東の日)の特徴を理解して、中国市場への進出につなげる

今回は「618(京東の日)」について解説しました。

おさらいすると、618(京東の日)とは「京東(JD.com)」が会社の設立日にあわせてスタートしたセールイベントです。

もともとは毎年6月18日に開催されていましたが、近年は6月1日から18日まで合計18日間のイベントとなっています。

また京東の特徴として、以下のことをお伝えしました。

  1. 女性ユーザーの獲得:人気企業との提携や販売ジャンルの拡大
  2. 物流の自動化:AIサポートや無人宅配技術の活用

そして中国では「W11シングルデイ」もありますが、以下において618(京東の日)と異なります。

【時期】

  • 618(京東の日):毎年6月
  • W11シングルデイ:毎年11月

【セール期間】

  • 618(京東の日):6月1〜18日まで合計18日間
  • W11シングルデイ:11月1日の1日限り

今回の記事を参考に、618(京東の日)への参加も検討してみてはいかがでしょうか。

また出店にあたって、中国人インバウンド客が訪日中に買い求める商品を知っておくこともおすすめです。

詳しくは「中国人が選ぶ神薬12選とは?イラストや使い方など、分かりやすいアピール方法がカギ」をご一読ください。

PR:店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?

訪日外国人 PR

ANAグループ媒体とWeiboから訪日客にリーチさせ、旅マエ、旅ナカのインバウンドプロモーションをサポート!

関連記事

  1. 地域文化資源活用空間創出事業費補助金とは?観光施設を作り、地域の消費額アップにつなげる

  2. 訪日外国人向けプリペイドSIMで「繋がらない国ニッポン」返上なるか

  3. 中東最大のゲームショー「MIDDLE EAST GAMES CON(ミドルイースト・ゲームコン)」か…

  4. 中国の人気動画メディアbilibili(ビリビリ動画)とは?訪日中国人向けプロモーションへの活用法を…

  5. インバウンドに人気の奈良公園。インバウンド獲得に向けて官民一体となった取り組みがスタート

  6. グリーンツーリズムとは?農村や漁村が地元独自の体験を提供することで、活性化につながる

  7. Tik Tok(抖音)とは?中国発の動画投稿アプリとその使い方について徹底解説

  8. FIT(海外個人旅行)はインバウンド対策のカギ。旅行スタイルから課題まで解説します

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP