Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

【2019年版】訪日外国人のランキングまとめ。インバウンドの最新予想も紹介します

「訪日外国人のランキングって、どんなものがあるんだろう…」

と思っている方。

インバウンド業界においては、観光庁や観光事業に取り組む企業から訪日外国人に関わるデータが各種発表されています。さまざまなデータの中でもランキングは見てわかりやすく、チェックしておけば大まかなトレンドをつかむことが可能です。

とはいえ、具体的にどのようなランキングを確認すればよいのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 【2018年】訪日外国人ランキングトップ20からインバウンドの最新事情をチェック
  • 訪日外国人の旅行目的ランキングからインバウンドの興味と関心を知ろう
  • 外国人に人気の日本の観光スポットランキング2018

の順にお伝えします。

インバウンドのトレンドをつかむことは難しそうに感じるかもしれませんが、押さえるポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、訪日外国人のランキングをチェックしましょう!

【2018年】国別の訪日外国人ランキングトップ20からインバウンド最新事情をチェック

2019年1月、観光庁は2018年の訪日外客数が3,119万2,000人に達したことを発表しました。訪日外客数が3,000万人を超えたのは、統計を取り始めて以降初めてのことです。

訪日外国人が多かった上位20カ国は以下の通りでした。

【2018年 国別の訪日外国人ランキングトップ20】

国名 訪日外客数 伸び率
1 中国 8,380,100人 13.9%
2 韓国 7,539,000人 5.6%
3 台湾 4,757,300人 4.2%
4 香港 2,207,900人 -1.1%
5 アメリカ 1,526,500人 11.0%
6 タイ 1,132,100人 14.7%
7 オーストラリア 552,400人 11.6%
8 フィリピン 504,000人 18.8%
9 マレーシア 468,300人 6.5%
10 シンガポール 437,300人 8.2%
11 インドネシア 396,900人 12.7%
12 ベトナム 389,100人 26.0%
13 イギリス 334,000人 7.6%
14 カナダ 330,500人 8.2%
15 フランス 304,900人 13.5%
16 ドイツ 215,300人 10.1%
17 インド 154,100人 14.7%
18 イタリア 150,000人 19.2%
19 スペイン 118,900人 19.1%
20 ロシア 94,800人 22.7%
その他 1,198,500人 9.4%

トップは昨年と同じく中国で、訪日外客数は初の800万人超えとなりました。

全体の73.4%をアジアの国々が占めており、日本のインバウンド市場において重要な役割を担っているのは「アジアからのお客さま」であることがわかります。

出典:観光庁「訪日外客数(2018年12月および年間推計値)」
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/data_info_listing/pdf/190116_monthly.pdf

2019年のインバウンドは「欧米豪」に注目!

客数としては圧倒的なインパクトを持つアジアの国々ですが、ここに来て伸び率はひと段落したように見えます。

一方で注目すべきは「欧米豪」の国々です。

欧米豪からのインバウンド客数における伸び率は10〜20%と手堅く伸びており、まだまだ伸びしろが見込めます。

さらに欧米豪のインバウンド客は旅行消費額が高くなる傾向です。

2019年4月17日に観光庁が発表したデータでは、訪日外観光客の1人当たり旅行支出ランキング上位10カ国のうち、実に8カ国が欧米豪でした。

【訪日外国人観光客1人当たり旅行支出トップ10】(2019年1月−3月期)

  1. オーストラリア:245,795円
  2. 中国:208,106円
  3. フランス:207,007円
  4. イタリア:203,411円
  5. ドイツ:195,871円
  6. 英国:193,682円
  7. 米国:192,182円
  8. スペイン:185,038円
  9. カナダ:181,044円
  10. シンガポール:179,075円

欧米豪の旅行消費額が高くなるのには、

  • 経済的に裕福である
  • 距離的に遠いため滞在日数が長くなる
  • モノ消費よりも体験などのコト消費を重視する

などの理由があります。

2019年9月にはラグビーワールドカップが控えており、ラグビー人口の多い欧米豪のインバウンドにさらなる注目が集まることは間違いありません。

出典:観光庁「【訪日外国人消費動向調査】2019年1-3月期の全国調査結果(1次速報)の概要」
http://www.mlit.go.jp/common/001285986.pdf

ラグビーワールドカップのインバウンド対策について詳しくは、「インバウンドはSNS活用が外せない!インフルエンサーによるマーケティング事例」をご一読ください。

次は、訪日外国人の旅行目的ランキングについてお伝えしますね。

訪日外国人の旅行目的ランキングからインバウンドの興味と関心を知ろう

2018年1月、リクルートのじゃらんリサーチセンターは訪日外国人の旅行目的ランキングを発表しました。

この調査は、

  • 韓国
  • 中国
  • アメリカ
  • インド
  • ドイツ

の20歳以上の男女500名を対象に実施。

  1. 訪日旅行で経験・実施したこと
  2. 今後、訪日旅行で経験・実施してみたいこと
  3. 訪日旅行で飲食したもの
  4. 今後、訪日旅行で飲食してみたいもの
  5. 訪日旅行で飲食した場所

の5つの項目について、それぞれランキングでまとめたものです。

各項目において国別で1位にランクインしたものは、以下の通りでした。

【訪日外国人の国別旅行目的ランキング1位まとめ】

韓国 中国 アメリカ インド ドイツ
日本でしたこと リフレッシュ 自然景観 自然景観 自然景観 神社・仏閣
今後、日本でしてみたいこと リフレッシュ 電化製品の買物 お城 リフレッシュ 日本庭園の散策
日本で飲食したもの 回転寿司 刺身 天ぷら ぶどう 江戸前寿司
今後、日本で飲食してみたいもの 回転寿司 江戸前寿司 天ぷら ぶどう 天ぷら
日本で飲食した場所 居酒屋 ビュッフェ ビュッフェ 海の家 ビュッフェ

国によって、興味や関心がかなり異なることがわかります。自社の商品やサービスを提供するうえで、国ごとに価値観の違いがあることを知っておくことは重要です。

出典:リクルートじゃらんリサーチセンター「訪日外国人 観光体験需要調査」
http://jrc.jalan.net/wp-content/uploads/2018/05/inbound-tourist-activity_20180122.pdf

次は、2018年に外国人に人気だった日本の観光スポットランキングについてお伝えしますね。

外国人に人気の日本の観光スポットランキング2018

世界的な旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」は、外国人に人気の日本の観光スポットランキングを発表しました。

【外国人に人気の日本の観光スポット2018 トップ30】

  1. 伏見稲荷大社(京都府京都市)
  2. 広島平和記念資料館、原爆ドーム、広島平和記念公園(広島県広島市)
  3. 宮島 厳島神社(広島県廿日市市)
  4. 東大寺(奈良県奈良市)
  5. 新宿御苑(東京都新宿区)
  6. 兼六園(石川県金沢市)
  7. 高野山 奥之院(和歌山県高野町)
  8. 金閣寺(京都府京都市)
  9. 箱根彫刻の森美術館(神奈川県箱根町)
  10. 姫路城(兵庫県姫路市)
  11. 三十三間堂(京都府京都市)
  12. 奈良公園(奈良県奈良市)
  13. 成田山 新勝寺(千葉県成田市)
  14. サムライ ミュージアム(東京都新宿区)
  15. 白谷雲水峡(鹿児島県屋久島町)
  16. 浅草寺(東京都台東区)
  17. 日光東照宮(栃木県日光市)
  18. 栗林公園(香川県高松市)
  19. 両国国技館(東京都墨田区)
  20. 永観堂禅林寺(京都府京都市)
  21. 長谷寺(神奈川県鎌倉市)
  22. 東京都庁舎(東京都新宿区)
  23. トヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)
  24. 白川郷合掌造り集落(岐阜県白川村)
  25. 京都駅ビル(京都府京都市)
  26. 立山黒部アルペンルート(富山県立山町)
  27. 平等院(京都府宇治市)
  28. 根津美術館(東京都港区)
  29. 地獄谷野猿公苑(長野県山ノ内町)
  30. 三千院(京都府京都市)

10年目の発表となる本ランキングで1位を獲得したのは京都の「伏見稲荷大社」です。約23,000件ほど投稿されている口コミの8割以上が外国人観光客からのもので、朱の鳥居の神秘的な美しさが評価されています。

2017年のランキングではエンターテイメント施設が中心でしたが、2018年は緑豊かで癒されるスポットが人気を集めました。

出典:トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の観光スポットランキング2018」
https://tg.tripadvisor.jp/news/ranking/best-inbound-attractions/

訪日外国人のランキングを活用すれば、インバウンドの最新トレンドが見えてくる!

ここまで、訪日外国人のランキングについてお伝えしました。

おさらいしますと、観光庁や観光事業に取り組む企業からは毎年、訪日外国人に関わるデータが各種発表されています。

その中でもインバウンドのトレンドをつかむには、ひと目で誰でもわかりやすい「ランキング」がおすすめです。

今回は、

  • 訪日外国人ランキング
  • 訪日外国人の旅行目的ランキング
  • 外国人に人気の日本の観光スポットランキング

の3つのランキングをお伝えしました。

自社に関わりのあるランキングを定期的にチェックして、インバウンドの最新トレンドをつかみましょう!

訪日外国人によるSNS投稿ランキングについては、「訪日外国人はSNSをどのように利用している?最新のSNS事情をインバウンド対策に活かそう!」をご一読ください。

PR:Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人客にPRしませんか?

Weibo インフルエンサー

中国で信用度の高いインフルエンサーを活用することで口コミを拡散し、店舗の認知向上・送客を実現する新サービスです。
詳細資料はこちらからダウンロードしていただけます。

関連記事

  1. 中国の動画サイト“爱奇艺(iQiyi)”とは?メーカーや小売店が動画広告を活用すれば、売上アップにつ…

  2. 道頓堀スクエアとは?インバウンド客を呼び込む5つのエンターテイメントを解説

  3. ソンクラーンとは?訪日タイ人の悩みを解決して、観光スポットの集客につなげる

  4. 中国最大のO2Oプラットフォーム企業「美団点評」とは?インバウンド集客に活用できる口コミサイト「大衆…

  5. 台風21号で関西国際空港が閉鎖に。インバウンド産業への影響と災害時に必要な対策とは

  6. ベジタリアンとは?飲食店のベジタリアン対応から、食事の注意点まで解説します

  7. 【2019年版】外務省は中国など一部の国へビザ緩和を実施。インバウンド客への効果や影響も解説します

  8. 桜のインバウンド需要が高い5つの理由とは?訪日外国人の増加にそなえて、地方でもインバウンド対策を

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP