Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

【2019年・2020年版】イースター休暇とは?概要や欧米圏での日程、過ごし方を解説

「イースター休暇っていつからいつまでなんだろう」

と感じている方。

2019年のイースター休暇は、4月19日から22日の4日間でした。2020年は4月10日から13日の4日間の予定です。

このようにイースター休暇の日程は、毎年同じわけではありません。また国によって休暇の日数や過ごし方も異なります。

日程を正しく理解することで、イースター休暇を利用する訪日外国人の増加に備えることができます。

とはいえ、具体的な日程や休暇を設けている国は、なかなかわかりにくいですよね。

そこで今回は、

  • イースター休暇とは
  • イースター休暇の決め方
  • 国ごとの日程と過ごし方

を紹介します。

国ごとの日程を理解するのは難しく感じるかもしれませんが、概要をつかむだけならハードルは高くありません。

まずはイースター休暇について、大まかに理解しましょう!

イースター休暇とは、欧米を中心に祝うイエス・キリストの復活祭

イースター休暇とは、イエス・キリストが復活したことを祝うための休暇です。

というのも昔、イエス・キリストは自身の信仰を広めるために、布教活動に取り組んでいました。ところがユダヤ教徒など、イエス・キリストを良く思わない人々に捕まったことで、死刑宣告を受けてしまいます。

その結果、イエス・キリストは十字架で公開処刑にされてしまいました。

しかし一度は亡くなったイエス・キリストが、3日後に復活を果たします。

イエス・キリストの弟子など身近な人々が、この出来事を伝えるために活動を始めたことで、現在のキリスト教が生まれたといわれています。

そしてイエス・キリストの復活祭として、現在の「イースター休暇」も誕生しました。

ちなみに欧米圏におけるイースターの復活祭は、キリスト教の中でクリスマスと同じくらい重要な日です。

イースター休暇の過ごし方

復活祭を含むイースター休暇には、多くの人が以下のように過ごします。

  • 教会のミサに参加する
  • 復活祭の日まで肉類や乳製品、パンなどの摂取を禁止する
  • 日曜日に肉類や乳製品を使用した料理を食べる

基本的には家族や親戚と過ごす人が少なくありません。

また復活祭では、卵やウサギをモチーフとした装飾をすることも。次で詳しく解説しますね。

イースター休暇に欠かせない「卵」と「ウサギ」

イースター休暇の前には、街中で「イースター・エッグ」と呼ばれる卵をモチーフにした食品やお菓子、雑貨などをよく目にします。

復活祭の前に絵の具で卵の殻にカラフルな装飾をしたり、ゆで卵をきれいに包装したりする習慣があるためです。

卵が重要視されている他の理由は、

  • イエス・キリストの復活と卵から雛が生まれる様子をかけている
  • 冬が終わって春が訪れ、生命や緑が蘇ることを意味している

などです。

そしてこの新しい季節の躍動感がウサギの飛び跳ねる姿に似ていることから、「イースター・バニー」というウサギのマスコットやお菓子、雑貨などもよく販売されています。

ここまでイースター休暇の概要をお伝えしました。

続いては、イースター休暇の日程を具体的に見ていきましょう。

イースター休暇の日程は?2019年や2020年はいつからいつまで?

ここからはイースター休暇について、

  • 関連する祝日
  • 日程の決め方
  • 2019年と2020年の日程

を解説します。

イースター休暇に当てはまる祝日一覧

復活祭に関連する祝日は、以下の通りです。

  1. 灰の水曜日
  2. 受難の主日
  3. 主の晩餐
  4. 主の受難
  5. 復活徹夜祭
  6. 復活祭
  7. キリスト昇天日
  8. キリスト昇天祝祭
  9. 聖霊降臨の主日
  10. 三位一体の主日
  11. キリストの聖体
  12. イエスの御心

しかしこれらの日程はバラバラであるため、12連休になるわけではありません。

唯一の連休にあたるのは、以下の4つです。

  1. 主の晩餐(木曜日)
  2. 主の受難(金曜日、グッド・フライデー)
  3. 復活徹夜祭(土曜日)
  4. 復活祭(日曜日)

ただし木曜日は祝日にならず、代わりに月曜日(グッド・マンデー)を祝日とするところが少なくありません。

多くの国で、この金曜日から月曜日までを「イースター休暇」と呼んでいます。

イースター休暇の日程を決める方法

イースター休暇の日程は、毎年同じわけではありません。年によって異なり、具体的な期間も国ごとに異なります。

イースター休暇は「春分の日の後にくる、最初の満月が出た日の次の日曜日」をもとに決定します。

復活祭当日は英語で「イースター・サンデー」といい、この日を起点としてイースター休暇の日程が決定します。

ちなみに春分の日は3月20日、もしくは21日のため、これより早まることはほとんどありません。基本的には3月下旬から4月下旬までの間になります。

次で実際の日程を見てみましょう。

2019年や2020年のイースター休暇

2019年のイースター休暇は、以下の日程です。

【2019年】

  • 4月19日(金)
  • 4月20日(土)
  • 4月21日(日)
  • 4月22日(月)

ちなみに2020年は、以下の予定です。

【2020年】

  • 4月10日(金)
  • 4月11日(土)
  • 4月12日(日)
  • 4月13日(月)

イースター休暇は、キリスト教を信仰する人の多い欧米圏を中心に設定されています。

ただし日程は、すべての国で同じわけではありません。

そこで次は、代表的な5つの国の日程と過ごし方をお伝えしますね。

イースター休暇がある国1:アメリカ

アメリカのイースター休暇は、州ごとに異なります。アメリカの法律ではイースター休暇を祝日として認めていないためです。

基本的に多くの州で、金曜日から日曜日までの3日間を休暇としています。

2020年の日程は以下の予定です。

  • 4月10日(金)
  • 4月11日(土)
  • 4月12日(日)

アメリカの中でも約20%の企業が休日としていますが、まだまだ一般的な休暇ではないのが現状です。

アメリカ人のイースター休暇の過ごし方

アメリカでは以下のようにイースター休暇を過ごします。

  • 家族や親戚、友人と過ごす
  • 自宅で食事を楽しむ
  • 教会のミサに参加する

復活祭の当日にミサに参加し、子供達は卵探し(エッグハント)を楽しみます。

卵探しとは、色の付いたプラスチック製の卵を探す遊びのこと。卵が公園や草むらなどに隠されており、中には子供向けのおもちゃを入れています。

イースター休暇がある国2:イギリス

イギリスは「グッド・フライデー」と「復活祭」、「グッド・マンデー」を祝日としており、多くの企業や学校が4連休に入ります。

2020年の日程は以下の予定です。

  • 4月10日(金)
  • 4月11日(土)
  • 4月12日(日)
  • 4月13日(月)

イギリス人のイースター休暇の過ごし方

イギリスではキリスト教以外の宗教を信仰する人が少なくありません。そのため「復活祭」よりは「春を祝うお祭りや休暇」の意味が強いです。

イースター休暇の過ごし方は、以下の通りです。

  • 実家に帰省する
  • 家族で食事などを楽しむ
  • 国内旅行や海外旅行をする

帰省や旅行によって、交通機関は混雑することも少なくありません。小売店やレストランなどは休みに入ります。

イースター休暇がある国3:ドイツ

ドイツは「グッド・フライデー」と「復活祭」、「グッド・マンデー」を祝日としています。

2020年の日程は以下の予定です。

  • 4月10日(金)
  • 4月11日(土)
  • 4月12日(日)
  • 4月13日(月)

ドイツ人のイースター休暇の過ごし方

ドイツ人は以下のようにイースター休暇を過ごします。

  • 家族で食事を楽しむ
  • キャンプファイヤーのような「イースターファイヤー」を見る
  • 卵探し(エッグ・ハント)をする

卵探しを楽しんだ後に、家族で食事を楽しむ人が多いようです。

イースター休暇がある国4:イタリア

イタリアでは「復活祭」と「グッド・マンデー」を祝日としています。

2020年の日程は以下の予定です。

  • 4月11日(土)
  • 4月12日(日)
  • 4月13日(月)

4月10日の「グッド・フライデー」は祭日としてお祝いしますが、祝日になるわけではありません。基本的には3連休です。

イタリア人のイースター休暇の過ごし方

イタリア人は以下のようにイースター休暇を過ごします。

  • 教会のミサに参加する
  • 家族や親戚と食事会を楽しむ
  • 卵探し(エッグ・ハント)をする

一部の人は4日以上の連休に入り、国内や海外を旅行することも少なくありません。移動が盛んになるため、交通機関やホテルは混雑しやすくなります。

イースター休暇がある国5:香港

香港はかつてイギリスの統治下にありました。当時の名残で現在もキリスト教徒が多く、イースター休暇を設けています。

香港では「グッド・フライデー」と「復活祭」、「イースター・マンデー」を祝日としています。

2020年の日程は以下の予定です。

  • 4月10日(金)
  • 4月11日(土)
  • 4月12日(日)
  • 4月13日(月)

香港人のイースター休暇の過ごし方

香港人は以下のようにイースター休暇を過ごします。

  • マカオなど近郊を旅行する
  • 海外旅行をする
  • イースターにちなんだ装飾をする

装飾は欧米圏のように、卵やうさぎをモチーフにしたものが少なくありません。ただし中華圏のため、中華らしい赤色などを用いた装飾が混ざることも。

また家族と過ごす人は少なく、連休を通して旅行を楽しむ人が多いようです。

イースター休暇の過ごし方を理解して、訪日外国人を呼び込む

今回はイースター休暇について解説しました。

おさらいすると、イースター休暇とは欧米圏を中心に設けられている祝日のこと。イエス・キリストが復活した日を「復活祭」として、3〜4日間の連休に入ります。

そしてイースター休暇がある代表的な国として、以下の5つを紹介しました。

  1. アメリカ
  2. イギリス
  3. ドイツ
  4. イタリア
  5. 香港

欧米圏では家族と食事をして過ごす人が多いですが、香港など一部の国では旅行する人も少なくありません。訪日外国人が増える可能性もあるため、インバウンド対策をして備えることをおすすめします。

また世界各国の祝日について知りたいときは、「インバウンドカレンダー」がわかりやすいです。

インバウンドカレンダーについて、詳しくは「【インバウンドカレンダー2019年最新版】訪日客数トップ10の休日。対策もあわせて紹介します」をご一読ください。

PR:店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?

訪日外国人 PR

ANAグループ媒体とWeiboから訪日客にリーチさせ、旅マエ、旅ナカのインバウンドプロモーションをサポート!

関連記事

  1. インバウンドに人気の奈良公園。インバウンド獲得に向けて官民一体となった取り組みがスタート

  2. 多言語に対応したAI翻訳機「POCKETALKⓇ(ポケトーク) W」をファンケルが採用。使い方や価格…

  3. ビザ申請代行とは?外国人雇用に欠かせない就労ビザを代理申請するおすすめサービス12選

  4. 中国四国農政局が観光マップを拡充、訪日観光客への対応強化

  5. 地方創生インバウンド協議会とは?自治体が活用することで、地域活性化につながる

  6. サブカルチャーとは?訪日外国人の集客には、日本の伝統文化との融合がカギ

  7. 訪日中国人のマナーはなぜ悪く感じる?対策のカギは国民性や文化の違いを知ること

  8. 南海電鉄がWeChatpayの導入をスタート。中国の電子決済を受け入れるメリットとは?

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP