Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ノウハウ
  • この記事は約5分で読めます

「昇龍道(ドラゴンルート)」とは?国の認定を受けたインバウンド向け観光ルートについて解説!

「昇龍道(ドラゴンルート)ってなんだろう…」

と思っている方。

昇龍道(ドラゴンルート)とは、中部地方を南から北へと縦断する新しい観光ルートです。代表的な観光ルートはインバウンドからの注目が高く、様々なインバウンド施策に活かせます。

とはいえ、具体的にインバウンドに人気の観光ルートがどのようなものなのかはわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、

  • 昇龍道(ドラゴンルート)とは、中部地方の愛知県・岐阜県・富山県・石川県を南から北へと縦断する新しい観光ルート
  • 【観光ルートの活用事例】昇龍道(ドラゴンルート)をバイクで巡る「昇龍道バイクツアー」
  • 国は各広域観光周遊ルートのモデルコースを認定してインバウンド誘致を後押し

の順にお伝えします。

観光ルートを活かしたインバウンド集客は難しそうに感じますが、押さえるべきポイントはそれほど多くありません。

まずはこの記事で、昇龍道(ドラゴンルート)について知りましょう!

昇龍道(ドラゴンルート)とは、中部地方の愛知県・岐阜県・富山県・石川県を南から北へと縦断する新しい観光ルート

昇龍道(ドラゴンルート)とは、中部地方の愛知県・岐阜県・富山県・石川県を南から北へと縦断する新しい観光ルートです。

昇龍道(ドラゴンルート)を発案したのは、能登半島にある和倉温泉の老舗旅館「多田屋」の会長「多田空仁彦(ただくにひこ)」さん。能登半島の形が「龍の頭部」と似ていることに発想を得たのがきっかけで生まれました。

  • 名称の縁起の良さ
  • 日本の歴史や文化、自然を存分に体験できる観光スポットの多さ
  • インバウンドに定番のゴールデンルートに隣接するアクセスの良さ

から、特にアジア観光客の人気を集めています。

ゴールデンルートが東京発か大阪発に限定されやすいのに比べ、広いエリアにまたがる昇龍道(ドラゴンルート)は、観光コースのバリエーションが多い点も魅力です。

また、昇龍道(ドラゴンルート)はテーマ性とストーリー性を持った観光地域として、観光庁から「広域観光周遊ルート」に認定されています。

昇龍道(ドラゴンルート)のホームページから複数のテーマルートが選べる

昇龍道(ドラゴンルート)を紹介するホームページは2つあり、運営元は

  • 昇龍道ドラゴンルート推進協議会(https://www.dragonroute.net/)
  • 中部運輸局、北陸信越運輸局及び中央日本総合観光機構(https://shoryudo.go-centraljapan.jp/ja)

です。

ホームページ内では昇龍道(ドラゴンルート)の中でオススメなテーマルートがいくつか紹介されており、興味や関心に合わせて好みのルートを見つけることができます。

例として、昇龍道(ドラゴンルート)の代表的なコースを紹介しますね。

【昇龍道(ドラゴンルート)の代表的なコース】

ルート 宿泊場所
1日目 中部国際空港着~伊勢神宮・熊野古道 伊勢
2日目 名古屋観光~犬山・関観光~下呂 下呂温泉
3日目 下呂温泉(足湯めぐりなど)~高山 高山
4日目 高山観光~富山観光 富山
5日目 金沢(兼六園、金箔貼り体験など) 金沢
6日目 金沢観光~和倉温泉 和倉温泉
7日目 輪島観光(朝市、白米千枚田など)~小松空港発

出典:昇龍道「DragonCourseについて」
https://shoryudo.go-centraljapan.jp/ja/dragon_course/index.html

次は、昇龍道(ドラゴンルート)を活用したツアーの事例についてお伝えします。

【観光ルートの活用事例】昇龍道(ドラゴンルート)をバイクで巡る「昇龍道バイクツアー」

国内バイクツアーを手掛ける「MOTO TOURS JAPAN株式会社」は2019年3月20日、一般社団法人の「昇龍道ドラゴンルート推進協議会」と共に、「ドラゴンルート(昇龍道)」をレンタルバイクで巡るツアー企画について発表しました。

このツアー企画は、3月4日〜3月8日の5日間でドラゴンルート(昇龍道)約1,000キロメートルを、レンタルバイクの「ハーレーダビッドソン」で巡るものです。

今回招待されたのは、北米のレンタルバイク及びバイクツアー会社の「EagleRider」幹部とハーレー愛好家たち。

招待客は、

  • 名古屋
  • 岐阜
  • 奥飛騨
  • 能登半島

など、昇龍道ならではの観光スポットや景色、日本文化を体験しました。帰国後は、

  • 昇龍道を絡めた各種ツアーの造成
  • 中部・北陸エリアの魅力のPR・情報発信

を担ってもらうとのことです。

すでに一般のインバウンドに向けてツアーを展開しており、レンタルバイクは250ccの「P-3クラス」から、1,600ccを超える「P-8クラス」まで幅広いラインナップから選べます。

ツアーに参加するには、

  • 国際免許証
  • パスポート
  • クレジットカード

を用意するだけでよく、手軽にバイクツアーと日本観光を楽しめるところがバイクファンからの人気を集めそうです。

次は、国が認定している各広域観光周遊ルートのモデルコースについてお伝えしますね。

国は各広域観光周遊ルートのモデルコースを認定してインバウンド誘致を後押し

今回はドラゴンルート(昇龍道)の事例を中心にお伝えしましたが、この他にも日本には様々な観光ルートが存在します。

国は「2020年までに訪日外国人観光客数4,000万人」を目標に掲げており、インバウンド誘致に向けて広域観光周遊ルートの認定を推進中です。

これまでに国は全国11ルートを認定および支援。2019年3月28日には第7回「広域観光周遊ルートの有識者会議」を開いてさらなる議論を深めています。

【国で認定されている広域観光周遊ルート】

広域観光周遊ルート名 モデルコース名
アジアの宝 悠久の自然美への道 ひがし北・海・道 ① Explore the Wonderland in summer
② Explore the Wonderland in winter
日本の奥の院・東北探訪ルート ① 四季が織りなす東北の宝コース
② 三陸の恵みと復興コース
③ 日本海の美と伝統コース
昇龍道 日本の「まんなか」探訪 ① Dragon コース
② Nostalgic コース
③ Great Nature コース
④ Ukiyo-eコース
美の伝説 日本の美に出会う 5つの世界遺産と7つの絶景 ① KANSAI~世界遺産と絶景 伝統と自然の美の競演 ~
② KANSAI~日本の精神文化の聖地 美の伝承~
せとうち・海の道~新たな西日本発見の旅~ ① 新ゴールデンルート~新たな西日本発見の旅
② 歴史と芸術に出会う美のルート
③ 空と島と海に溶け込むサイクリングルート
スピリチュアルな島 ~四国遍路~1200年の歴史と文化に触れ合う旅 ① 四国スピリチュアル・コース
② 四国鉄道クラシカル・コース
③ 四国大自然ドライブ・コース
温泉アイランド九州 広域観光周遊ルート ① 鉄道・バスで廻る九州の魅力満喫コース
② 九州の歴史・自然をレンタカーで廻るコース
③ 火山の島・九州一周コース
『日本のてっぺん。きた北海道ルート。』「恵まれた大自然から享受する多彩な食や景観。日本のてっぺんをめざし、北の大地、海、島を駆けのぼる。」 ① The Top of Japan – 夏
② The Top of Japan – 冬
③ The Top of Japan – 離島めぐり
広域関東周遊ルート「東京圏大回廊」~広域関東で、多様な日本を楽しむ旅~ ① 自然大回廊(太平洋)コース
② 自然大回廊(日本海)コース
③ 江戸文化回廊コース
『縁の道~山陰~』「新たな発見 新たな出会い もうひとつの日本」 ① 日本の原風景(世界遺産・日本遺産見聞録)
② ジオパーク&ナショナルパーク・アクティビティ
『Be.Okinawa琉球列島周遊ルート』「“Be Yourself, BeOkinawa”自然と人との触れ合いを通じて、本当の自分と向き合う旅」 ① Secrets of Okinawa History(沖縄の歴史と琉球王国の誕生秘話)
② Gateway to Okinawa Lifestyle & Culture(人々の暮らしと琉球文化)
③ Wild Adventure of Okinawa Archipelago(五感で感じる沖縄の自然)

出典:観光庁「広域観光周遊ルートにおけるモデルコースの策定について」
https://www.mlit.go.jp/common/001190853.pdf

観光ルートをうまく活用すれば、さらなるインバウンド集客につながる!

ここまで、新たな観光ルートの昇龍道(ドラゴンルート)についてお伝えしました。

おさらいしますと、昇龍道(ドラゴンルート)とは、中部地方の愛知県・岐阜県・富山県・石川県を南から北へと縦断する新しい観光ルートです。

  • 名称の縁起の良さ
  • 日本の歴史や文化、自然を存分に体験できる観光スポットの多さ
  • インバウンドに定番のゴールデンルートに隣接するアクセスの良さ

から、特にアジア観光客の人気を集めています。

昇龍道(ドラゴンルート)のモデルコースについて詳しく知りたい方は、

  • 昇龍道ドラゴンルート推進協議会(https://www.dragonroute.net/)
  • 中部運輸局、北陸信越運輸局及び中央日本総合観光機構(https://shoryudo.go-centraljapan.jp/ja)

のホームページにてご確認ください。

また、国が認定している「各広域観光周遊ルート」は、昇龍道(ドラゴンルート)の他にも様々なものがあります。

インバウンドの関心が高い観光ルートを活かすことで、自社の商品やサービスの売上アップにつながる施策が出てくるかもしれません。まずは各観光ルートの概要をチェックすることから始めてみましょう!

日本を代表する観光ルート「ゴールデンルート」について詳しくは、「インバウンド客が周遊する”ゴールデンルート”とは。地方への呼び込みは交通の整備と都道府県の連携がカギをにぎる」をご一読ください。

PR:店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?

訪日外国人 PR

ANAグループ媒体とWeiboから訪日客にリーチさせ、旅マエ、旅ナカのインバウンドプロモーションをサポート!

関連記事

  1. 無料オンライン翻訳サービス8つ。英語や中国語を自動的に翻訳すれば、お客さまとスムーズにやり取りできる…

  2. 東武鉄道のインバウンド対策10個。訪日外国人を日光に約10万人も呼び込んだコツとは?

  3. 中国で人気の快手(Kuaishou)とは?アプリの使い方から活用するメリットまで解説します

  4. ハラルフードとは?豚肉やアルコールを使わない日本食の提供で、ムスリムの集客につながる

  5. 伏見稲荷大社がインバウンド客の人気観光地ランキングで1位になった5つの理由

  6. 地方創生インバウンド協議会のインバウンド支援とは?具体的なサポート内容と企業を紹介します

  7. チャットボットシステムとは?導入事例やメリット、おすすめサービスを紹介します

  8. マルチ言語MEOとは?飲食店や小売店は地図内の検索エンジンを最適化して、インバウンドの集客を

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP