海外向け越境ECサイト制作での5つの課題と解決策。インバウンド消費の促進効果あり

越境ECサイトという、国境関係なくオンラインで買い物が出来るシステム。現在世界中で拡大傾向にあり、アメリカと中国を中心に、様々なサイトが制作されています。

越境ECサイトに期待される効果は、「来日せずにインバウンド消費をしてもらう」こと。海外の消費者は、自国にいながらインターネット経由で買い物が出来る仕組みです。

しかし、越境ECサイトで自社商品を売ろうと考えている企業からすると、言語や通貨の違い、さらにはそもそもの出店方法など、分からないことが少なくないかと思います。自分でしようとするとハードルが高いサイト制作ですが、実は専門会社に依頼すれば難しいことではありません。

そこで今回は、越境ECサイト制作で抱えがちな5つの課題を元に、制作会社に依頼するとどのように解決されるのかをお伝えします。これを読めば、越境ECサイトへの出店ハードルが下がるはずです。

越境ECサイト制作で抱える5つの課題

越境ECサイト制作にあたって、多くの企業が抱える5つの課題をお伝えします。

その1:商品の販売場所

商品の販売場所を、自社で構築したECサイトにするか、他社のECサイトにするか。この販売場所によって、サイト構築の難しさや商品の購買率が変わります。

自社ECサイトと他社ECサイトの定義は、以下の通りです。

  • 【自社ECサイト】自社で構築したECサイトでの販売。例えば、ケンコーコムやトーキョーオタクモードなど。
  • 【他社ECサイト】他社運営のECサイトで、一部スペースを借りながら販売。例えば、楽天市場やAmazonなど。

自社サイトは自分たちで一からサイトを構築し、集客しなければいけません。しかし、自由度が高く、出店費用を抑えることがメリットです。対して、他社サイトは出店自体に費用がかかり、販売利益に対して手数料がかかることもあります。また、モール内での競争も避けて通れません。ただしその分、集客に手間がかからず、早い段階から商品を購入される確率が高まります。

販売場所の選択にあたっては、インバウンドの消費動向を確認しながら、どんな場所で何が売れるのかを考えていかなければいけません。

その2:言語の違いや翻訳の難しさ

そもそも、海外と日本では使用言語が違います。それは翻訳機能を使うことで、言語の問題はある程度解決します。

しかし、翻訳機能だけでは機械的な言い回しばかりになったり、間違った言葉遣いをしてしまったりすることも。また、言語を英語で統一するという手もありますが、もちろん消費者全員が英語が出来るわけではありません。

現地語に対応していないことで、消費者に商品やサイト自体を見つけて貰いにくくなってしまいます。

その3:通貨や決済方法の違い

そもそも国によって、使用通貨が違います。さらには、決済方法も異なり、国独自の決済方法が発達している可能性も考えられます。より多くの国で販売するためにも、多通貨決済への対応は避けられません。

例えば、中国ではAlipay(支付宝)やWeChat Pay(微信)が浸透しています。この2つの決済方法が一般的になりつつあり、現金はほとんど使われていません。中国の消費者向けにサイトを展開するならば、これらの決済方法への対応は必須と言えるでしょう。

対して、欧米ではPayPal(ペイパル)、東南アジアではまだまだ代金引換が主流など、エリアや国によって決済方法は異なります。より多くのインバウンド消費を促すには、決済方法を幅広く用意しなければなりません。

その4:商品の配送方法

海外へ商品を発送する場合、日本ほどスムーズに荷物が届くとは限りません。国際配送サービスを利用するなど、配送方法の選択も慎重になるべきです。

もちろん、自社で配送することは可能です。しかし、手間とコストがかかり、税関の手続きについても配慮しなければなりません。手間を省きトラブルを防ぐためにも、できるだけメジャーなサービスを利用する方が安心です。

その5:トラブル時の対応

海外向けに販売を行うと、商品が届かない、入金が確認出来ないなどのトラブルがないとは言い切れません。問題が起きた時に、言語の違う相手とのやり取りを想定しておく必要があります。

言語が違うと、相手の意見を汲み、対応するだけでも大変です。時には、言いたいことが上手く伝わらず、返品に繋がってしまうことも。トラブル時にしっかりと対応するために、多言語を話せるスタッフを用意するなど、対策を事前に準備しなければいけません。

越境ECサイト制作で解決する4つのこと

インバウンド向けに越境ECサイトを制作する場合、課題がたくさんありました。しかし、自社のみで対応するのが難しい場合、制作会社に頼むと安心です。依頼することで、多言語化、多通貨決済、サイトデザイン、SEO対策といった4つの課題解決に繋がります。

サイト内の多言語化

越境ECサイト内は、より多くの言語対応を行うのがおすすめです。多言語化するだけでも、商品が地域問わず認知されます。

英語のみの使用や翻訳だけでは、商品の魅力や日本語特有のニュアンスは伝わりません。さらには、翻訳に時間もかかります。越境ECに強い制作会社に依頼すると、現地語でサイト制作をしてくれて翻訳に時間を取られません。

多通貨決済の導入

多通貨での決済方法を取り入れることで、購入のハードルが下がります。決済プラットフォームの導入も、制作会社に依頼すれば自分たちで準備する必要がありません。

日本円での決済のみでサイトを作ることも、もちろん可能です。しかし、日本円での決済は消費者からすると正直面倒であり、レートも良いとは限りません。自国通貨が決済に使用出来ないというだけで、消費者が離れてしまうこともあるようです。

多通貨に対応した決済サービスを導入することで、売り上げを円に両替した状態で受け取ることも出来ます。消費者はもちろん自国通貨で支払い可能で、ストレスがありません。

見やすいサイトデザイン

サイトデザインも、越境ECサイトでは重要です。国によって好まれるデザインは異なるものの、より多くの国にアプローチするには、すっきりとした見やすいデザインにする必要があるでしょう。

言語や文化が異なるからこそ、見やすいデザインが必要です。商品の魅力を引き出しながら、より伝わりやすいデザインとなるサイトを作成してもらいましょう。

SEO対策で検索エンジン最適化

制作会社は、SEO対策も行ってくれる所もあります。SEO対策で上位にサイトが表示されることで、より認知度や購買率も上がるかもしれません。

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略。Googleで特定のキーワードを検索したときに、サイトが表示される順位のことです。この表示順位を上げるほど、人目にも付きやすくなります。

しかし、海外向け越境ECサイトでは、言語ごとに独自のURLを付けるなど、言葉の違いを乗り越えた対策が必要。多言語化でも述べましたが、機械的な言い回しよりも、現地で使われる言葉の方がよく検索されます。海外向けのSEO対策には言語も関わってくるため、制作会社へ依頼する方がより効果が期待出来るでしょう。

越境ECサイト制作の成功事例:トーキョーオタクモード

最後に、トーキョーオタクモードという、海外向け越境ECサイトの制作を行なっている企業を紹介します。この企業は、助野株式会社の「寿司ソックス」を、一躍有名にしました。

トーキョーオタクモードは、日本のアニメや文化に関連したグッズ専門の越境ECサイト制作企業。「ジャパンポップカルチャーを届ける」という理念で、2012年に設立されました。

トーキョーオタクモードは、もともとFacebookページを利用して日本のアニメ文化を発信していました。しかし、ファンは情報を閲覧することは出来ても、Facebookページからグッズ購入できる訳ではありません。そこで、越境ECサイトを作成し、いつでもどこの国からでもグッズを購入出来る仕組みを確立しました。

寿司ソックスに注目が集まり、大人気商品に

越境ECサイト内で、販売商品のひとつとして選ばれたのが寿司ソックス。助野株式会社が販売する、寿司ネタをデザインにした靴下です。ユニークで日本らしい見た目から人気が集まり、世界のメディアが注目。世界の雑誌やテレビ番組、ブロガーによって紹介され、人気商品となりました。

そうして注目が集まったことで、スイスのオーガニック食品会社から「顧客へのクリスマスギフトとして贈りたい」という大型の注文にも繋がりました。トーキョーオタクモード経由で購入に繋がり、サイト作成からこれまでに1万貫(5千足)以上が購入されたと言われています。

サイトの主な顧客はアメリカ、カナダ、オーストラリア、フランスなど欧米圏が中心。包装に、日本の新聞紙を使うといったこだわりも見せ、現在もインバウンド消費を促しています。

越境ECサイトを制作してインバウンド消費に繋げよう

ここまで、越境ECサイトについて、概要やインバウンド消費につなげるポイントを紹介しました。

越境ECサイトは、国を問わずに買い物が出来るシステムです。インターネットさえあれば使用出来るため、現在アメリカや中国を中心に販売サイトが作られています。

しかし、自社でのサイト制作には以下の課題がありました。

  • 商品の販売場所
  • 言語の違いや翻訳の難しさ
  • 通貨や決済方法の違い
  • 商品の配送方法
  • トラブル時の対応

自分たちで越境ECサイトを制作する場合、この課題を避けて通ることは難しいです。しかし、専門の制作会社に依頼することで、以下のように解決できます。

  • サイト内の多言語化
  • 多通貨決済の導入
  • 見やすいサイトデザイン
  • SEO対策で検索エンジン最適化

実際の成功事例として、トーキョーオタクモードという越境ECサイト制作会社の寿司ソックスを紹介しました。

越境ECサイトは来日せずにインバウンド消費を促す方法の1つです。この記事を読んで気になった方は、越境ECサイト制作の依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 欧米豪人材の採用メリットや注意点。複雑な外国人採用の手続きも徹底解説

  2. 「長谷寺」がインバウンドに人気の観光地ランキング16位にランクインした理由とは

  3. 「Matsuri-Japan Festival」とは?インバウンドに人気な日本の祭を徹底解説!

  4. 道頓堀スクエアとは?インバウンド客を呼び込む5つのエンターテイメントを解説

  5. クルーズ観光のインバウンド課題「消費額アップ」のコツとは。那覇港の事例から学ぶ

  6. インバウンド需要に合わせた「訪日ベトナム人向けメディア」を立ち上げる際に押さえておくべき3つのポイン…

  7. インバウンド向けSEO対策とは?コンテンツ作成の流れから注意点まで解説します

  8. 大阪市のお好み焼き屋・ちとせから学ぶ、インバウンド客が来店したくなる5つの対応

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP