石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

今月23日、石川県小松市にある小松空港で、石川・福井両県議会の「小松空港国際化推進議連」が役員懇談会を開催。「小松空港ビジョン検討委員会(仮称)」の立ち上げと共に訪日観光対策などの訪日客戦略を策定しました。

小松空港国際化推進議連は、小松空港の国際機能の整備、国際空港化の推進を図ることが目的です。そして今年11月頃に現地の航空会社などを訪ねて、訪日観光対策として韓国やタイとの定期便就航を目的とした合同要望を行います。

2020年までに訪日外国人を4000万人目指すために

政府は、日本を「観光先進国」への新しい国づくりに向けて、「2020年までに訪日外国人を4000万人」、「訪日外国人旅行消費額を8兆円」などを目標に掲げた新たな観光ビジョン「明日の日本を支える観光ビジョン」を策定しました。

2020年、2030年の目標は以下の通りです。

  • 訪日外国人旅行客数 2020年:4,000万人 2030年:6,000万人
  • 訪日外国人旅行消費額 2020年:8兆円 2030年:15兆円
  • 地方部での外国人延べ宿泊者数 2020年:7,000万人泊 2030年:1億3,000万人泊
  • 外国人リピーター数 2020年:2,400万人 2030年:3,600万人
  • 日本人国内旅行消費額 2020年:21兆円 2030年:22兆円

【出典】(本文)観光ビジョン実現プログラム2017(観光ビジョンの実現に向けたアクション・プログラム2017)

なお今までの実績には、2012年〜2015年の間に行った

  • 戦略的なビザ緩和
  • 免税制度の拡充
  • 出入国管理体制の充実
  • 航空ネットワーク拡大

などの改革があります。

訪日外国人旅行者数は3年間で約2倍増加の1974万人、訪日外国人旅行消費額は、約3倍増加の3兆4771億円という結果が出ています。このまま順調に推移すれば、「明日の日本を支える観光ビジョン」の目標達成も可能です。

国の観光ビジョンを目標に、小松空港は本格的な国際空港化を目指します。日本海側に新たな国際空港拠点を置くことで、スムーズな訪日観光客の経済循環を発生させていく考えです。

参考:http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20180524/CK2018052402000048.html

関連記事

  1. ホームアウェイら3者、古民家認知拡大と地域活性化を目指した業務提携を締結

  2. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

  3. インバウンド向け観光バス「スカイホップバス」、JTBなど3社が共同で新会社設立

  4. 「ぐるなびインバウンド大作戦」であらゆる飲食店のインバウンド戦略をサポート!

  5. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  6. 事件・事故に巻き込まれた外国人に対応 青森県警が「民間通訳人」を募集

  7. 中国No.1旅行メディアと日本企業が提携し、越境O2O事業へ参画。インバウンド需要の喚起を目指す

  8. 子連れ旅行を楽に!ベビー用品のレンタルサービスが誕生、英語にも対応

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP