劇団四季、スマートグラスで多言語字幕サービスを提供 訪日観光客および聴覚障害者への対応にも

劇団四季は、2018年6月14日からのディズニーミュージカル「リトルマーメイド」福岡公演で、スマートグラスを活用した多言語字幕サービスを提供することを決めました。このサービスはエプソン販売株式会社株式会社イヤホンガイドエヴィクサー株式会社と共同に行うものです。

本サービスの対応言語は「日本語」の他に、「英語」「中国語(簡体字・繁体字)」「韓国語」などの外国語も含まれています。スマートグラスを活用するメリットは様々です。

  1. お客様は舞台から目を離さず、字幕を読みながらハンズフリーで観劇ができる
  2. 多言語対応にすることにより、インバウンド客にも日本のミュージカルを楽しんでもらえる
  3. 字幕により、聴覚障害者の方々の観劇を支援できる

同サービスは、今年2月の「ライオンキング」札幌公演に次ぐ二都市目の展開となります。

  • 多言語対応に関連する記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000033845.html

関連記事

  1. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

  2. 観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

  3. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  4. 宮城交通が高速バスに車内Wi-Fiを導入、インバウンド客の利便性向上を図る

  5. ファミマと民泊サービスAirbnbが業務提携、コンビニによる民泊チェックインサービスが活発化

  6. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  7. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

  8. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP