インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社と、住宅・不動産・建築業界に特化した経営コンサルティング会社のハイアス・アンド・カンパニー株式会社は5月29日、島根県松江市で戸建型宿泊施設「Rakuten STAY HOUSE×WILL STYLE 松江」をオープンしました。施設の情報については

  • 営業形態:旅館業法における簡易宿所
  • 所在地:島根県松江市雑賀町240番地
  • オーナー:ハウジング・スタッフ株式会社
  • 運用代行:楽天LIFULL STAY株式会社
  • 宿泊料金:1泊20,000円(税抜)より ※価格は時期、宿泊予約サイト等により変動します。
  • 予約方法:国内外の宿泊予約サイトより予約可能(予定)※5月28日の時点ではBooking.comより予約可能。
  • 定員:最大5名
  • 敷地面積:約145㎡|構造:在来軸組工法の2階建
  • 間取り:3LDK(約70㎡)

となります。

主な施設・設備の内容については

  • ベッドルーム 2室(それぞれにダブルベッド1台 等)
  • 和室(座布団、ローテーブル、布団セット2組 等)
  • リビング(テレビ、ソファ、ローテーブル 等)
  • キッチン(ガスコンロ、シンク、冷蔵庫、電子レンジ、食器、調理器具、テーブル 等)
  • バスルーム(バスアメニティー、ヘアドライヤー、スリッパ、洗濯機 等)
  • 玄関(傘立て、靴箱、スマートロック、スーツケース置き場、タブレット端末 等)
  • ウッドデッキ
  • 駐車場(2台分)
  • 消火設備(消火器1台、火災探知機 等)

です。

このような設備が充実している戸建型宿泊施設は、家族や友人グループで旅行する人たちに、プライベートを保ちながら大切な時間を一緒に過ごせる体験を提供できるほか、駐車場や調理器具があるため、レンタカーで移動する旅行者も、長期滞在する旅行者も、気楽に利用することができます。

今回の提携は、日本人国内旅行の宿泊ニーズを満たすという目的だけではなく、訪日観光客の増加で宿泊ニーズを捉えようと考えたものです。両社は今後も「戸建型ならでは」の快適な宿泊体験を提供し続け、全国的に展開する方針を示しています。

  • 関連記事:

 

参考①:https://www.willstyle.net/rakutenstay.html
参考②:https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2018/0528_02.html

 

関連記事

  1. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  2. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  3. 北海道釧路市が観光客数を発表。「観光立国ショーケース」としてさら訪日客増加を目指す

  4. クラウドファンディングで阿波おどりの資金を集める。徳島市の取り組みを紹介

  5. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  6. 京都市がインバウンド対策の助成金制度を創設。Wi-Fiやキャッシュレス対応の資金を援助

  7. 豊岡鞄、東京駅前の複合商業施設に進出。地域ブランドを世界にPR

  8. 徳島県、訪日客向けのバス2日乗り放題券を発売

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP