Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ANA「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」九州エリアの地域情報を国内外に発信

ANA(全日本空輸)が行なっている地域活性化プログラム「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」は、6月から11月の取り組みで九州地域の特集することを発表しました。

今回の取り組みは、今まで1つの都道府県単位で行なっていた特集を、広域的に取り上げる方針に変え、そのシリーズ第1弾として5月までは北海道をピックアップ。そしてこの6月から11月までは、九州地域を特集しインバウンド需要の拡大につなげます。

第1シリーズの成果を活かし今回の第2シリーズに挑む試み

同プログラムは、2013年9月から第1シリーズを始動しました。4年3ヶ月の期間をかけ、全国47都道府県の魅力をANA機内などで国内外に発信しています。特集期間は3ヶ月でした。

これまで九州地方は、

  • 2013年9月〜11月 熊本県
  • 2014年3月〜5月 宮崎県
  • 2014年6月〜8月 長崎県
  • 2014年9月〜11月 大分県
  • 2015年6月〜8月 福岡県
  • 2016年3月〜5月 佐賀県
  • 2016年6月〜8月 鹿児島県

の期間で特集されています。

第1シリーズのプログラムから、より旅行者のニーズに合った地域の情報を発信するため、第2シリーズの期間を3ヶ月から6ヶ月に伸ばしています。地域も1都道府県単位に留まらず、県境を超える広域での範囲が特集対象です。

前回の第一弾では、北海道地域の特集だったため、今回が複数の県をまたぐ初のプログラムです。

また九州観光推進機構によると、訪日外国人観光客数は目標に対して110%で推移しており順調にインバウンド客の拡大に手応えを感じています。

ANAの宿泊施設やツアーメニューを選べる観光プランもオススメ

旅行商品として、ANAと連携した九州ツアープログラム「Tastes of JAPAN 魅力発見 九州のたび2・3・4日間」が、2018年6月1日〜10月31日まで期間設定されており毎日出発します。

出発・帰着空港は、

  • 羽田、成田空港
  • 中部国際空港
  • 関西、伊丹空港

です。

この観光ツアーは「フライト選択+ホテル選択+九州満喫メニュー付き」で、旅行日程を2・3・4日間で選べます。九州満喫メニューにおいては、九州地方の多くの観光施設の中から2ヶ所選択することが可能です。

九州地方は地理的にも、訪日外国人客数の多い韓国と近く航空便も多いため、訪日外国人の訪問数は高いです。インバウンド需要の高い九州エリアで、観光プランを充実していき、政府が2020年までに掲げている訪日外国人客数4000万人の目標に迫ります。

参考:https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1124766.html

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

関連記事

  1. 日本国内の約5万件のホテル・旅館・民泊を一括検索、比較ができるiOSアプリ「WithTravel」を…

  2. 東南アジア大使館関係者が山梨県笛吹市の魅力を学ぶ 〜訪日外国人観光客誘致を目的とした視察訪問〜

  3. 東京海上日動とNTTデータがSNSの投稿データを分析。関西エリアやポケモンが人気という結果に

  4. 北海道と関西でインバウンド向けのキャンペーンを開始。風評被害払拭に尽力

  5. 富士通、AI技術による訪日客向け旅行先提案サービスを開発。1月より実証実験スタート

  6. 大手カラオケチェーン店に外貨両替機設置、インバウンドニーズに対応

  7. JTB、訪日客向け案内所にデジタルサイネージを設置。Airbnbサービスの認知向上を狙う

  8. ホテル大手マリオットと積水ハウスが道の駅にホテルを設置。リピーター開拓が狙いか

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP