インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ANA「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」九州エリアの地域情報を国内外に発信

ANA(全日本空輸)が行なっている地域活性化プログラム「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」は、6月から11月の取り組みで九州地域の特集することを発表しました。

今回の取り組みは、今まで1つの都道府県単位で行なっていた特集を、広域的に取り上げる方針に変え、そのシリーズ第1弾として5月までは北海道をピックアップ。そしてこの6月から11月までは、九州地域を特集しインバウンド需要の拡大につなげます。

第1シリーズの成果を活かし今回の第2シリーズに挑む試み

同プログラムは、2013年9月から第1シリーズを始動しました。4年3ヶ月の期間をかけ、全国47都道府県の魅力をANA機内などで国内外に発信しています。特集期間は3ヶ月でした。

これまで九州地方は、

  • 2013年9月〜11月 熊本県
  • 2014年3月〜5月 宮崎県
  • 2014年6月〜8月 長崎県
  • 2014年9月〜11月 大分県
  • 2015年6月〜8月 福岡県
  • 2016年3月〜5月 佐賀県
  • 2016年6月〜8月 鹿児島県

の期間で特集されています。

第1シリーズのプログラムから、より旅行者のニーズに合った地域の情報を発信するため、第2シリーズの期間を3ヶ月から6ヶ月に伸ばしています。地域も1都道府県単位に留まらず、県境を超える広域での範囲が特集対象です。

前回の第一弾では、北海道地域の特集だったため、今回が複数の県をまたぐ初のプログラムです。

また九州観光推進機構によると、訪日外国人観光客数は目標に対して110%で推移しており順調にインバウンド客の拡大に手応えを感じています。

ANAの宿泊施設やツアーメニューを選べる観光プランもオススメ

旅行商品として、ANAと連携した九州ツアープログラム「Tastes of JAPAN 魅力発見 九州のたび2・3・4日間」が、2018年6月1日〜10月31日まで期間設定されており毎日出発します。

出発・帰着空港は、

  • 羽田、成田空港
  • 中部国際空港
  • 関西、伊丹空港

です。

この観光ツアーは「フライト選択+ホテル選択+九州満喫メニュー付き」で、旅行日程を2・3・4日間で選べます。九州満喫メニューにおいては、九州地方の多くの観光施設の中から2ヶ所選択することが可能です。

九州地方は地理的にも、訪日外国人客数の多い韓国と近く航空便も多いため、訪日外国人の訪問数は高いです。インバウンド需要の高い九州エリアで、観光プランを充実していき、政府が2020年までに掲げている訪日外国人客数4000万人の目標に迫ります。

参考:https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1124766.html

[anamedia]

関連記事

  1. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  2. 京都と大阪で訪日客向けの当日配送サービスが開始。GPS機能でリアルタイムに荷物の位置を把握

  3. チェス×有田焼。価格をおさえた普及版で伝統工芸産業を盛り上げる

  4. 別府がAirbnbとの提携で温泉地を世界に発信。ラグビーW杯に向け、インバウンド客の受け入れ体制を広…

  5. 大阪で進むIR誘致。観光産業との連携で国内周遊客を生み出す取り組みも

  6. 岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

  7. 訪日客向けのSIMカード販売機がQR決済に対応。中国の2大決済サービスで利用可能に

  8. JIMCが新型コロナ終息後の中国人旅行者について調査。約8割が訪日を計画する見込み

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP