• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

ベトナム人向けのインバウンドメディア・アプリの企画・開発・運営事業を展開する株式会社LOCOBEEは、アジア圏を中心とした外国人材を紹介するNAISコンサルティング株式会社と協業し、訪日ベトナム人の都内観光やショッピング、ビジネスシーンなどをサポートするサービス「Loco-Assist」の提供を開始します。

「Loco-Assist」は、LOCOBEEが運営するベトナム人向けの日本情報マガジン「LocoBee」の発信力と、NAISコンサルティングが持つ在留ベトナム人ネットワークで、下記四つのサービスを訪日ベトナム人に提供します。

  1. 送迎サポート:空港やホテルへの最適な移動をお手伝い
  2. 観光サポート:都内の観光スポットの紹介や各種体験をお手伝い
  3. ショッピングサポート:買物に同行、お土産等の購入をお手伝い
  4. 通訳サポート:商談会や展示会等で通訳・翻訳をお手伝い

今回の協業は、ベトナム人の訪日消費を促して、日本政府が掲げる2020年のインバウンド消費額8兆円への貢献を目的とします。

  • 訪日ベトナム人に関する関連記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000031041.html

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. イオンが「みえる通訳」を導入。東南アジアの言語にも対応できる体制を整える。

  2. 奈良県斑鳩町の観光案内所がインバウンド向けの体験プログラムを提供。周遊プランで訪日客の長期滞在につな…

  3. 大阪東急REIホテルにtalkappiを導入。他の企業や自治体でも続々導入

  4. 観光庁がインセンティブ旅行誘致に関する支援を開始。日本の観光事業の消費拡大につなげる

  5. 北東北でDMOの連携会議が設立。東北のインバウンド対策を話し合う予定

  6. JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移

  7. 山形県、2018年インバウンド受入延べ人数24万人を突破。チャーター便の運航などが訪日客の増加に影響…

  8. 大阪梅田のナイトクラブでインバウンド向けのショーが開催。訪日客を呼び込む夜の娯楽スポット

徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

PAGE TOP