徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

鳴門市は、訪れる外国人旅行客が年々増加していることを地域活性化のチャンスと捉え、日本の各自治体に外国人へのおもてなしや地域の防犯・防災に役立つタブレット端末を無償で提供するNIPPON Tablet株式会社と、2018年5月23日、包括連携協定を締結しました。

今回の取り組みは、市観光振興課や「うずしお観光協会」などに7カ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語)に対応する通訳機能を持つタブレット端末を設置し、今後も増加が見込まれる外国人観光客への対応に活用することを目的とします。

また、鳴門市ではこれから市内で開催する様々なイベントで、外国人関係者とのコミュニケーションツールとして活用するほか、市役所の窓口にも設置し、同市に滞在する外国人へ円滑な行政サービスを提供する予定です。

参考:https://www.atpress.ne.jp/news/157220

関連記事

  1. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  2. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

  3. 「IKIDANE NIPPON」公式アプリが30万ダウンロード突破。インバウンド向け情報を幅広く発信…

  4. JNTO、上半期の訪日客数を発表。2020年の目標に向けて順調に推移

  5. 大手カラオケチェーン店に外貨両替機設置、インバウンドニーズに対応

  6. 外国人の就労拡大へ 単純労働における新資格の創設を

  7. 2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

  8. 「True Data」がインバウンド消費を調査。ドラッグストアの購買件数や購買単価は前年比より上昇

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP