徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

鳴門市は、訪れる外国人旅行客が年々増加していることを地域活性化のチャンスと捉え、日本の各自治体に外国人へのおもてなしや地域の防犯・防災に役立つタブレット端末を無償で提供するNIPPON Tablet株式会社と、2018年5月23日、包括連携協定を締結しました。

今回の取り組みは、市観光振興課や「うずしお観光協会」などに7カ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語)に対応する通訳機能を持つタブレット端末を設置し、今後も増加が見込まれる外国人観光客への対応に活用することを目的とします。

また、鳴門市ではこれから市内で開催する様々なイベントで、外国人関係者とのコミュニケーションツールとして活用するほか、市役所の窓口にも設置し、同市に滞在する外国人へ円滑な行政サービスを提供する予定です。

参考:https://www.atpress.ne.jp/news/157220

関連記事

  1. 福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

  2. カラオケボックスチェーン「ビッグエコー」はWeChat Payを導入

  3. 観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」がイトーヨーカドー奈良店跡にリニューアルオープン

  4. 別府市内路線バスが1日乗り放題など、インバウンド向け観光サービス開始

  5. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  6. 2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

  7. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  8. セブンイレブンが民宿鍵の受け取りサービスを発表、6月15日施行の住宅宿泊事業法に合わせて開始

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP