徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

鳴門市は、訪れる外国人旅行客が年々増加していることを地域活性化のチャンスと捉え、日本の各自治体に外国人へのおもてなしや地域の防犯・防災に役立つタブレット端末を無償で提供するNIPPON Tablet株式会社と、2018年5月23日、包括連携協定を締結しました。

今回の取り組みは、市観光振興課や「うずしお観光協会」などに7カ国語(英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語)に対応する通訳機能を持つタブレット端末を設置し、今後も増加が見込まれる外国人観光客への対応に活用することを目的とします。

また、鳴門市ではこれから市内で開催する様々なイベントで、外国人関係者とのコミュニケーションツールとして活用するほか、市役所の窓口にも設置し、同市に滞在する外国人へ円滑な行政サービスを提供する予定です。

参考:https://www.atpress.ne.jp/news/157220

関連記事

  1. ANA「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」九…

  2. 泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹…

  3. ネスレ、インバウンド向けに梅酒の新商品を開発。期間限定の日本酒バーでお酒の体験も

  4. 自治体や企業の連携によるインバウンドプロモーションが続々登場

  5. 島根県出雲市のインバウンドPR動画、公開から約4ヵ月で視聴回数1,200万回突破

  6. 「スマホだけで旅行が完結するアプリ」の実験が九州で開始

  7. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

  8. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP