「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

長野県諏訪市上諏訪の立石公園は、2016年公開のアニメ映画「君の名は。」に登場する風景に似ていることで話題になり、日本人のファンだけではなく、台湾や香港などアジアからの観光客も訪れています。

訪日外国人観光客への対応として、市は今年1月に日本語と中国語(繁体字・簡体字)、英語でJR上諏訪駅から立石公園への行き方を案内するチラシを作り、観光案内所などで配り始めました。「公園の場所が分かりにくい」という観光客からの声を受けて、諏訪市では昨年12月27日に新しい看板を設置しました。今のところは日本語表記のみになっていますが、今後ローマ字を追加する予定があります。

市が行う訪日観光客への対応事例に関する記事は:

 

参考:https://www.shimin.co.jp/2018/01/立石公園の人気再燃/
参考:http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180524/KT180523GJI090011000.php

関連記事

  1. 京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

  2. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

  3. 企業・自治体向けデジタルマーケティングサービス「インバウンドネシア」提供スタート。インドネシアに日本…

  4. 中国の検索大手バイドゥがJFNと連携。日本のカワイイ文化を発信

  5. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  6. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

  7. インバウンド対策の強化を九州が宣言。欧米豪からの観光客増加を狙う

  8. 日本の魅力を発信する予約サイト「Voyagin Luxury Experiences」開設。第一弾と…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP