「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

長野県諏訪市上諏訪の立石公園は、2016年公開のアニメ映画「君の名は。」に登場する風景に似ていることで話題になり、日本人のファンだけではなく、台湾や香港などアジアからの観光客も訪れています。

訪日外国人観光客への対応として、市は今年1月に日本語と中国語(繁体字・簡体字)、英語でJR上諏訪駅から立石公園への行き方を案内するチラシを作り、観光案内所などで配り始めました。「公園の場所が分かりにくい」という観光客からの声を受けて、諏訪市では昨年12月27日に新しい看板を設置しました。今のところは日本語表記のみになっていますが、今後ローマ字を追加する予定があります。

市が行う訪日観光客への対応事例に関する記事は:

 

参考:https://www.shimin.co.jp/2018/01/立石公園の人気再燃/
参考:http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180524/KT180523GJI090011000.php

関連記事

  1. 中国No.1旅行メディアと日本企業が提携し、越境O2O事業へ参画。インバウンド需要の喚起を目指す

  2. 2018年度版「池袋ガイドブック」が9月1日に発行。訪日客による池袋の活性化を目指す

  3. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

  4. SNS映えを狙い、訪日外国人の熱中症対策で和傘の無料貸し出しを実施

  5. JAFがインバウンド向け特設サイトを開設。訪日客に地方の魅力をアピール

  6. ホームアウェイら3者、古民家認知拡大と地域活性化を目指した業務提携を締結

  7. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  8. 全日空商事の「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」第2弾が開始

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP