「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

長野県諏訪市上諏訪の立石公園は、2016年公開のアニメ映画「君の名は。」に登場する風景に似ていることで話題になり、日本人のファンだけではなく、台湾や香港などアジアからの観光客も訪れています。

訪日外国人観光客への対応として、市は今年1月に日本語と中国語(繁体字・簡体字)、英語でJR上諏訪駅から立石公園への行き方を案内するチラシを作り、観光案内所などで配り始めました。「公園の場所が分かりにくい」という観光客からの声を受けて、諏訪市では昨年12月27日に新しい看板を設置しました。今のところは日本語表記のみになっていますが、今後ローマ字を追加する予定があります。

市が行う訪日観光客への対応事例に関する記事は:

 

参考:https://www.shimin.co.jp/2018/01/立石公園の人気再燃/
参考:http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180524/KT180523GJI090011000.php

関連記事

  1. 居酒屋ツアーは欧米圏に大人気?開始5ヶ月で体験者1,000人突破

  2. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  3. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  4. インバウンド需要の拡大に伴い、免税店でのラウンド業務などを代行する新サービスが開始

  5. 2017年の民泊市場が倍増、1,251億円に。りそな総研が試算

  6. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  7. 宮城交通が高速バスに車内Wi-Fiを導入、インバウンド客の利便性向上を図る

  8. 徳島県鳴門市、訪日外国人対応強化 多言語通訳機能タブレットを設置

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP