「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

長野県諏訪市上諏訪の立石公園は、2016年公開のアニメ映画「君の名は。」に登場する風景に似ていることで話題になり、日本人のファンだけではなく、台湾や香港などアジアからの観光客も訪れています。

訪日外国人観光客への対応として、市は今年1月に日本語と中国語(繁体字・簡体字)、英語でJR上諏訪駅から立石公園への行き方を案内するチラシを作り、観光案内所などで配り始めました。「公園の場所が分かりにくい」という観光客からの声を受けて、諏訪市では昨年12月27日に新しい看板を設置しました。今のところは日本語表記のみになっていますが、今後ローマ字を追加する予定があります。

市が行う訪日観光客への対応事例に関する記事は:

 

参考:https://www.shimin.co.jp/2018/01/立石公園の人気再燃/
参考:http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180524/KT180523GJI090011000.php

関連記事

  1. 近畿大学の留学生に大阪の文化「笑い」を提供、吉本興業の「インバウンド向け公演」のマーケティングにも貢…

  2. 代金を割引して西日本の支援を。ANAの「でかけよう西日本」に注目

  3. 淡路島、配車サービスUberの導入実験を開始。インバウンド客の利便性アップへ

  4. 全日空商事の「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」第2弾が開始

  5. 地方企業に特化した経営コンサルのグローカルがインバウンド事業をスタート

  6. JR東日本が英語応対能力検定とeラーニング教材を採用。社員のおもてなし力向上を目指す

  7. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  8. 東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP