宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン予約サービスなどを展開

株式会社アスタリスク(本社:東京都千代田区 代表取締役: 伊藤幸彦)は、インバウンド・ウルトラ富裕層(年収2500万円以上、資産3億以上)向けの、宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」を発表しました。

北海道ニセコ町を起点に試作的な事業として、ラグジュアリーホテル(高級ホテル)・宿泊施設・レジデンス(高級アパートなどの住居)などの施設運営事業者向けに展開を行います。
今後、日本全国の主要都市にも同様の事業を拡大していく方針です。

元々アスタリスクは、ラグジュアリー不動産・ホスピタリティ(人的接客サービス業)・統合型リゾート(IR)分野の開発・企画などの事業を展開しており、今回インバウンド富裕層向けの新サービスとして「GOYOH」を提供します。

日本にある最高水準のモノ・コト・伝統・文化を、ライフスタイルや体験することで、世界に発信していく考えです。

多言語に対応したコンシェルジュサービス「GOYOH」

「GOYOH」は、ラグジュアリーホテルなどの滞在場所に配備された専用端末や専用アカウントを利用。これにより、日本全国の最高級サービスや富裕層向けショッピング、特別な体験等を提供します。

利用者は専用デバイスを使用し、

  • ショッピング
  • 食事
  • 移動
  • 旅行
  • エンターテインメント

などのカテゴリーの中から利用したい項目を選び、楽しめる仕組みです。

またグローバル富裕層向けに、厳選された質の高いサービスを揃えています。

具体的には

  • ミシュラン星付き高級レストランの特別予約
  • 美術館の貸切
  • プライベートジェットサービス

などを利用することが可能です。

ショッピングのカテゴリは、

  • 高級小売店や美術品の買い物
  • プライベートジェット
  • 個人潜水艦

等で、ウルトラ富裕層向けの特別なショッピング体験もあります。

このようにサービスを多言語に対応した専用デバイスで提供することで、利用するインバウンド客の言語ストレスや不安を解消。インバウンド客の満足度向上につなげることが目的です。

宿泊施設側としても、このサービスを導入することで、効率的かつ多彩にサービス事業を展開できます。また周辺の地域と連動することで、伝統産業など地域特性を生かした体験サービスを提供することが可能です。

コンシェルジュサービス「GOYOH」はインバウンド需要の増加を促し、経済的発展や地方再生に貢献できるに違いありません。

またGOYOHの他にもアクティビティを予約するサービスはいくつかあります。詳しくは「インバウンド向けアクティビティ予約サイト7選!訪日外国人の集客につながる工夫とは?」をチェックしてみてください。

参考:http://release.vfactory.jp/release/84707.html

関連記事

  1. 淡路島、配車サービスUberの導入実験を開始。インバウンド客の利便性アップへ

  2. 京都で新しいリアルRPG型の忍者体験が登場

  3. 舞鶴市と韓国間を結ぶ国際フェリー、試験運航で訪日客の増加を狙う

  4. 大手カラオケチェーン店に外貨両替機設置、インバウンドニーズに対応

  5. 首都圏自治体、五輪に向けて受動喫煙対策を検討

  6. 2017年の民泊市場が倍増、1,251億円に。りそな総研が試算

  7. ANAとHuber.社が連携。国際交流やインバウンドプロモーションの強化につなげる

  8. セブンイレブンが民宿鍵の受け取りサービスを発表、6月15日施行の住宅宿泊事業法に合わせて開始

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP