長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最高

2017-18シーズンに、長野県の大町市・白馬村・小谷村にまたがる「HAKUBA VALLEY」を訪れた訪日外国人スキー客は、33万人を突破して、対昨シーズン比約45%増加しました。全体としては、2017-18シーズンの総来場者数が約155万人(前年比約3%増)で、つまり外国人は総来場者数の約21%を占めていることがわかりました。

「HAKUBA VALLEY」は10個のスキー場で構成されるスノーリゾートで、上質なパウダースノーや積雪量を誇り、国内外から評価されています。来場者数の増加要因としては、早めの降雪や、口コミの好評などが挙げられています。

来場国に関しては、オセアニアが半数以上を占め、次いでアジア、欧州、北米となっています。「HAKUBA VALLEY」は来場者数の増加と知名度やブランドイメージの向上を図り、海外のスノーリゾートとの提携や世界的ウィンタースポーツ大会の開催など、様々な試みを行っています。その結果、欧州や北米からの来場者が増えたようです。

Freeride World Tour Hakuba Japan 2018

そのほか、何ヶ所でも自由に滑走できる共通自動改札システムの導入や、空港からの直通バスの増便、エリア内各スキー場をつなぐシャトルバスの充実など、来場者の満足度を高めるための取り組みも進めています。

  • 関連記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000034688.html

関連記事

  1. 京都で新しいリアルRPG型の忍者体験が登場

  2. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  3. 子連れ旅行を楽に!ベビー用品のレンタルサービスが誕生、英語にも対応

  4. 仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲ…

  5. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  6. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  7. 青森市、ねぶた祭に合わせて無料Wi-Fiなどのインバウンド対応を実施

  8. 英会話外国人講師が神奈川県真鶴町の魅力を体験、インバウンド対策を提案するプログラム

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP