長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最高

2017-18シーズンに、長野県の大町市・白馬村・小谷村にまたがる「HAKUBA VALLEY」を訪れた訪日外国人スキー客は、33万人を突破して、対昨シーズン比約45%増加しました。全体としては、2017-18シーズンの総来場者数が約155万人(前年比約3%増)で、つまり外国人は総来場者数の約21%を占めていることがわかりました。

「HAKUBA VALLEY」は10個のスキー場で構成されるスノーリゾートで、上質なパウダースノーや積雪量を誇り、国内外から評価されています。来場者数の増加要因としては、早めの降雪や、口コミの好評などが挙げられています。

来場国に関しては、オセアニアが半数以上を占め、次いでアジア、欧州、北米となっています。「HAKUBA VALLEY」は来場者数の増加と知名度やブランドイメージの向上を図り、海外のスノーリゾートとの提携や世界的ウィンタースポーツ大会の開催など、様々な試みを行っています。その結果、欧州や北米からの来場者が増えたようです。

Freeride World Tour Hakuba Japan 2018

そのほか、何ヶ所でも自由に滑走できる共通自動改札システムの導入や、空港からの直通バスの増便、エリア内各スキー場をつなぐシャトルバスの充実など、来場者の満足度を高めるための取り組みも進めています。

  • 関連記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000034688.html

関連記事

  1. LGBTツーリズムで東北を復興へ 六月よりLGBTツーリズムセミナーを開催

  2. 「ぐるなびインバウンド大作戦」であらゆる飲食店のインバウンド戦略をサポート!

  3. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  4. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  5. 訪日客呼べず、淡路島と関空結ぶフェリー航路運航休止へ

  6. 観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

  7. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  8. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP