無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最高

2017-18シーズンに、長野県の大町市・白馬村・小谷村にまたがる「HAKUBA VALLEY」を訪れた訪日外国人スキー客は、33万人を突破して、対昨シーズン比約45%増加しました。全体としては、2017-18シーズンの総来場者数が約155万人(前年比約3%増)で、つまり外国人は総来場者数の約21%を占めていることがわかりました。

「HAKUBA VALLEY」は10個のスキー場で構成されるスノーリゾートで、上質なパウダースノーや積雪量を誇り、国内外から評価されています。来場者数の増加要因としては、早めの降雪や、口コミの好評などが挙げられています。

来場国に関しては、オセアニアが半数以上を占め、次いでアジア、欧州、北米となっています。「HAKUBA VALLEY」は来場者数の増加と知名度やブランドイメージの向上を図り、海外のスノーリゾートとの提携や世界的ウィンタースポーツ大会の開催など、様々な試みを行っています。その結果、欧州や北米からの来場者が増えたようです。

Freeride World Tour Hakuba Japan 2018

そのほか、何ヶ所でも自由に滑走できる共通自動改札システムの導入や、空港からの直通バスの増便、エリア内各スキー場をつなぐシャトルバスの充実など、来場者の満足度を高めるための取り組みも進めています。

  • 関連記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000034688.html

関連記事

  1. 全日空商事の「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」第2弾が開始

  2. 「CARROZZAレンタカー」がじゃらんに掲載。SNSでのキャンペーンも延長

  3. 中国No.1旅行メディアと日本企業が提携し、越境O2O事業へ参画。インバウンド需要の喚起を目指す

  4. 北海道すすきの、土地の再開発などで訪日客が集まる夜の街へ

  5. 関東で訪日客向けの「PASMO」発売。割引などの特典でICカード利用を促進

  6. JTBが空港内で農産物の販売をスタート。空港とECサイトの連携で販売網を拡大する狙い

  7. 2018年の訪日客数が3000万人を突破。東京五輪に向けて順調な推移

  8. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP