• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

2018年6月から、ANAが運営するふるさと納税ポータルサイト「ANAのふるさと納税」に新たに14自治体が参加しました。参加した自治体は、

  1. 北海道別海町
  2. 岩手県矢巾町
  3. 福島県玉川村
  4. 群馬県沼田市
  5. 神奈川県逗子市
  6. 山梨県甲斐市
  7. 静岡県静岡市
  8. 福井県鯖江市
  9. 鳥取県米子市
  10. 長崎県新上五島町
  11. 熊本県南小国町
  12. 宮崎県日之影町
  13. 宮崎県都城市
  14. 沖縄県本部町

です。

「ANAのふるさと納税」は、他のふるさと納税ポータルサイトと同様に、返礼品内容の確認や寄附の申し込みなどができます。その他、各地のご当地グルメの紹介や最新情報などの発信、ふるさと納税の寄附金の使い道の紹介なども行っております。

特徴としては、寄附金額に応じてANAの特典航空券などと交換できるマイルが貯まるところです。具体的には、

  1. 寄附金額100円につき1マイルをプレゼントする(ANAマイレージクラブ会員向け)
  2. クレジットカードで寄附し獲得できたカードのポイントをマイルに変換できる(ANAのクレジットカード向け)

の二つあります。

ふるさと納税をしてマイルも貯まる、お得なサービスになっています。

 

参考:https://furusato.ana.co.jp/feature/newentry/

PR:インバウンド対策資料を無料ダウンロード

こちらの資料では、ご提案媒体一覧のほか、ANAご搭乗者様の属性なども紹介しております。御社社内でのご検討資料としてお役立てください。

PR: ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け!

ANAのブランド力、航空媒体という特殊性で、地域や街のブランディングや商品・サービスのPRをお手伝いします。

この記事と併せて読まれている記事

  1. 福島でインバウンド共創ツアープログラムが開催。被災からの学びや復興の軌跡などを訪日客に伝える

  2. 貨物輸送のWEB予約サービス「ANA SKY Cargoプラス」で航空輸送がスムーズに

  3. 楽天が兵庫県豊岡市と協定を締結。地域経済の活性化やインバウンド需要創出に意欲

  4. JR東海、74言語に対応した携帯翻訳機を導入。訪日客の疑問にすばやい対応が可能

  5. JAPAN Trip NavigatorがJapanTaxiと連携。新機能追加で利便性が向上

  6. 浜松地域でキャッシュレス化を推進。訪日客の受け入れ体制を整える

  7. 観光庁、インバウンド対応をする宿泊施設のサポート強化へ。支援を利用する事業者の拡大を図る

  8. 大阪万博に向けて進む夢洲付近の都市開発。継続的なインバウンド効果を狙う

「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

訪日観光に関連する業界で設備投資が増加。インバウンドの利便性を強化

PAGE TOP