「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

民泊予約サイト「STAY JAPAN」が運営する株式会社百戦錬磨は、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を目前に控え、これまで多くの違法民泊が仲介サイトから削除されるのを想定し、国内外の旅行者向けに、合法民泊を提案する「宿探しお助けサービス」を開始します。対応言語は、日本語の他に、中国語と英語で対応するサイトも近日中に公開する予定です。

「宿探しお助けサービス」は、専用ページからメールアドレスと希望条件を送信するだけで、24時間以内にスタッフから条件に合った合法な宿泊施設の提案がもらえるというサービスです。旅行者が予約を取り消された場合の代替施設や農業・漁業体験のできる宿など、さまざまな相談に応じます。

  • 民泊に関連する記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000026203.html

関連記事

  1. バニラエア、成田空港と沖縄・石垣島を結ぶ定期便就航

  2. 富士見町開発合同会社とヒルトン、運営契約を締結

  3. 荷物一時預かりシェアリングサービス、アパマンショップ直営の全店舗へ導入

  4. 企業・自治体向けデジタルマーケティングサービス「インバウンドネシア」提供スタート。インドネシアに日本…

  5. 浜松地域でキャッシュレス化を推進。訪日客の受け入れ体制を整える

  6. 福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

  7. 劇団四季、スマートグラスで多言語字幕サービスを提供 訪日観光客および聴覚障害者への対応にも

  8. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP