「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

民泊予約サイト「STAY JAPAN」が運営する株式会社百戦錬磨は、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を目前に控え、これまで多くの違法民泊が仲介サイトから削除されるのを想定し、国内外の旅行者向けに、合法民泊を提案する「宿探しお助けサービス」を開始します。対応言語は、日本語の他に、中国語と英語で対応するサイトも近日中に公開する予定です。

「宿探しお助けサービス」は、専用ページからメールアドレスと希望条件を送信するだけで、24時間以内にスタッフから条件に合った合法な宿泊施設の提案がもらえるというサービスです。旅行者が予約を取り消された場合の代替施設や農業・漁業体験のできる宿など、さまざまな相談に応じます。

  • 民泊に関連する記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000026203.html

関連記事

  1. 九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破

  2. 職人に特化したインターネット活用支援コミュニティ『CRAFT MAKERS』を開始

  3. プリンスホテル、「ナイトタイムエコノミー」への対応強化、夜間イベントを開催

  4. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  5. 泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹…

  6. 観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

  7. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

  8. 東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP