「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

民泊予約サイト「STAY JAPAN」が運営する株式会社百戦錬磨は、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を目前に控え、これまで多くの違法民泊が仲介サイトから削除されるのを想定し、国内外の旅行者向けに、合法民泊を提案する「宿探しお助けサービス」を開始します。対応言語は、日本語の他に、中国語と英語で対応するサイトも近日中に公開する予定です。

「宿探しお助けサービス」は、専用ページからメールアドレスと希望条件を送信するだけで、24時間以内にスタッフから条件に合った合法な宿泊施設の提案がもらえるというサービスです。旅行者が予約を取り消された場合の代替施設や農業・漁業体験のできる宿など、さまざまな相談に応じます。

  • 民泊に関連する記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000026203.html

関連記事

  1. アジアのインフルエンサー産業を活性化、マレーシアにてシンポジウム「你能有多紅 – Liv…

  2. 訪日外国人向け民食サービス「airKitchen」の登録者が急増。民泊規制が追い風に

  3. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

  4. 2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず

  5. 海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

  6. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

  7. 2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

  8. ANA訪日サイト「IS JAPAN COOL? DOU」が国際的な広告賞を受賞。日本伝統の「道(DO…

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP