• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

民泊予約サイト「STAY JAPAN」が運営する株式会社百戦錬磨は、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を目前に控え、これまで多くの違法民泊が仲介サイトから削除されるのを想定し、国内外の旅行者向けに、合法民泊を提案する「宿探しお助けサービス」を開始します。対応言語は、日本語の他に、中国語と英語で対応するサイトも近日中に公開する予定です。

「宿探しお助けサービス」は、専用ページからメールアドレスと希望条件を送信するだけで、24時間以内にスタッフから条件に合った合法な宿泊施設の提案がもらえるというサービスです。旅行者が予約を取り消された場合の代替施設や農業・漁業体験のできる宿など、さまざまな相談に応じます。

  • 民泊に関連する記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000026203.html

この記事と併せて読まれている記事

  1. 茨城県が訪日向け発信にYouTuberを起用。さらに多言語化やPR活動などで地域の活性化を図る

  2. JR東海、74言語に対応した携帯翻訳機を導入。訪日客の疑問にすばやい対応が可能

  3. 観光庁、インバウンド対応をする宿泊施設のサポート強化へ。支援を利用する事業者の拡大を図る

  4. アリペイジャパン、日本の「Alipay」加盟店数30万突破を発表。インバウンド施策として数多くの企業…

  5. ANAが機内で提供する日本酒を選定。人気銘柄で日本食を楽しめるように工夫

  6. LINE PayがNever Payと連携。訪日韓国人の取り込みに意欲

  7. NEC新サービスでスマホからインバウンド動向を分析。大分県での取り組みに注目

  8. 日本の魅力を発信する予約サイト「Voyagin Luxury Experiences」開設。第一弾と…

九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破

ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

PAGE TOP