「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

民泊予約サイト「STAY JAPAN」が運営する株式会社百戦錬磨は、6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を目前に控え、これまで多くの違法民泊が仲介サイトから削除されるのを想定し、国内外の旅行者向けに、合法民泊を提案する「宿探しお助けサービス」を開始します。対応言語は、日本語の他に、中国語と英語で対応するサイトも近日中に公開する予定です。

「宿探しお助けサービス」は、専用ページからメールアドレスと希望条件を送信するだけで、24時間以内にスタッフから条件に合った合法な宿泊施設の提案がもらえるというサービスです。旅行者が予約を取り消された場合の代替施設や農業・漁業体験のできる宿など、さまざまな相談に応じます。

  • 民泊に関連する記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000026203.html

関連記事

  1. 舞鶴市と韓国間を結ぶ国際フェリー、試験運航で訪日客の増加を狙う

  2. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  3. 中国の検索大手バイドゥがJFNと連携。日本のカワイイ文化を発信

  4. 民泊事業を展開する4社が業務提携。宿泊施設などの運営をより効率よく

  5. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

  6. 集まれ大学生!「釜石まつり」を通じて地域活性化「海の祭から地域の『ルーツ』を探るin釜石」参加者募集…

  7. JNTO、インセンティブツアーの誘致セミナーを開催、マレーシアの旅行代理店関係者に日本の企業などがア…

  8. 九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP