山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

山形県は6月5日、台湾と山形空港、庄内空港を結ぶ国際チャーター便を増便すると発表しました。台湾と山形県を結ぶチャーター便は2005年から開始したものです。

今回の増便は今年10月から来年2月にかけて、これまでのピークである35便の4倍で、約140便までに増やします。チャーター便は台湾の「中華航空」が運航し、台湾の桃園国際空港発着で、山形空港に約110便、庄内空港にも約30便の運航になります。

2017年に山形県を訪れた台湾からの訪日外国人数は、全体の半数を占めています。今回の施策を開始することで、インバウンドのさらなる拡大が期待されます。

  • 関連記事:

 

参考:http://mainichi.jp/articles/20180606/ddl/k06/020/146000c

関連記事

  1. 全日空商事の「訪日外国人向けプロモーションパッケージ」第2弾が開始

  2. バニラエア、成田空港と沖縄・石垣島を結ぶ定期便就航

  3. 職人に特化したインターネット活用支援コミュニティ『CRAFT MAKERS』を開始

  4. 企業・自治体向けデジタルマーケティングサービス「インバウンドネシア」提供スタート。インドネシアに日本…

  5. JTBが新商品を発売。カップル向けプランや日本の四季を体験できる内容に

  6. 福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

  7. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  8. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP