• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

山形県は6月5日、台湾と山形空港、庄内空港を結ぶ国際チャーター便を増便すると発表しました。台湾と山形県を結ぶチャーター便は2005年から開始したものです。

今回の増便は今年10月から来年2月にかけて、これまでのピークである35便の4倍で、約140便までに増やします。チャーター便は台湾の「中華航空」が運航し、台湾の桃園国際空港発着で、山形空港に約110便、庄内空港にも約30便の運航になります。

2017年に山形県を訪れた台湾からの訪日外国人数は、全体の半数を占めています。今回の施策を開始することで、インバウンドのさらなる拡大が期待されます。

  • 関連記事:

 

参考:http://mainichi.jp/articles/20180606/ddl/k06/020/146000c

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. 甲子園球場で「台湾デー」が開催。航空券が当たる抽選などでおもてなし

  2. 楽天トラベル、イニエスタ選手を起用したプロモーションを実施。欧州からの訪日客アップへ期待

  3. 日本茶専門店のインバウンドPR動画が公開。海外YouTuberと連携し日本茶の魅力を伝える

  4. 羽田空港の免税エリアで伝統工芸品などを販売。訪日客の動向や購買データをAIで収集

  5. 訪日客向けのSIMカード販売機がQR決済に対応。中国の2大決済サービスで利用可能に

  6. 秩父でキャッシュレス化を普及する動き。QR決済を観光施設や交通機関などに導入

  7. 三陽商会がリニューアルオープンする店舗に「フリギー購」を導入。訪日客の旅マエから商品を提案

  8. イー・ビジネス「QRHOTEL」が宿泊施設での訪日対策に。WeChatとの連携サービスで利便性アップ…

新宿歌舞伎町「ロボットレストラン」がインバウンド集客に成功した4つの理由とは?口コミやSNSでの拡散がカギ

長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最高

PAGE TOP