山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

山形県は6月5日、台湾と山形空港、庄内空港を結ぶ国際チャーター便を増便すると発表しました。台湾と山形県を結ぶチャーター便は2005年から開始したものです。

今回の増便は今年10月から来年2月にかけて、これまでのピークである35便の4倍で、約140便までに増やします。チャーター便は台湾の「中華航空」が運航し、台湾の桃園国際空港発着で、山形空港に約110便、庄内空港にも約30便の運航になります。

2017年に山形県を訪れた台湾からの訪日外国人数は、全体の半数を占めています。今回の施策を開始することで、インバウンドのさらなる拡大が期待されます。

  • 関連記事:

 

参考:http://mainichi.jp/articles/20180606/ddl/k06/020/146000c

関連記事

  1. 外国人利用客の多い「モスバーガー」8店舗にて多言語通訳機を実証実験

  2. SNS映えを狙い、訪日外国人の熱中症対策で和傘の無料貸し出しを実施

  3. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

  4. 北海道釧路市が観光客数を発表。「観光立国ショーケース」としてさら訪日客増加を目指す

  5. 貨物輸送のWEB予約サービス「ANA SKY Cargoプラス」で航空輸送がスムーズに

  6. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  7. 2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず

  8. 訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

メールマガジン



インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PR

ANAの広告媒体で訪日旅客に街の魅力をお届け

PAGE TOP