Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破

九州運輸局は6月6日、3月の九州への外国人入国者数(船舶での観光上陸を含む)を発表しました。2017年度(昨年4月から今年3月まで)の累計外国人入国者数は511万7752人で、前年度比では28%増えました。

月別のデータにおいては、3月単月の外国人入国者数は40万624人(前年同月比11%増)でした。これより、40万人を超えるのは10カ月連続になります。国別においては、最も多いのが韓国からの20万948人(22%増)です。一方、中国本土からは10万871人で15%減ったようです。

中国の旅行会社の間で価格競争が激しくなったことで収益に影響を与え、中国からのクルーズ船が減少したことが影響したとみられています。ただ中国の旅行ニーズは旺盛で、中期的には引き続き増加すると思われています。

しかし、外国人入国者が増えている中で、いかに一人当たりの消費額を高めるかという工夫が重要になってきているのに対して、地元商店の外国語対応や中国で普及しているキャッシュレス決済対応などの整備は、まだ整っていない状態です。

  • おすすめ記事:

 

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3143665006062018LX0000/

関連記事

  1. ANA訪日サイト「IS JAPAN COOL? DOU」が国際的な広告賞を受賞。日本伝統の「道(DO…

  2. 黒部ビューホテルが食をバリアフリー化。食事制限のあるインバウンド客などに対応

  3. 大阪市西成区の新築マンションが即日完売。インバウンド需要アップの影響か

  4. ドコモ・インサイトマーケティングが2月の訪日客数を発表。前年と比べて全体的に好調な推移

  5. 愛知県がインバウンド向けのモニターツアー実施。農作物の魅力をSNSなどで伝える

  6. 岩手銀行と凸版印刷株式が連携。キャッシュレス化の推進に向けて環境の整備へ

  7. アリペイジャパン、日本の「Alipay」加盟店数30万突破を発表。インバウンド施策として数多くの企業…

  8. 大阪万博に向けて進む夢洲付近の都市開発。継続的なインバウンド効果を狙う

PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP