九州の外国人入国者、2017年度は前年比28%増、500万人突破

九州運輸局は6月6日、3月の九州への外国人入国者数(船舶での観光上陸を含む)を発表しました。2017年度(昨年4月から今年3月まで)の累計外国人入国者数は511万7752人で、前年度比では28%増えました。

月別のデータにおいては、3月単月の外国人入国者数は40万624人(前年同月比11%増)でした。これより、40万人を超えるのは10カ月連続になります。国別においては、最も多いのが韓国からの20万948人(22%増)です。一方、中国本土からは10万871人で15%減ったようです。

中国の旅行会社の間で価格競争が激しくなったことで収益に影響を与え、中国からのクルーズ船が減少したことが影響したとみられています。ただ中国の旅行ニーズは旺盛で、中期的には引き続き増加すると思われています。

しかし、外国人入国者が増えている中で、いかに一人当たりの消費額を高めるかという工夫が重要になってきているのに対して、地元商店の外国語対応や中国で普及しているキャッシュレス決済対応などの整備は、まだ整っていない状態です。

  • おすすめ記事:

 

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3143665006062018LX0000/

関連記事

  1. JTBとラオックスが業務提携。訪日プロモーションで企業や自治体などを支援

  2. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  3. トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

  4. インバウンド対策としてのairbnb:民泊新法と手続きを知ろう

  5. ペイサーがDACと提携。中国のSNS運用支援に乗りだす意向

  6. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

  7. 日本法人バイドゥが訪日中国人のアンケート調査を実施。日本の正規商品は旅行時に購入

  8. 7月の訪日客数。西日本の地震や豪雨の影響で客足が遠のく結果に

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP