カラオケボックスチェーン「ビッグエコー」はWeChat Payを導入

株式会社第一興商とNTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、訪日中国人の利便性向上を図り、6月13日からモバイル決済サービス「WeChat Pay」を、計25店舗のカラオケルーム「ビッグエコー」に導入します。また、国内向けに、LINEが提供するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の利用も可能になります。

中国人のお客様のロイヤリティの向上を目指し、「WeChat Pay」を利用したお客様に、専用クーポンの配信などのプロモーションも検討していきます。

NTT Comが、「WeChat Pay」や「LINE Pay」などあらゆるモバイルQRコード決済に対応するアプリケーション「StarPay」を、店舗決済用のタブレットに導入することにより、「WeChat Pay」や「LINE Pay」でのお支払いができるようになります。

今後両社は、利用状況に応じて、「WeChat Pay」と「LINE Pay」の取り扱い店舗を順次拡大していく方針です。

  • もっと訪日中国人の事情を知りましょう:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000375.000014607.html

関連記事

  1. 民泊事業を展開する4社が業務提携。宿泊施設などの運営をより効率よく

  2. 「スマホだけで旅行が完結するアプリ」の実験が九州で開始

  3. 東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

  4. 多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報の提供機能を追加。AIによる自動対応で人手不足…

  5. JTB、訪日客向け案内所にデジタルサイネージを設置。Airbnbサービスの認知向上を狙う

  6. 北海道と関西でインバウンド向けのキャンペーンを開始。風評被害払拭に尽力

  7. ANA「Tastes of JAPAN by ANA -Explore the regions-」九…

  8. 月間PV数350万以上の香港向け訪日インバウンドメディア「LIKE JAPAN」が日本国内で広告サー…

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP