• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

IoTで千葉・佐原に訪日外国人を誘致促進

NTT東日本千葉事業部などは6月8日、千葉県香取市佐原地区の宿泊施設や観光施設に、外国人向けに観光情報などを提供するIoTサービスを始めたと発表しました。

この取り組みは、江戸情緒あふれる町並みが残る佐原へのインバウンド集客促進を図り、NTT東とニッポニアサワラ、アクアビットスパイラルズの3社が企画したものです。NTT東はWi-Fi環境の整備を担って、アクアビットはデバイスの提供を行います。設置場所はニッポニアサワラが運営する佐原の宿泊施設などになっています。

同サービスは、利用者がカード型デバイスにスマートフォンをかざすだけで、施設情報や観光情報を外国語で自動的に送信するため、外国人が正確な情報を簡単に入手でき、より快適に観光できるようになる、としています。

このサービスを導入することで、外国人観光客の利便性が高まるほか、外国語での対応が少なくなるため宿泊施設や観光施設などの受け入れ側の負担が低減すると期待されます。また、収集したデータは佐原の観光マーケティングへの応用が検討されているそうです。

  • 関連記事:

 

参考:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00476794

この記事と併せて読まれている記事

  1. 京都府で外国人のマナー向上の実証実験が開始。データをもとに今後の対策に活用

  2. 訪日客に「サムライ体験」を。山形県村山市が「居合道観光体験プログラム」を作成

  3. 白馬村とKDDIが業務連携。通信技術やアプリを使ってインバウンド客の利便性アップへ

  4. 日本酒の説明をQRコードで多言語化。中部国際空港の取り組みに注目

  5. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

  6. ファミリーマートで英語の店内放送がスタート。訪日客へ商品などを訴求

  7. 「観光遺産産業化ファンド」で国や自治体、各企業が連携。総額30億円出資など観光事業の支援へ

  8. Catalu JAPANとJ&J事業創造の共同事業。インバウンド客が伝統工芸品をお土産にす…

空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

中国消費者向けECサイト「豌豆公主(ワンドウ)」が、オンライン免税店で資生堂コスメティックブランド商品を展開

PAGE TOP