IoTで千葉・佐原に訪日外国人を誘致促進

NTT東日本千葉事業部などは6月8日、千葉県香取市佐原地区の宿泊施設や観光施設に、外国人向けに観光情報などを提供するIoTサービスを始めたと発表しました。

この取り組みは、江戸情緒あふれる町並みが残る佐原へのインバウンド集客促進を図り、NTT東とニッポニアサワラ、アクアビットスパイラルズの3社が企画したものです。NTT東はWi-Fi環境の整備を担って、アクアビットはデバイスの提供を行います。設置場所はニッポニアサワラが運営する佐原の宿泊施設などになっています。

同サービスは、利用者がカード型デバイスにスマートフォンをかざすだけで、施設情報や観光情報を外国語で自動的に送信するため、外国人が正確な情報を簡単に入手でき、より快適に観光できるようになる、としています。

このサービスを導入することで、外国人観光客の利便性が高まるほか、外国語での対応が少なくなるため宿泊施設や観光施設などの受け入れ側の負担が低減すると期待されます。また、収集したデータは佐原の観光マーケティングへの応用が検討されているそうです。

  • 関連記事:

 

参考:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00476794

関連記事

  1. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  2. 民泊事業を展開する4社が業務提携。宿泊施設などの運営をより効率よく

  3. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  4. 東南アジア大使館関係者が山梨県笛吹市の魅力を学ぶ 〜訪日外国人観光客誘致を目的とした視察訪問〜

  5. 米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始

  6. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  7. 政府がムスリム訪日客を増やすための行動計画を策定。訪日客4,000万人達成に向けて1歩前進

  8. 外国人富裕層の獲得を目指すインバウンド支援を開始します。インバウンドセミナーシリーズ 参加者を募集

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP