IoTで千葉・佐原に訪日外国人を誘致促進

NTT東日本千葉事業部などは6月8日、千葉県香取市佐原地区の宿泊施設や観光施設に、外国人向けに観光情報などを提供するIoTサービスを始めたと発表しました。

この取り組みは、江戸情緒あふれる町並みが残る佐原へのインバウンド集客促進を図り、NTT東とニッポニアサワラ、アクアビットスパイラルズの3社が企画したものです。NTT東はWi-Fi環境の整備を担って、アクアビットはデバイスの提供を行います。設置場所はニッポニアサワラが運営する佐原の宿泊施設などになっています。

同サービスは、利用者がカード型デバイスにスマートフォンをかざすだけで、施設情報や観光情報を外国語で自動的に送信するため、外国人が正確な情報を簡単に入手でき、より快適に観光できるようになる、としています。

このサービスを導入することで、外国人観光客の利便性が高まるほか、外国語での対応が少なくなるため宿泊施設や観光施設などの受け入れ側の負担が低減すると期待されます。また、収集したデータは佐原の観光マーケティングへの応用が検討されているそうです。

  • 関連記事:

 

参考:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00476794

関連記事

  1. 居酒屋ツアーは欧米圏に大人気?開始5ヶ月で体験者1,000人突破

  2. 東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

  3. 訪日観光に関連する業界で設備投資が増加。インバウンドの利便性を強化

  4. 観光庁、訪日ムスリムの受け入れでアクション・プラン策定、食事・礼拝環境などの整備を

  5. 徳島県、訪日客向けのバス2日乗り放題券を発売

  6. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

  7. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

  8. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP