Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

インバウンドの拡大で航空機利用の増加に対する労働力不足が深刻化していることを受け、国土交通省は自動走行車両で乗客や乗員の輸送をする実証実験を実施します。実証実験は2018年10月から2019年2月頃にかけて行う予定です。

メーカーなどの実施事業者の公募も7月頃に開始する予定で、自動運転におけるレベル3以上の実証実験の実績をお持ちの事業者のみ応募可能。レベル3とは、高速道路などの特定場所での運転が全て自動化され、緊急時だけ運転手が操作する条件付き自動運転のことです。

実証実験は、羽田空港、成田空港、中部空港、仙台空港のいずれかで実施し、自動走行車両の導入に向けた課題を洗い出します。

  • 関連記事:

 

参考①:https://www.travelvoice.jp/20180530-111910
参考②:https://panda-usedcar.com/自動運転/

関連記事

  1. 日本の花嫁・花婿姿を宿泊プランで体験。ハネムーンで訪れた外国人客を呼び込む

  2. 宮城県がガイド検索サイトを新設。ガイドと利用者を結ぶシステムに注目

  3. インバウンド向け観光バス「スカイホップバス」、JTBなど3社が共同で新会社設立

  4. 松山空港ビルがインバウンド集客に向けて改装。免税店の拡充や電子決済サービスの導入を予定

  5. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  6. 中国消費者向けECサイト「豌豆公主(ワンドウ)」が、オンライン免税店で資生堂コスメティックブランド商…

  7. 島根県出雲市のインバウンドPR動画、公開から約4ヵ月で視聴回数1,200万回突破

  8. 訪日外国人向け民食サービス「airKitchen」の登録者が急増。民泊規制が追い風に

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP