空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

インバウンドの拡大で航空機利用の増加に対する労働力不足が深刻化していることを受け、国土交通省は自動走行車両で乗客や乗員の輸送をする実証実験を実施します。実証実験は2018年10月から2019年2月頃にかけて行う予定です。

メーカーなどの実施事業者の公募も7月頃に開始する予定で、自動運転におけるレベル3以上の実証実験の実績をお持ちの事業者のみ応募可能。レベル3とは、高速道路などの特定場所での運転が全て自動化され、緊急時だけ運転手が操作する条件付き自動運転のことです。

実証実験は、羽田空港、成田空港、中部空港、仙台空港のいずれかで実施し、自動走行車両の導入に向けた課題を洗い出します。

  • 関連記事:

 

参考①:https://www.travelvoice.jp/20180530-111910
参考②:https://panda-usedcar.com/自動運転/

関連記事

  1. 英会話外国人講師が神奈川県真鶴町の魅力を体験、インバウンド対策を提案するプログラム

  2. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  3. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  4. Vチューバーを使った観光誘致が各地で。特産品や観光情報を世界に発信

  5. 地域を元気に!ご当地プロレス最大級のお祭り!武藤敬司プロデュース“プロレスフェス2018” 2018…

  6. 日本が誇るポップカルチャー「コスプレ」と「ウェディング」を融合させた新しいウェディングスタイル コス…

  7. ナビタイムジャパン、訪日客の行動分析システムを提供開始。企業などのインバウンド対策をサポート

  8. 長野県白馬、古民家などを利用しスキーリゾート地を再生開発。国内外からの観光客を呼び込む

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP