インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

インバウンドの拡大で航空機利用の増加に対する労働力不足が深刻化していることを受け、国土交通省は自動走行車両で乗客や乗員の輸送をする実証実験を実施します。実証実験は2018年10月から2019年2月頃にかけて行う予定です。

メーカーなどの実施事業者の公募も7月頃に開始する予定で、自動運転におけるレベル3以上の実証実験の実績をお持ちの事業者のみ応募可能。レベル3とは、高速道路などの特定場所での運転が全て自動化され、緊急時だけ運転手が操作する条件付き自動運転のことです。

実証実験は、羽田空港、成田空港、中部空港、仙台空港のいずれかで実施し、自動走行車両の導入に向けた課題を洗い出します。

  • 関連記事:

 

参考①:https://www.travelvoice.jp/20180530-111910
参考②:https://panda-usedcar.com/自動運転/

関連記事

  1. イオンが「みえる通訳」を導入。東南アジアの言語にも対応できる体制を整える。

  2. ネスレ、インバウンド向けに梅酒の新商品を開発。期間限定の日本酒バーでお酒の体験も

  3. AIを使った多言語アプリが登場。自動で質問に答え、文章の学習も可能

  4. 島根県で出雲弁を活用したインバウンド対策。冊子を作成し訪日客との交流に役立てる

  5. ひろ着物学院が外国人向けの着付け紹介本を出版。英語による解説で着物の魅力を世界に広める

  6. SNSを使ったインバウンド対策をリゾーム社が開始。KOLマーケティングに注目

  7. OYOホテルズジャパンの新ビジネス「OYO Ryokan」。伝統的な旅館の魅力と訪日客の過ごしやすさ…

  8. 公共エリアなどに無料Wi-Fiを整えるサービスをUSENが提供。快適な通信環境でインバウンド需要を高…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP