• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

訪日外国人に英語で地元を紹介!「ネイティブキャンプ英会話」が無料オリジナル教材「都道府県教材 岐阜県」をリリース

ネイティブキャンプ英会話は、日本各地の特色などをオリジナル英会話教材に作成しています。今回、2018年6月に新しくリリースした「都道府県教材 岐阜県」は、14個目の教材になります。こちらの教材は、無料で利用できます。

この企画は、年々増加する訪日外国人に、日本人が英語で紹介できるようにする目的で、2017年6月から開始したものです。2020年のオリンピックまでに、100箇所分に該当する100種類の教材を作成する目標を設定しています。

外国の方に日本の魅力を伝えたい、英語で観光案内がしたい方へオススメの教材です。

  • 関連記事:

 

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000123.000012419.html

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. JR東日本がQRコードで通過できる新しい改札機器を実験。ICカードなしでも利用可になるか

  2. アジアのインフルエンサー産業を活性化、マレーシアにてシンポジウム「你能有多紅 – Liv…

  3. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

  4. 松山空港ビルがインバウンド集客に向けて改装。免税店の拡充や電子決済サービスの導入を予定

  5. 訪日外国人向け民食サービス「airKitchen」の登録者が急増。民泊規制が追い風に

  6. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  7. インバウンド需要増で「戸建型宿泊施設」が島根で誕生。新型宿泊設備の提案

  8. 大阪観光局が食文化を生かしたマーケティング研究結果を発表。名物やストリートフードが注目される結果に

観光地に「混雑課金」導入の流れ、インバウンド客増加による車での流入制限が目的か

泊食分離(はくしょくぶんり)で旅館の稼働率をアップ。飲食店の活性化にもつなげた星野リゾートの事例を紹介します

PAGE TOP