• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

訪日旅行を専門とする老舗旅行会社ティ・エ・エス(以下TAS)と、デジタル広告・マーケティング事業を展開している株式会社D2Cが、訪日外国人向けのインバウンドマーケティング事業において業務提携を行いました。

両社はこの業務提携を皮切りに、様々なインバウンドマーケティング事業を展開し、サービス強化を図ります。

今回、提携事業の第1弾として、TASが運営するインバウンド向けサイト「ZEKKEI Japan」の広告商品をD2Cが販売する予定です。

訪日外国人向けに様々な角度からのPRで集客を狙う

D2Cは、デジタル広告・マーケティング会社として、これまで数多くのWEBメディア広告商品を販売した実績とノウハウがあります。今年4月には、インバウンドマーケティング専門組織「インバウンド事業部」を設立。

今回「ZEKKEI Japan」の広告商品を、日本の観光地で集客を図る地方自治体や宿泊施設、レジャー施設などの広告主に販売する予定です。

「ZEKKEI Japan」の広告商品は、訪日外国人の国や地域によって

  • 「ZEKKEI Japan」でのPR記事
  • 東南アジアの現地旅行会社にツアー企画を提案

の2種類に分けて、さまざまな客層にアプローチしていることです。

『「ZEKKEI Japan」でのPR記事』はWEBで情報収集することの多い個人旅行客がターゲット。具体的には、

  • 台湾
  • 香港

です。

また、『現地の旅行会社にツアー企画を提案』する場合は、団体客流入が狙える現地の旅行会社にターゲットを定めています。

現地の旅行会社をターゲットとする国は、

  • ベトナム
  • インドネシア
  • タイ
  • シンガポール
  • マレーシア

などの東南アジアが中心です。

日本の美しい風景を世界に発信する「ZEKKEI Japan」

TASが運営するインバウンド向けサイト「ZEKKEI Japan」は、プロカメラマンが撮影した風景写真を通じて、地方の魅力を世界に発信することが目的です。

これから旬になるであろう7〜8月のおすすめスポットや、今月の人気エリアなどホットな観光情報をお届けしています。

リサーチ方法として、

  • エリア
  • 季節
  • 時間帯
  • イメージ
  • 観光地
  • 自然

などたくさんのカテゴリ別に検索することが可能です。

また日本語の他に、

  • 英語
  • 中国語(簡体字・繁体字)

にも対応しています。

TASとD2Cの業務提携は、お互いの事業の長所を活かし、インバウンドサービスの強化に努めることが目的です。また地方自治体や観光事業を行う企業の活性化につながり、インバウンド経済の発展につながるのではないでしょうか。

訪日客向けのウェブメディアについては「目的別に選ぶインバウンド向けメディア5選!情報を的確に読者へ届けるために」でも紹介しているので、気になる方はご一読ください。

参考:http://www.d2c.co.jp/news/2018/06/12/2783/

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. 観光庁が名刺サイズのリーフレットを制作。災害時などの情報収集する手段として訪日客に配布

  2. トリプラと京成バスが協業。チャットボットでの問い合わせ対応を強化

  3. 日本国内の約5万件のホテル・旅館・民泊を一括検索、比較ができるiOSアプリ「WithTravel」を…

  4. PayPayがAlipayと連携。中国人インバウンド客の増加を図る

  5. 松山市がBluetooth(ブルートゥース)でのインバウンド対策を開始。Wi-Fiや案内板の設置に役…

  6. LINE Payを海外でも使用可能に。インバウンド業界からキャッシュレス化の流れが加速

  7. 鳥取県で周遊パスが発売。漫画をコンテンツにしてインバウンド対策を

  8. 観光庁が外国人向けマナー啓発動画を作成。旅行を楽しんでもらうために、日本の当たり前を伝える

タイのサッカー選手・ティーラシンがサンフレッチェ広島へ加入。訪日タイ人への影響と地方へ呼び込む方法とは?

訪日客呼べず、淡路島と関空結ぶフェリー航路運航休止へ

PAGE TOP