Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

観光庁がまとめた都道府県別消費税免税店数(2018年4月1日現在)においては、福井県は免税店が1店増えましたが、都道府県別で最下位に転落しました。

調査によりますと、全国の免税店数は4万4646店で、最も多いのは東京都の1万1656店でした。福井県は70店で最下位になりました。

日本の免税店は2014年に免税対象が食料品や化粧品を含む全品目に拡大されたことから全国的に増加しました。福井県の免税店は同年10月の調査では3店舗でしたが、翌年に県が広域誘客課を設置し、外国人誘客を本格化したこともあり、一気に増加しました。しかし、現時点では県内で買い物する外国人観光客があまり多くないため、多くの事業者は費用対効果の面で免税店化をためらっているようです。

  • 免税に関する記事もぜひご一読ください:

参考:http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/602307

関連記事

  1. ソフトバンクと中国配車サービス会社が新事業を開始。新たなビジネスモデルに注目

  2. KDDIとギフティが訪日客へクーポンやギフトの配布実験を開始。データは今後のインバウンド対策に

  3. 北海道富良野・旭川エリアに特化したアクティビティ・ツアー予約サイト「トレジャーフラノ」をオープン!

  4. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

  5. バーコード読み取りの多言語対応アプリ「Payke(ペイク)」登場。沖縄のベンチャー企業が開発

  6. ANA訪日サイト「IS JAPAN COOL? DOU」が国際的な広告賞を受賞。日本伝統の「道(DO…

  7. インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

  8. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP