インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

観光庁がまとめた都道府県別消費税免税店数(2018年4月1日現在)においては、福井県は免税店が1店増えましたが、都道府県別で最下位に転落しました。

調査によりますと、全国の免税店数は4万4646店で、最も多いのは東京都の1万1656店でした。福井県は70店で最下位になりました。

日本の免税店は2014年に免税対象が食料品や化粧品を含む全品目に拡大されたことから全国的に増加しました。福井県の免税店は同年10月の調査では3店舗でしたが、翌年に県が広域誘客課を設置し、外国人誘客を本格化したこともあり、一気に増加しました。しかし、現時点では県内で買い物する外国人観光客があまり多くないため、多くの事業者は費用対効果の面で免税店化をためらっているようです。

  • 免税に関する記事もぜひご一読ください:

参考:http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/602307

関連記事

  1. チェス×有田焼。価格をおさえた普及版で伝統工芸産業を盛り上げる

  2. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

  3. 大阪高島屋の東別館がホテルに転身。百貨店エリアとの連携で需要を掘り起こす狙い

  4. Gardia(ガルディア)「No Show(無断キャンセル)保証サービス」の導入事業者(飲食、宿泊、…

  5. 中国語のリスニングと発音の強化に特化した無料の中国語学習アプリ「中国語耳ゲー for Android…

  6. インデンコンサルティングが「オンライン外国語学習サービス」を開始。施設の外国人対応の強化につなげる

  7. 観光庁が観光コンテンツモデル事業の実践者を募集。訪日客の誘致と地域経済の活性化をめざす

  8. 四国医療サービスがハラール食品を販売。ムスリム向けのインバウンド対策として和食を提供

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP