福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

観光庁がまとめた都道府県別消費税免税店数(2018年4月1日現在)においては、福井県は免税店が1店増えましたが、都道府県別で最下位に転落しました。

調査によりますと、全国の免税店数は4万4646店で、最も多いのは東京都の1万1656店でした。福井県は70店で最下位になりました。

日本の免税店は2014年に免税対象が食料品や化粧品を含む全品目に拡大されたことから全国的に増加しました。福井県の免税店は同年10月の調査では3店舗でしたが、翌年に県が広域誘客課を設置し、外国人誘客を本格化したこともあり、一気に増加しました。しかし、現時点では県内で買い物する外国人観光客があまり多くないため、多くの事業者は費用対効果の面で免税店化をためらっているようです。

  • 免税に関する記事もぜひご一読ください:

参考:http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/602307

関連記事

  1. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

  2. 徳島県、訪日客向けのバス2日乗り放題券を発売

  3. 劇団四季、スマートグラスで多言語字幕サービスを提供 訪日観光客および聴覚障害者への対応にも

  4. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

  5. 「ウサギの島」で人気の広島・大久野島、観光客数過去最高記録を更新

  6. 訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

  7. 「君の名は。」の影響で、長野県諏訪市の立石公園はアジアからの観光客が殺到

  8. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP