無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版 無料!データで分かる 訪日中国人の旅行動向最新版

福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

観光庁がまとめた都道府県別消費税免税店数(2018年4月1日現在)においては、福井県は免税店が1店増えましたが、都道府県別で最下位に転落しました。

調査によりますと、全国の免税店数は4万4646店で、最も多いのは東京都の1万1656店でした。福井県は70店で最下位になりました。

日本の免税店は2014年に免税対象が食料品や化粧品を含む全品目に拡大されたことから全国的に増加しました。福井県の免税店は同年10月の調査では3店舗でしたが、翌年に県が広域誘客課を設置し、外国人誘客を本格化したこともあり、一気に増加しました。しかし、現時点では県内で買い物する外国人観光客があまり多くないため、多くの事業者は費用対効果の面で免税店化をためらっているようです。

  • 免税に関する記事もぜひご一読ください:

参考:http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/602307

関連記事

  1. 日本の観光資源を映画化し、海外へ発信するソリューションを提供

  2. 政府がムスリム訪日客を増やすための行動計画を策定。訪日客4,000万人達成に向けて1歩前進

  3. 谷中で豆腐、味噌からカレー、ビーガンラーメンや書道・茶道まで多彩な体験プログラムを用意【九条Toky…

  4. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

  5. 豊岡鞄、東京駅前の複合商業施設に進出。地域ブランドを世界にPR

  6. 秋田の3市町がガイド付きサイクリングツアーを企画。季節感あふれる景色で訪日客を魅了

  7. 百貨店4社が12月の売上を発表。インバウンドに人気の化粧品や高級品が好調

  8. 近畿大学の留学生に大阪の文化「笑い」を提供、吉本興業の「インバウンド向け公演」のマーケティングにも貢…

地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP