福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

観光庁がまとめた都道府県別消費税免税店数(2018年4月1日現在)においては、福井県は免税店が1店増えましたが、都道府県別で最下位に転落しました。

調査によりますと、全国の免税店数は4万4646店で、最も多いのは東京都の1万1656店でした。福井県は70店で最下位になりました。

日本の免税店は2014年に免税対象が食料品や化粧品を含む全品目に拡大されたことから全国的に増加しました。福井県の免税店は同年10月の調査では3店舗でしたが、翌年に県が広域誘客課を設置し、外国人誘客を本格化したこともあり、一気に増加しました。しかし、現時点では県内で買い物する外国人観光客があまり多くないため、多くの事業者は費用対効果の面で免税店化をためらっているようです。

  • 免税に関する記事もぜひご一読ください:

参考:http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/602307

関連記事

  1. ホームアウェイら3者、古民家認知拡大と地域活性化を目指した業務提携を締結

  2. クーポン掲載開始】香港人気最大級、訪日インバウンドメディア「LIKEJAPAN」(ライクジャパン)上…

  3. 日本の観光資源を映画化し、海外へ発信するソリューションを提供

  4. 別府市内路線バスが1日乗り放題など、インバウンド向け観光サービス開始

  5. 汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

  6. 神奈川県、ボランティアガイド講座を本格化。無料で質の高いガイド育成へ

  7. 自転車を使った観光事業。「Brompton 旅切符」の取り組みに注目

  8. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP