訪日客呼べず、淡路島と関空結ぶフェリー航路運航休止へ

株式会社淡路関空ラインは、淡路島にある洲本港(兵庫県洲本市)と関西空港の間で高速船を運航しているフェリーの航路を7月13日をもって運航を休止すると発表しました。

訪日外国人を淡路島に誘致したいと考える地元経済界などの意向を受け、昨年7月に10年ぶりに復活させた航路。年間9万人の利用を目標としていましたが、思うように集客ができず、今年5月末までで約1万6千人の利用しかありませんでした。

淡路関空ラインでは「7月で運航休止となるが、航路は廃止しない方針」としており、再開の道を模索するようです。

    • おすすめ記事:

参考:https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011349193.shtml

関連記事

  1. 外国人の就労拡大へ 単純労働における新資格の創設を

  2. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  3. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  4. 劇団四季、スマートグラスで多言語字幕サービスを提供 訪日観光客および聴覚障害者への対応にも

  5. 民泊新法が全国でスタート、東京五輪へ向けて訪日客の受入整備が加速

  6. 居酒屋ツアーは欧米圏に大人気?開始5ヶ月で体験者1,000人突破

  7. ホテル向けのAirbnb無料掲載サービスは9月末まで限定スタート、最短三日で掲載開始

  8. イベント「JAPAN INBOUND FESTIVAL(ジャパフェス)」開催で世界中のインフルエンサ…

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP