訪日客呼べず、淡路島と関空結ぶフェリー航路運航休止へ

株式会社淡路関空ラインは、淡路島にある洲本港(兵庫県洲本市)と関西空港の間で高速船を運航しているフェリーの航路を7月13日をもって運航を休止すると発表しました。

訪日外国人を淡路島に誘致したいと考える地元経済界などの意向を受け、昨年7月に10年ぶりに復活させた航路。年間9万人の利用を目標としていましたが、思うように集客ができず、今年5月末までで約1万6千人の利用しかありませんでした。

淡路関空ラインでは「7月で運航休止となるが、航路は廃止しない方針」としており、再開の道を模索するようです。

    • おすすめ記事:

参考:https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011349193.shtml

関連記事

  1. 「スマホだけで旅行が完結するアプリ」の実験が九州で開始

  2. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

  3. 目の前にいる訪日旅行者の声を聞く『訪日Myゲストリサーチ』提供開始

  4. アジアのインフルエンサー産業を活性化、マレーシアにてシンポジウム「你能有多紅 – Liv…

  5. 集まれ大学生!「釜石まつり」を通じて地域活性化「海の祭から地域の『ルーツ』を探るin釜石」参加者募集…

  6. 東北を縦断するサイクリングツアーが実施。インバウンド客を「コト消費」で呼び込む

  7. 劇団四季、スマートグラスで多言語字幕サービスを提供 訪日観光客および聴覚障害者への対応にも

  8. 汐留、目黒も東京にあるのが分からない?ホテルの名称に「東京」を入れる動きが相次ぐ!

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP