訪日客呼べず、淡路島と関空結ぶフェリー航路運航休止へ

株式会社淡路関空ラインは、淡路島にある洲本港(兵庫県洲本市)と関西空港の間で高速船を運航しているフェリーの航路を7月13日をもって運航を休止すると発表しました。

訪日外国人を淡路島に誘致したいと考える地元経済界などの意向を受け、昨年7月に10年ぶりに復活させた航路。年間9万人の利用を目標としていましたが、思うように集客ができず、今年5月末までで約1万6千人の利用しかありませんでした。

淡路関空ラインでは「7月で運航休止となるが、航路は廃止しない方針」としており、再開の道を模索するようです。

    • おすすめ記事:

参考:https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011349193.shtml

関連記事

  1. 宮城交通が高速バスに車内Wi-Fiを導入、インバウンド客の利便性向上を図る

  2. オンラインでインバウンド業務を学ぶ。「インバウンドリーダー」に注目

  3. 日本国内の約5万件のホテル・旅館・民泊を一括検索、比較ができるiOSアプリ「WithTravel」を…

  4. 長野県HAKUBA VALLEY、訪日スキー客は2017-18シーズン、33万人(45%増)で過去最…

  5. 岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

  6. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  7. 家電をジェスチャー操作する実験が公開。IoT技術を活用したインバウンド対応に期待大

  8. 代金を割引して西日本の支援を。ANAの「でかけよう西日本」に注目

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP