山梨県笛吹市、インバウンド向け観光サイト「THE PEACH CITY」を開始

一般社団法人笛吹市観光物産連盟がインバウンド向けの観光情報サイト「THE PEACH CITY」を公開しました。当サイトは日本語と英語の2ヶ国語で情報を発信しています。四季折々のイベント情報のほかに、新たに「人」や「地域」などに着目し、多彩なコンテンツを掲載しています。

近年、訪日外国人が徐々に「体験型の観光」を求めはじめています。日本一の桃の生産地と首都圏から近い温泉郷として知られる笛吹市は、「体験型の観光」をもっと訪日外国人にアピールすべきと考え、ウェブサイトを立ち上げるに至った、としています。

THE PEACH CITYホームページ

「THE PEACH CITY」というサイトを通して、山梨県笛吹市でしか体験できない観光資源を発信しつつ、イメージの定着と向上を図り、更なる外国人観光客誘致を目指します。

  • おすすめ記事:

参考:https://www.value-press.com/pressrelease/202679

関連記事

  1. 観光庁の「宿泊施設インバウンド対応支援事業」とは?内容と申込み方法を解説。

  2. 楽天グループ、プリペイドSIMカードと観光情報アプリを連動。インバウンド客のニーズに応える

  3. 代々木上原、大山、小田原などの観光地を英語ガイドで案内。下北沢ツアーもリニューアル

  4. 別府がAirbnbとの提携で温泉地を世界に発信。ラグビーW杯に向け、インバウンド客の受け入れ体制を広…

  5. 2018年度上半期インバウンド客の旅行消費額。クルーズ客が増加するも消費は増えず

  6. AIを使った多言語アプリが登場。自動で質問に答え、文章の学習も可能

  7. 空港で自動運転の実証実験、7月から実施事業者を公募、10月から実施

  8. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP