2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

政府は2018年6月12日に行われた、「観光立国推進閣僚会議」の第9回会合で、「観光ビジョン実現プログラム2018」(観光ビジョンの実現に向けたアクション・プログラム2018)の実施を決定しました。

「観光ビジョン実現プログラム2018」は、「明日の日本を支える観光ビジョン(以下、観光ビジョン)」の概要にある、訪日外国人数や訪日外国人旅行消費額などの目標を実現するための行動計画です。

具体的な目標は、

  • 訪日外国人旅行者数:4000万人
  • 訪日外国人旅行消費額:8兆円
  • 地方部での外国人延べ宿泊者数:7000万人泊
  • 外国人リピーター数:2400万人
  • 日本人国内旅行消費額:21兆円

を、2020年に達成することです。

この「観光ビジョン」目標を達成するために、昨年9月から今年6月にかけて過去8回にわたり「観光戦略実行推進タスクフォース」を開催してきました。

今までの内容では、

  • 急速に進む個人旅行化
  • 個人旅行化に対応する地方への展開
  • 体験型観光の関心

など、インバウンドの変化に対応した施策の具体策を、有識者の意見を聞きつつ検討を重ねています。

「観光ビジョン実現プログラム2018」の、既成概念にとらわれない大胆な施策

観光ビジョンの目標を達成するために、「観光ビジョン実現プログラム2018」では、様々な視点から施策を打ち出しています。

既成概念にとらわれることのない大胆な施策です。

視点1.「観光資源の魅力を極め「地方創生」の礎に」

観光価値のある公共施設を一般公開し、インバウンド観光客が理解できるよう多言語による解説をつけるなど、観光資源の増加が目的です。

具体的な内容は、

  • 魅力ある公的施設・インフラ(国民経済の発展に必要な公共施設)の大胆な公開・開放
  • 文化財の観光資源としての開花
  • 新たな観光資源の開拓

などがあります。

視点2.「観光産業を革新し、国際競争力を高め、我が国の基幹産業に」

主に宿泊施設や高水準のサービスを提供するために、人材育成・サービス強化に努めます。

具体的な内容は、

  • 観光関係の規制・制度の総合的な見直し
  • 民泊サービスへの対応
  • 宿泊施設不足の早急な解消及び多様なニーズに合わせた宿泊施設の提供

などです。

視点3.「すべての旅行者が、ストレスなく快適に観光を満喫できる環境に」

世界に、日本の観光サービスの充実・安全を発信し周知する試みです。また実際に訪れたインバウンド観光客の満足度を高めて、リピート客を増加する目的もあります。

具体的な内容は、

  • 最先端技術を活用した革新的な出入国審査等の実現
  • 多言語対応による情報発信
  • 「世界一安全な国、日本」の良好な治安等を体感できる環境整備

などです。

このように、様々な視点から施策を打ち出し、2020年の「観光ビション」の目標を目指します。

今後のインバウンド客がどうなるかは「好調なインバウンドはいつまで続く?訪日外国人客数の推移」をチェックしてみてください。

参考:http://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000354.html

関連記事

  1. プリンスホテル、「ナイトタイムエコノミー」への対応強化、夜間イベントを開催

  2. 「ウサギの島」で人気の広島・大久野島、観光客数過去最高記録を更新

  3. 貨物輸送のWEB予約サービス「ANA SKY Cargoプラス」で航空輸送がスムーズに

  4. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

  5. 石川県の小松空港、韓国やタイとの定期便就航などの訪日観光対策を会議

  6. 「ぐるなびインバウンド大作戦」であらゆる飲食店のインバウンド戦略をサポート!

  7. 仙台空港から有名観光地を繋ぐ直行バスPR動画を宮城県が公開、3ヶ国語の字幕付きでインバウンドもターゲ…

  8. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP