店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか? 店舗・施設の情報を訪日外国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

オンラインビジネス英会話サービスを展開するビズメイツ株式会社は、インバウンド事業に取り組む法人企業を対象にした「インバウンド英会話サービス」を2018年6月22日から開始します。

2020年までに訪日客数を4000万人にするという目標達成に向けて、日本の各業界はインバウンドに積極的に取り組んでいる中で、英語対応に対するニーズも高まっています。世の中にホテルやレストランなど違うシーンで使う英語フレーズ集はすでにたくさん出版されていますが、それだけでインバウンドの多様なニーズに対応しきれない現状があります。

訪日外国人に適切な対応ができておらず、機会損失している企業が多いといった現状を受け、ビズメイツは依頼元企業独自の英会話教材を作成・提供するサービスを開始することになりました。

  • 多言語対応に関するおすすめ記事:


参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000006561.html

関連記事

  1. 秩父でキャッシュレス化を普及する動き。QR決済を観光施設や交通機関などに導入

  2. 目の前にいる訪日旅行者の声を聞く『訪日Myゲストリサーチ』提供開始

  3. 京葉銀行がHISと提携。海外進出をする企業を支援

  4. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  5. 北海道すすきの、土地の再開発などで訪日客が集まる夜の街へ

  6. 日本百貨店協会、インバウンド施策に「PinnAR」採用。画像スキャン機能で利便性を高める

  7. 熊本、福岡で枚数限定のICカードが発売。くまモンのデザインで訪日客の関心を誘う

  8. 藤田観光がAIによるコンシェルジュを導入。「ホテルタビノス」1号店で設置

PR:地域創⽣インバウンド協議会



PR:地域創生プロジェクト



PR:AIどこでもWi-Fi.mag



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP