• 最終更新日
  • ニュース
  • この記事は約1分で読めます

岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

岡山県は、岡山空港の平成29年度の利用者数が10年ぶりに150万人を超えたと発表しました。国際線の利便性が高まったことで、国際線の利用状況は好調で、開港以来の初めての25万人超えでした。

ソウル、上海、香港、台北の四つの国際線の中では、特に台北線が好調です。利用者数は前年度より2倍の増もあり、7万人近くという数字を記録しました。また、ソウル線も夜間到着から午前中の到着に調整したことで、利便性が高まったため、5年ぶりに利用者が10万人を超えました。

  • おすすめ記事:

参考:https://www.sankei.com/region/news/180618/rgn1806180024-n1.html

インバウンド担当者になったら、
まず最初にインバウンドnowアカウントをフォローしよう!

この記事と併せて読まれている記事

  1. インバウンド向けデジタル広告などの市場規模に関する推計・予測データが公表。今後もさらなる伸びを見せる…

  2. トランスコスモス、通訳サービス「ことばスイッチ」を開発。観光地の企業などに提供

  3. JR東海が法人向け英語学習サービスを導入。現場の英語力アップで訪日客の受け入れ体制を強化

  4. 百貨店4社が12月の売上を発表。インバウンドに人気の化粧品や高級品が好調

  5. 電子雑誌「旅色」の台湾版、長野県安曇野市を特集。地方のインバウンド集客を図る

  6. 週末は、話題の<秋田>でギュギュっとしよう♪ギュギュっとあきた!週末イベントリレー開催!

  7. 祇園で訪日外国人のマナー向上を狙った実証実験が開始。スマートフォンを利用した方法に注目

  8. モバイルバッテリーシェアリング「mocha」の提供を北海道で拡大。増加する国内外からの利用客に備える…

インバウンド対応に特化した英会話サービスを開始

海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

PAGE TOP