岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

岡山県は、岡山空港の平成29年度の利用者数が10年ぶりに150万人を超えたと発表しました。国際線の利便性が高まったことで、国際線の利用状況は好調で、開港以来の初めての25万人超えでした。

ソウル、上海、香港、台北の四つの国際線の中では、特に台北線が好調です。利用者数は前年度より2倍の増もあり、7万人近くという数字を記録しました。また、ソウル線も夜間到着から午前中の到着に調整したことで、利便性が高まったため、5年ぶりに利用者が10万人を超えました。

  • おすすめ記事:

参考:https://www.sankei.com/region/news/180618/rgn1806180024-n1.html

関連記事

  1. 日本の魅力を発信する予約サイト「Voyagin Luxury Experiences」開設。第一弾と…

  2. 舞鶴市と韓国間を結ぶ国際フェリー、試験運航で訪日客の増加を狙う

  3. 中国語のリスニングと発音の強化に特化した無料の中国語学習アプリ「中国語耳ゲー for Android…

  4. 福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

  5. 函館の観光バスツアーを遺愛女高生が体験。訪日客の通訳ボランティアに活かす

  6. 大阪市西成区の新築マンションが即日完売。インバウンド需要アップの影響か

  7. 神奈川県厚木市、外国語メニューなどに補助金を提供する新制度を導入

  8. JTBが新商品を発売。カップル向けプランや日本の四季を体験できる内容に

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP