岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

岡山県は、岡山空港の平成29年度の利用者数が10年ぶりに150万人を超えたと発表しました。国際線の利便性が高まったことで、国際線の利用状況は好調で、開港以来の初めての25万人超えでした。

ソウル、上海、香港、台北の四つの国際線の中では、特に台北線が好調です。利用者数は前年度より2倍の増もあり、7万人近くという数字を記録しました。また、ソウル線も夜間到着から午前中の到着に調整したことで、利便性が高まったため、5年ぶりに利用者が10万人を超えました。

  • おすすめ記事:

参考:https://www.sankei.com/region/news/180618/rgn1806180024-n1.html

関連記事

  1. 「合法」民泊を提案する「宿探しお助けサービス」が開始、中国語と英語にも対応

  2. 観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」がイトーヨーカドー奈良店跡にリニューアルオープン

  3. インバウンド向け観光バス「スカイホップバス」、JTBなど3社が共同で新会社設立

  4. 「ぐるなびインバウンド大作戦」であらゆる飲食店のインバウンド戦略をサポート!

  5. イベント「JAPAN INBOUND FESTIVAL(ジャパフェス)」開催で世界中のインフルエンサ…

  6. 2020年までに3000億円を目標に。MICE誘致の取り組みに注目

  7. 東急ホテルズ、訪日外国人サポートを強化した保険セット宿泊プランを開始 

  8. インバウンド需要の拡大に伴い、免税店でのラウンド業務などを代行する新サービスが開始

メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP