岡山県岡山空港、国際線の大幅増で初の25万人突破

岡山県は、岡山空港の平成29年度の利用者数が10年ぶりに150万人を超えたと発表しました。国際線の利便性が高まったことで、国際線の利用状況は好調で、開港以来の初めての25万人超えでした。

ソウル、上海、香港、台北の四つの国際線の中では、特に台北線が好調です。利用者数は前年度より2倍の増もあり、7万人近くという数字を記録しました。また、ソウル線も夜間到着から午前中の到着に調整したことで、利便性が高まったため、5年ぶりに利用者が10万人を超えました。

  • おすすめ記事:

参考:https://www.sankei.com/region/news/180618/rgn1806180024-n1.html

関連記事

  1. 福井県、免税店数が70店で全国最下位に、インバウンド誘客に不利

  2. 「True Data」がインバウンド消費を調査。ドラッグストアの購買件数や購買単価は前年比より上昇

  3. 2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

  4. 訪日ベトナム人向けに都内観光・通訳などをサポートする「Loco-Assist」サービスを開始

  5. 外国人の就労拡大へ 単純労働における新資格の創設を

  6. 「ウサギの島」で人気の広島・大久野島、観光客数過去最高記録を更新

  7. 職人に特化したインターネット活用支援コミュニティ『CRAFT MAKERS』を開始

  8. 大津市でシェアサイクルサービス開始、交通利便性を向上し地域活性化に繋げる

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP