米子空港で訪日外国人旅行者向けに「SIMカード無料配布サービス」開始

鳥取県境港市にある米子空港で6月25日から、訪日外国人旅行者向けの無料SIMカード配布サービスが始まりました。事前に「専用アプリ」で無料会員登録し、決済方法の登録を済ませておけば米子空港に設置した専用端末からSIMカードを受け取れる仕組みです。

このサービスは、インバウンドプラットフォーム事業を展開している「WAmazing株式会社(以下、WAmazing)」との共同プロジェクト。SIMカードの配布によって、訪日外国人の滞在がより便利になるはずです。

「専用アプリ」は無料利用できる他、宿泊施設などの予約機能も搭載

専用アプリ「WAmazing(わめいじんぐ)」で会員・決済登録を済ませると無料でSIMカードの受け取りができます。

このSIMカードは、日本滞在中の15日間、インターネット通信が500MBまで無料で使用可能。500MBを超えるようなら専用アプリから必要通信分を購入できます。

また専用アプリには、

  • 日本国内10,000軒以上の宿泊施設
  • 体験や見学などの観光アクティビティ
  • 空港送迎

などのサービスを検索・予約・購入することが可能です。

それらのサービスは中国や台湾、香港ユーザーを対象としており、中国語(簡体字・繁体字)で簡単に操作を行うことができます。

「WAmazing」は同様のサービスを全国各地の空港施設で展開

「WAmazing」は今回と同様のサービスを国内18ヶ所の空港施設で展開しています。

サービスを展開している空港は、

  • 北海道:旭川、新千歳、函館
  • 東北:青森、秋田、岩手、仙台
  • 関東:茨城、成田、羽田
  • 中部:中部、小松、静岡
  • 近畿:関西
  • 中国:岡山、米子、広島
  • 九州:北九州

で、これら国内18ヶ所でSIMカードの受け取りが可能です。

参考:WAmazing株式会社

このように「WAmazing」はインバウンドプラットフォーム事業として、訪日外国人旅行者向けに「スマホ向けアプリサービス」を提供。現在は台湾・香港・中国からの訪日外国人旅行者向けに提供中ですが、英語対応など、言語やエリアを順次拡大していく予定です。

訪日外国人の滞在をスムーズにするためには、SIMだけでなくWi-Fi環境の整備も欠かせません。詳しくは「訪日外国人のために無料Wi-Fiが必要な理由とは?行政の業務と結びつけたバルセロナの事例も紹介」をご一読ください。

参考:http://www.ryoko-net.co.jp/?p=37002

関連記事

  1. 大手カラオケチェーン店に外貨両替機設置、インバウンドニーズに対応

  2. 山形県は訪日台湾人を狙い、国際チャーター便を140便運航へ大幅増便

  3. 首都圏自治体、五輪に向けて受動喫煙対策を検討

  4. 宮城交通が高速バスに車内Wi-Fiを導入、インバウンド客の利便性向上を図る

  5. 増える「観光税」出国税や宿泊税は、設備の改善やインフラ整備に使用予定

  6. ANAのふるさと納税、6月から新たに14自治体が参加

  7. ホームアウェイら3者、古民家認知拡大と地域活性化を目指した業務提携を締結

  8. ドローンを使った「鎌倉 空力車」観光サービス開始!

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP