インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

LINEがインバウンド向け新機能を試験運用。訪日客に外国語で情報を提供

LINE FukuokaやLINEなどは、スマートフォンアプリの「LINE」で、インバウンド客向けに外国語で観光情報を提供するサービスの試験をはじめました。

今回の記事では、LINE社の取り組みについてお送りします。

インバウンド客の嗜好に合った情報を配信

今回の取り組みは、LINEのアプリに新機能を追加するという形ではじまりました。

インバウンド客がLINEの新機能を使う際は、出身地や年齢を登録します。すると、利用者に会った言語で情報が送られてきます。通訳なしでアプリで料理を注文できる機能も加わりました。

LINEの決済サービスである「LINE Pay」を利用できる飲食店も併せて掲載して、インバウンド客がスマートフォン一つで観光を楽しめるようにします。

この機能は、福岡市で開催された20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で海外のメディアや閣僚関係者に試験提供されました。利用結果や感想をヒアリングし、事業化できると判断されると正式に機能が公開されます。

インバウンド客のなかにはスマートフォンでの決済に慣れている人々が多いですが、日本語がわからないために利用をあきらめるケースがありました。

外国語で観光地や飲食店を検索できるようになれば消費が拡大する可能性があるので、今回の新機能は注目を集めています。

インバウンド客を集客したい企業や個人商店の方は、LINEを利用して売上を上げられるようになるかもしれません。スマートフォン決済に関する今回の取り組みは、今後の動きから目が離せません。気になる方は、調べてみてはいかがでしょうか。

LINEのインバウンド対策については「LINE Payを海外でも使用可能に。インバウンド業界からキャッシュレス化の流れが加速」でも紹介しています。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45893640Q9A610C1LX0000/

関連記事

  1. 尾花沢市でインバウンド対応強化 音声翻訳機10台導入で5ヶ国語に対応

  2. ペイサーがDACと提携。中国のSNS運用支援に乗りだす意向

  3. 百貨店4社が12月の売上を発表。インバウンドに人気の化粧品や高級品が好調

  4. 大分県とJCBがインバウンド対策の覚書を締結。カード決済データでのマーケティングなどを実施

  5. 山陰インバウンド機構が旅程作成サービスの提供を開始。訪日客の観光をサポート

  6. 島根県出雲市のインバウンドPR動画、公開から約4ヵ月で視聴回数1,200万回突破

  7. リンクティビティが関西圏で使えるフリーパスのEチケット販売を開始。地域の観光周遊の活性化を図る

  8. BOJ社がインバウンド向けのVirtual Experience商品を販売。バーチャル観光で日本の魅…

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP