Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

Googleマップ最適化サービス「&インバウンドMEO」で大衆点評への対応を開始

 &INTECH株式会社は、自社が提供しているGoogleマップインバウンド対策サービス「&インバウンドMEO」の中で、新たに大衆点評への対応を開始しました。

 大衆点評はグルメやショッピング、宿泊施設などの店舗や観光スポットの情報を集める中国最大の口コミサービス。日本エリアでは、東京や大阪などの主要都市はもちろんのこと、全国83の都市カテゴリについて情報を発信しています。

 &INTECH社は大衆点評に公式ページを開設するなどのサービスで、訪日中国人客を呼び込みたい企業の取り組みをサポートすることが目的です。

大衆点評への公式ページ開設だけでなく、登録情報の最適化やアクセスレポートまで実施

 今回&INTECH社が開始するサービスは、

  • 大衆点評へ公式ページの開設
  • 登録情報の最適化
  • 3ヶ月間のアクセスレポート

などが可能です。&INTECH社はこれらをセットで提供することで、訪日中国人客に日本の観光情報を発信します。

 口コミサービスに店舗情報を掲載して集客を図るには、登録情報を知りたい情報が分かりやすく網羅された状態への最適化が欠かせません。さらに「どれだけ閲覧者がいたのか」などの効果測定をするためにも、アクセスレポートのデータは重要です。

 それでは、実際に大衆点評を導入した企業の成功事例について次の章でご紹介します。

大衆点評を利用した企業の成功事例

 大衆点評を利用することで、インバウンドの集客に成功した事例はいくつかあります。

 例えば東京の新宿歌舞伎町に店舗を構える「うなぎ料理専門店 鰻将本店」では、年に1〜2組ほどだった中国人客の来店が、大衆点評に公式登録してから増加する傾向に。売上も前年と比べて約15%アップしています。

また「居酒屋 いろり 新宿店」では、ゼロだった外国人客が大衆点評を活用して全体の10%ほどに向上。それに伴い、中国人客の売上も月60万円ほどにアップしました。

 旅行で日本に訪れた外国人客は、できる限り充実した観光スポットを利用したいもの。その指標となる口コミサービスの活用で、企業はより知名度を高めて集客につなげることが可能です。

 特に中国人へのインバウンド施策を実施したい企業などは、今回の&INTECH社が提供する大衆点評への対応サービスを活用することで、観光事業の活性化を図ることができます。

中国人向けの口コミサービス「大衆点評」について詳しく知りたい方は「インバウンド獲得に重要な「大衆点評」とは?中国人向け口コミサービスについて解説」をご一読ください。

参考:https://www.jiji.com/jc/article?k=000000005.000043662&g=prt

[japan360]

関連記事

  1. 宿泊施設支援型コンシェルジュサービス「GOYOH」、インバウンド・ウルトラ富裕層向けに高級レストラン…

  2. 楽天グループ、プリペイドSIMカードと観光情報アプリを連動。インバウンド客のニーズに応える

  3. 京都市、関西統一交通パスの訪日利用者データを分析。交通ルート開拓など新たな課題に取り組む

  4. 伊藤忠商事とリンベルが業務提携。中国人富裕層むけに新事業を開発

  5. 航空各社と国土交通省が地方誘致に向けたインバウンド対策を検討。訪日客限定の航空券や運賃制度などを導入…

  6. インバウンド富裕層向けの食体験イベントが北海道ニセコで開催。国内外で活躍するシェフや企業を募る

  7. JAFが日本のドライブルールを解説する動画を作成。6種類の言語で解説

  8. 2018年の訪日客数が3000万人を突破。東京五輪に向けて順調な推移

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP