インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード インバウンド観光客対策の担当者向け 無料お役立ち資料ダウンロード
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

Googleマップ最適化サービス「&インバウンドMEO」で大衆点評への対応を開始

 &INTECH株式会社は、自社が提供しているGoogleマップインバウンド対策サービス「&インバウンドMEO」の中で、新たに大衆点評への対応を開始しました。

 大衆点評はグルメやショッピング、宿泊施設などの店舗や観光スポットの情報を集める中国最大の口コミサービス。日本エリアでは、東京や大阪などの主要都市はもちろんのこと、全国83の都市カテゴリについて情報を発信しています。

 &INTECH社は大衆点評に公式ページを開設するなどのサービスで、訪日中国人客を呼び込みたい企業の取り組みをサポートすることが目的です。

大衆点評への公式ページ開設だけでなく、登録情報の最適化やアクセスレポートまで実施

 今回&INTECH社が開始するサービスは、

  • 大衆点評へ公式ページの開設
  • 登録情報の最適化
  • 3ヶ月間のアクセスレポート

などが可能です。&INTECH社はこれらをセットで提供することで、訪日中国人客に日本の観光情報を発信します。

 口コミサービスに店舗情報を掲載して集客を図るには、登録情報を知りたい情報が分かりやすく網羅された状態への最適化が欠かせません。さらに「どれだけ閲覧者がいたのか」などの効果測定をするためにも、アクセスレポートのデータは重要です。

 それでは、実際に大衆点評を導入した企業の成功事例について次の章でご紹介します。

大衆点評を利用した企業の成功事例

 大衆点評を利用することで、インバウンドの集客に成功した事例はいくつかあります。

 例えば東京の新宿歌舞伎町に店舗を構える「うなぎ料理専門店 鰻将本店」では、年に1〜2組ほどだった中国人客の来店が、大衆点評に公式登録してから増加する傾向に。売上も前年と比べて約15%アップしています。

また「居酒屋 いろり 新宿店」では、ゼロだった外国人客が大衆点評を活用して全体の10%ほどに向上。それに伴い、中国人客の売上も月60万円ほどにアップしました。

 旅行で日本に訪れた外国人客は、できる限り充実した観光スポットを利用したいもの。その指標となる口コミサービスの活用で、企業はより知名度を高めて集客につなげることが可能です。

 特に中国人へのインバウンド施策を実施したい企業などは、今回の&INTECH社が提供する大衆点評への対応サービスを活用することで、観光事業の活性化を図ることができます。

中国人向けの口コミサービス「大衆点評」について詳しく知りたい方は「インバウンド獲得に重要な「大衆点評」とは?中国人向け口コミサービスについて解説」をご一読ください。

参考:https://www.jiji.com/jc/article?k=000000005.000043662&g=prt

関連記事

  1. 沖縄国税事務所が「羽田空港泡盛フェスタ2019」を開催。沖縄の伝統的な地酒を多くの訪日客に伝える

  2. ANA(全日本空輸株式会社)とトリップアドバイザー、特集コンテンツで地域活性化を図るコラボ企画が始動…

  3. 名古屋テレビ塔内のホテルが2020年9月からの開業を発表。個性的な立地やカフェでインバウンドを呼び込…

  4. TOEIC960点レベルの多言語翻訳プラットフォームが登場。多分野への提供を急ぐ

  5. 妙高市、オーダーシステム「Putmenu」を導入し訪日客の利便性アップへ。注文や決済がスムーズに

  6. 鳥取県が観光客誘致のプロジェクトチームを発足。チャーター便就航を受けてさらなるプロモーションに尽力

  7. インバウンド業界のデータ分析レポートが完成。5つの視点から業界の流れを読み取る

  8. 京成電鉄、タイで企画乗車券の販売拠点を増加。「旅マエ」からのインバウンド対策を強化

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP