首都圏自治体、五輪に向けて受動喫煙対策を検討

東京都は2018年6月27日に、国の法案より規制が厳しい受動喫煙防止条例案が都議会本会議で自民党以外の賛成多数で成立し、東京五輪・パラリンピック前の2020年4月に全面施行します。こういった動きが競技会場のある周辺の自治体に広がっています。

千葉市は受動喫煙対策で都と歩調

東京五輪・パラリンピックでは、千葉市の幕張メッセが競技会場となります。千葉市は東京五輪の開催都市として足並みをそろえるために、東京都と同様に、従業員を雇う飲食店を原則屋内禁煙にする方向で検討に入りました。早ければ9月議会に条例案を提出します。

さいたま市は会場駅周辺の受動喫煙対策を強化

清水勇人市長は記者会見で、「さいたま市は東京五輪の競技会場の最寄り駅周辺の受動喫煙対策を強化する方針」と語りました。市はすでに、

  1. 大宮駅
  2. 浦和駅
  3. 南浦和駅
  4. 北浦和駅
  5. 武蔵浦和駅
  6. 東大宮駅
  7. 宮原駅

など計7駅周辺を路上喫煙禁止区域に設定していますが、試合会場近くの駅に関しては、これから取り組んでいくとのことです。

受動喫煙防止条例で売り上げ減?

東京都は受動喫煙防止条例の実施で、飲食店の売り上げに悪影響を与えるかどうかについて議論を行いました。また、都はインターネットで都民1,000人を対象とした調査を行いました。受動喫煙対策が取られた場合、今より飲食店に行くことが増えるかを聞きました。結果としては、

  • 「変わらない」が49.3%
  • 「多くなる」が48.5%
  • 「少なくなる」が2.2%

でした。この調査結果においては、「多くなる」の方が「少なくなる」より多く、来店者が増えることを示していると見られています。

出典:http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201806/CK2018062802000150.html

規制による飲食店への打撃が大きいと思われる中で、今後ほかの自治体はどういう動きを取るかに注目を集めています。

  • 飲食店のインバウンド対応に関連した記事:

参考:https://j.sankeibiz.jp/article/id=3396
参考:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31784400U8A610C1L71001

関連記事

  1. 訪日客呼べず、淡路島と関空結ぶフェリー航路運航休止へ

  2. 2020年の「観光ビジョン」目標に向けて、政府が「観光ビジョン実現プログラム2018」を実施

  3. 宮古島のキャッシュレス化を推進する実証実験が2日に開始。NTTドコモなど8つの団体が参加

  4. 「3 in 1 SIM」が登場。SIMのサイズで迷うことがなくなり、訪日外国人の利便性向上に

  5. 「True Data」がインバウンド消費を調査。ドラッグストアの購買件数や購買単価は前年比より上昇

  6. 株式会社ティ・エ・エスとD2Cが業務提携、WEBやツアーを通じて訪日外国人に日本の観光地をPR

  7. 大手カラオケチェーン店に外貨両替機設置、インバウンドニーズに対応

  8. 海外のお客様にも大人気!浴衣セット付の宿泊プラン今年も販売!

PR

インバウンド地域創生プロジェクト

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP