Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか? Weiboのインフルエンサーを活用して訪日マエ中国人にPRしてみませんか?
  • ニュース
  • この記事は約2分で読めます

改装中の「渋谷パルコ」が11月下旬にオープン。訪日客向けの店舗などを設置し幅広い客層の獲得を目指す

 ファッションビルなどを展開しているパルコは、休業していた「渋谷パルコ」を2019年11月下旬にグランドオープンすると発表しました。

 アパレルショップだけでなくアートや映画、劇場などの様々なカルチャーを生み出してきた渋谷パルコ。建物の老朽化が理由で2016年8月に閉店して、これまで改装を続けていました。

 このたびの再オープンではアートやカルチャー文化の発信はもちろんのこと、訪日客を意識した飲食店エリアや試作段階の商品を展示する「売らない店」などの物販以外のテナントも充実。インバウンドなどの幅広い層から需要を取り込み、年間テナント取扱高で約200億円を目指します。

新生パルコは最先端のアートやカルチャー、訪日客向けの飲食店などを発信

 グランドオープンする渋谷パルコは、延べ床面積が約4万2,000平方メートルです。地下3階から地上19階のうち、地下1階から地上10階の一部までに約180店舗を構えます。

 飲食店フロアでは、

  • 天ぷら専門店の「博多天ぷらたかお」
  • 回転寿司の「金沢まいもん寿司」
  • 菜食主義であるヴィーガン向けのレストラン

などの訪日客に向けた飲食店を用意。その他にも、仏ミシュランに掲載された名店や昆虫料理といった多様な業態の店舗を設けます。

 そして、1973年の開業当時からあるPARCO劇場(当時は西武劇場)を復活。座席数を旧劇場の約1.5倍となる636席に拡張しつつ、従来までのステージと客席の近さを保ちます。

 さらには

  • 自社展開するミニシアター「シネクイント」
  • 美術専門誌「美術手帳」の現代アートを発信する国内初の直営店「OIL by 美術手帳」
  • 糸井重里氏が主宰するWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営する店舗

などをオープンし、最先端のアートやカルチャー文化の発信にも力を入れます。

 また、国内初となる任天堂直営のオフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」も開業。「ポケモンセンター シブヤ」など、海外人気の高いアニメやゲームを発信するエリアを設置して訪日客を呼び込むことが狙いです。

 もちろんファッションの分野においても、ハイブランドからモード、原宿系やストリートファッションなど約100店舗を誘致しています。その上、次世代デザイナーやブランドの育成や支援をするための売り場も設ける予定です。

 新たな渋谷パルコは「世界へ発信する唯一無二の次世代型商業施設」をコンセプトに、インバウンドなどの様々な層から集客を図ります。

その他の訪日客をターゲットにした複合商業施設について詳しく知りたい方は「観光型複合商業施設「ミ・ナーラ」がイトーヨーカドー奈良店跡にリニューアルオープン」をご一読ください。

参考:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46240050Y9A610C1H63A00/

[anamedia]

関連記事

  1. 観光庁が検討会を設立。日本の観光業を活性化させるために意見交換

  2. 世界遺産の街・姫路に「城下町100%体験」お座敷カフェラウンジをつくる!

  3. ディーエルジービー社とTravelokaが連携し空港送迎サービスを開始。快適な移動手段を訪日客に提供…

  4. ドコモ・インサイトマーケティングが2月の訪日客数を発表。前年と比べて全体的に好調な推移

  5. サービス業界の企業が集まる「HCJ2019」開催。今年はインバウンド向けの設備や商品も充実

  6. アニメツーリズムインフォメーションが成田空港にオープン。インバウンドの消費促進も狙った仕掛けとは?

  7. ANA、訪日旅行客向けサイト「Japan Travel Planner」を新設

  8. インバウンド向け観光情報サービスの東北版がオープン。東北6県と新潟の魅力をWebサイトから発信

PR:地域創生プロジェクト



メールマガジン



PR


インバウンド資料ダウンロード



アーカイブ

人気記事ランキング

おすすめ記事

PAGE TOP